このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる
先進導入事例レポート : イッツ・コミュニケーションズ様

KDDI「EKPS-C」でモデム12万台を
クラウドからプロビジョニング・監視

 

KDDIは2020年10月、ケーブルテレビ事業者用プロビジョニング・監視ソリューション「EKPS-C (Easy KDDI Provisioning System-Cloud)」の提供開始した。

クラウドによって高機能サービスを低コスト・低負担提供し、稼働安定性災害時安全性も高い。対象機器台数が多い大規模中規模ケーブルテレビ事業者に特に適したソリューションで、すでにイッツ・コミュニケーションズ株式会社 (イッツコム) 様運用開始しており、他のケーブルテレビ事業者の引き合いも多い。

(取材・文 : 渡辺 元・月刊ニューメディア編集部、写真 : 広瀬まり)


各社のOLT・CMTSなどに対応

EKPS-Cは全国で約40社のケーブルテレビ事業者導入されている実績のあるオンプレミスプロビジョニング・監視ソリューション「EKPS-G」のクラウド版だ。EKPS-Cはメーカー各社のFTTHのOLT、HFCのCMTS、集合住宅向けEoC、それらの機器配下にあるONU、ケーブルモデムプロビジョニング監視クラウドで行う (以下図)。
今後対象機器拡大していく予定だ。

図 : EKPS-Cの概要 (CMTSの例)
図 : EKPS-Cの概要 (CMTSの例)

EKPS-Cのプロビジョニングシステムは、加入者のONUやケーブルモデム情報をOLTやCMTSに初期登録するといった機能を持っている。EKPS-C/Gが対応している製品の主なメーカーは、OLTは三菱電機住友電工ファーウェイノキア、CMTSはコムスコープ、EoCはファーウェイスマビジョンなどだ。

「OLTやCMTSの各メーカー自社製品用純正のプロビジョニングシステムを提供していますが、それらは自社製品にしか対応せず、機能限定的です。それに対してEKPS-Cは一つのシステム複数メーカー製品対応している上、高機能です」(KDDI株式会社 パーソナル企画統括本部 CATVソリューション企画部 ソリューション推進グループ マネージャー 中村 芳仁)

海外メーカー純正プロビジョニングシステム日本語化されていないものもあるが、EKPS-Cはもちろん日本語操作で使いやすい。

EKPS-CはKDDIのケーブルテレビ事業者向クラウド型SMS (ケーブルプラスSMS) と連携した運用効果的だ。加入者管理端末プロビジョニング密接に結びついた業務だが、プロビジョニングシステムとSMSが連携していない場合、両システムの間でCSVファイルを作ってデータアップロードするといった作業必要で、手間がかかってしまう。両システムを同じKDDIのクラウドソリューションとして連携させれば、作業効率化できる。

EKPS-Cの監視システムは、OLT、CMTS、EoCは5分に1回、ONU、ケーブルモデムは1時間に1回、定期的ポーリング監視異常検知した場合アラート発報して担当者に知らせる。

クラウドサーバーストレージなどの状態も常に監視しているため、障害時問題をすぐに検知できます。クラウド型の方がお客さま安心してお使いいただけると思います」
(KDDI 中村)

過去監視結果時系列表示することにより、ケーブルモデムなどの障害兆候分析することも可能だ。

導入を決めた理由

イッツコム様現在、EKPS-CをFTTH網の中で集合住宅用EoCとその配下接続されているケーブルモデムプロビジョニング監視ツールとして利用している。対象のEoCは2メーカー合計約3,300台、そこに接続されているケーブルモデム合計約12万台。これほど大量機器プロビジョニング監視をEKPS-Cが担っている。

イッツ・コミュニケーションズ株式会社
技術本部 IPプラットフォーム部 兼
FTTHインフラチーム
アシスタントマネージャー
品田 洋史 様

弊社は2015年にFTTH導入本格的検討し始め、棟内に光ファイバー敷設できない集合住宅にはEoCを導入することを決めました。EoCの装置であるCMCとケーブルモデムプロビジョニング・監視について、当初はFTTHのOLT・ONUと同じメーカーのCMC・ケーブルモデムプロビジョニング・監視ツール採用しようと考え、CMCメーカーではないKDDIのツール除外して検討していました。そして、HFC網で使用していたサポートツールにCMCとケーブルモデムプロビジョニング・監視機能追加開発することを検討しましたが、追加開発開発期間が長いことや保守体制要件に合わないことが分かりました。そこで一度除外していたKDDIのツール再検討開始。EKPS-Cは各メーカーのCMCに対応していて、プロビジョニング・監視ツールとしてイッツコム必要としている機能最初から搭載されていることがわかりました。導入リードタイム弊社サービスインスケジュールに間に合うため、導入決定しました」(品田様)

