このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

Skype for Business ソリューション

ビジネスの競争力強化!!社員の意識改革と風土醸成による『働き方改革』を強力サポート 人と人をつなぎ働く場を活性化させる『新しいコミュニケーションスタイル』をご提案します。利用者に使いやすく、コストも削減できるトータルソリューションを通信キャリアならではのサービス品質にてワンストップでご提供します。

風通しを良くして業務効率化

Microsoft Skype for Business (旧Microsoft Lync) とKDDIのFMCサービスをコラボレーションすることにより『音声も含めた』コミュニケーション基盤のすべてをお客さまの要件に合わせて統合/最適化を致します。

  • モバイル端末の内線化
    代表電話や転送時の着信元表示など、日本の企業文化にマッチした運用にも対応。
  • 組織の流動性の向上
    PBXや固定電話機がなくなる分、組織変更やオフィスのレイアウト変更が容易に、かつ低コストで運用可能になるため、必要な時に必要に応じた体制で対応が取れます。
ご利用イメージ
  • ※「KDDI ビジネスコールダイレクト」はau携帯と固定電話を内線・定額でつなぐFMC型内線サービスです。
  • ※発信者の電話番号を通知させるために「KDDI 光ダイレクト」「KDDI ビジネスコールダイレクト」が必要となります。

モバイル着信時も相手先の電話番号が通知され、誰からかかってきたか分かり、折り返しも可能となります。
従来ご利用の東京03や大阪06などの0AB-J番号を継続利用したコミュニケーション環境を、導入から運用サポートまでワンストップでご提供することが可能です。

[ 関連サービス ]

ムダを省いてコスト削減

  • 出張・移動 コスト
    オンライン会議の活用などにより出張コストや移動時間を節約できます。
  • 通信コスト
    場所を選ばずモバイルでも社員同士の通話はすべて内線を利用できるため、通話料金を大幅に削減できます。
  • 保守運用コスト
    拠点ごとに設置されているPBXが1つに集約されるため、組織変更ごとの変更負担が軽減されます。
    Skype for Businessへ移行することにより、運用も容易に。KDDIへ運用委託も可能です。

実績のある高品質のトータルサポート

インターネットも、イントラネットも、固定電話も、レガシーPBXも、携帯電話も、すべてを1社で扱ってきたKDDIには、コミュニケーションのすべてに関するノウハウが蓄積されています。一般的には難しい音声のチューニングノウハウも含めワンストップでサポート致します。

  • 注)オフィスワーカーのワークスタイル分類のことで、『Sitter』『Walker』『Runner』などに分類できます。

グローバル拠点の展開もトータルサポート

グローバル拠点の展開までトータルでサポートします。KDDIは世界で展開するTELEHOUSEデータセンターとKDDIグローバルネットワークなどの提供をはじめ、KDDIグループの海外拠点と連携して、お客さまに最適な拠点構築をご支援します。


豊富な実績と信頼

KDDIは、国内およびグローバルでの導入・運用実績が認められ、2014年から3年連続でマイクロソフトから『Communicationsアワード』を受賞しています。

Microsoft Partner of the Year AWARD

Practical Guidance for Cloud Voiceのオファーリングとして認定

本認定は、お客さまがOffice 365のサービスであるSkype for Business Onlineを導入される際に、マイクロソフトが提供する技術的ガイドラインを活用した計画・導入・運用を行い、優れたソリューションを提供することが可能なパートナーとしてマイクロソフトから認められるものです。

<2018年3月時点 Practical Guidance for Cloud Voice対応ソリューション>

Skype for Business Online PBX機能検証パッケージ

Skype for Businessソリューション

料金

個別見積もり致します。お気軽にお問い合わせください!

キャンペーン・サービス・費用に関してさらに詳しく知りたい方はこちら。

本サービスへのお問い合わせ


ピックアップ