KDDIはHFCからFTTHに設定登録一括切り替えできる機能など、イッツコム様向けのカスタマイズにも対応した。

「KDDIはEKPS-Cのカスタマイズにおける開発が早く、スケジュール管理もしっかりしているので信頼しています」(南雲様)

EKPS-Cを使用している主な部署は、加入者からの1次問い合わせを受けるサポート部隊工事部隊だ。

コールセンターテクニカルサポート担当者がお客様からの電話問い合わせを受けると、PC画面上表示したEKPS-CのUIでその加入者検索し、モデム状態確認障害などの問い合わせ内容原因システム側か、伝送路側宅内側かといった1次切り分けを行います。例えばRFの受信レベルがDOCSISの既定値外であれば、工事部隊をお客様宅派遣させます。現場工事部隊担当者モバイル端末でVPNに接続し、EKPS-Cの画面モデム状態確認できます。工事後品質確認現場で行えます。EKPS-Cは機器現在の詳しい状態をすぐに確認でき、問題を切り分けて次の対応ステップに進めることができるシステムです」(品田様)

EKPS-Cは監視する端末数が多い大規模中規模事業者に特に適しているソリューションだ。イッツコム様現在EKPS-Cが監視しているモデムは約12万台大量だが、クラウド上のポーリングサーバ3台によってすべてのモデム定期監視データ記録をわずか20分足らずで完了できる。

イッツ・コミュニケーションズ株式会社
技術本部 IPプラットフォーム部
運用チーム チーフ
南雲 将行 様

クラウドがコスト・作業負担軽減

EKPS-Cはプロビジョニング監視基本的機能オンプレミス型のEKPS-Gとほぼ同じだが、クラウド型にしたことによる利点は多い。各社オンプレミスプロビジョニング・監視システムのようなケーブルテレビ事業者側へのサーバ設置や、サーバ保守切れによるリプレイス不要となるからだ。ケーブルテレビ事業者エリア拡大などで監視対象端末数が増えた場合でも、クラウド型なのでサーバ増設などは不要だ。

「EKPS-Cはオンプレミス型に比べてイニシャルコスト圧倒的に抑えられます。サーバ追加設置するコストもかかりません」(品田様)

EKPS-Cの利用料金監視する機器台数に応じた設定で、パブリッククラウドのようなトラフィックに応じた課金はされないため、イッツコム様のように大量端末頻繁監視してもコストを抑えられる。

ランニングコスト競合システムに比べてかなり低く設定してあります」(KDDI 中村)

EKPS-CはKDDIの専任担当者運用サポートするため、ケーブルテレビ事業者技術部門担当者運用管理負担がかからないのも利点だ。

イッツコム様の技術部門でも、EKPS-Cの画面からEoCやケーブルモデムなどの状態を確認できる

弊社プロビジョニング・監視ツールサーバデータセンター設置する必要がなく、KDDIがクラウドメンテナンスなどを行うため、手間がかからなくなりました。KDDIにツールメンテナンスを任せるメリットは大きいと考えています」(南雲様)

「このようなツールではハードだけでなくソフトウェア運用保守がより重要です。弊社サーバ設置すると、ソフトログ解析問題の切り分けなどに時間がかかってしまいます。クラウドにあれば、何か不具合発生したとしてもKDDIがすぐに解析対策してくれます。KDDIの運用保守体制はしっかりしていて、不具合発生した時には特別監視体制早期検知復旧させます。既知事象であれば、10~20分ですぐに対応してくれます。運用保守におけるレスポンス非常に速くなりました」(品田様)

EKPS-Cはクラウド使用しているため、ケーブルテレビ事業者マスターヘッドエンドの限られたスペース設置する装置を減らすこともできる。監視データ大量蓄積されてもストレージ検索性能心配不要だ。災害時などのBCP (事業継続計画) の観点でも、データバックアップできるクラウド型は安全性が高い。

「EKPS-Cはクラウドツールデータがあるため、ディザスタリカバリ信頼性可用性が高いソリューションです」(品田様)

サポート充実しており、KDDIのEKPS-C保守窓口は24時間365日対応している。

EKPS-Cに使用しているクラウドプラットフォームはKDDIのKCPS (KDDI クラウドプラットフォームサービ)。クラウド内製化したことによって、EKPS-Cは競合する他社プロビジョニング・監視システムに対して、ランニングコストを抑えた。

KCPSは安定稼働特長だ。SOC1/SOC2の国際認証取得震度6強に耐える免震耐震構造防火対策を施している。通常パブリッククラウドではメンテナンスなどで計画停止することが少なくないが、KCPSは稼働実績が99.9999% (シックスナイン) を達成している。EKPS-Cをすでに運用しているイッツコム様では、安定稼働が続いている。

EKPS-Cに切り替えを検討するケーブルテレビ事業者も多い。EKPS-Cの導入検討しているケーブルテレビ事業者は、クラウド利用することに対して肯定的ケースが多いようだ。ケーブルテレビ事業者の間にクラウド利用浸透し、以前のような抵抗感急速になくなりつつあるようだ。

サーバレスなので自社管理する必要がないのがいい、と言われるケーブルテレビ事業者のお客様が増えています」(KDDI 中村)

使いやすいUI、安全な接続回線

EKPS-Cは操作性特長だ。ユーザーインタフェース (UI) はEKPS-Gで好評だった直感的でわかりやすい操作性踏襲されている。EKPS-Gを利用しているケーブルテレビ事業者がEKPS-Cに変更しても、操作方法が引き継がれているので簡単に使える。

「UIは使用方法説明書を見る必要がないぐらい直感的でわかりやすく、とても完成度の高いシステムです。レスポンスもよく、工事効率化などに役立っています」(南雲様)

「ものすごく使いやすいUIです。弊社がもともと開発依頼しようと思っていた機能実現されていましたが、さらにKDDIは私たちの要望に合わせてUIをかなりカスタマイズしてくれました。カスタマイズでは、ホワイトリスト登録などケーブルプラス電話技術要件対応した機能実装してくれたのがとても役に立っています」(品田様) 

EKPS-Cの画面。各加入者のOLT、CMTS、EoC、ONU、ケーブルモデムの状態を可視化して表示している、操作方法は直感的でわかりやすい
  • ※ 画像はイメージです

EKPS-Cとヘッドエンド接続は、イッツコム様では自社バックボーン経由し7箇所のアクセス拠点とKDDIのクラウド接続している。

インターネット経由せずKDDIのクラウド直接接続しているクローズド環境なので、セキュリティ面の懸念はありません」(品田様)

イッツコム様のような専用線接続のほか、KDDIのケーブルプラス電話使用している相互接続回線活用することも可能だ。
専用線よりランニングコストが低く、インターネット使用するよりセキュアであるという利点がある。

EKPS-Cの高機能高信頼性高安定性低価格という特長評価して運用中イッツコムは、今後利用拡大への期待も大きい。
今のところEKPS-CはEoCのプロビジョニング・監視使用しているが、EKPS-Cは複数メーカーのOLTやCMTSに対応しているため、今後はFTTHやHFC、さらに無線サービスなどのプロビジョニング・監視にも使用する見込みだ。

イッツ・コミュニケーションズ株式会社
技術本部
IPプラットフォーム部 課長
竹岡 肇 様

「これまで安定して稼働しており、今後も引き続き安心して利用できる安定したサービス提供期待しています。弊社では現在、HFCからFTTHへの切り替えを進めている。HFCとFTTHのサポートツールについても、EKPS-Cに移行させたいと考えています。また、今後ローカル5Gや法人向けFTTHサービスなど、弊社の新サービスにも対応できればぜひ利用したいと思います。
これからもKDDIにはプロビジョニング端末監視オペレーション簡素化などいろいろな面でご協力をお願いします。EKPS-CはaaS (アズ・ア・サービス) で、KDDIにリソース管理をしていただいています。コロナ禍後リモートワーク拡大必要になっています。1次対応部門リモートワーク導入にもaaSのEKPS-Cが役立つと期待しています」(竹岡様)

ケーブルテレビ事業者サービス業務改革対応したツールとして、EKPS-Cの導入業界内急速拡大しそうだ。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

関連サービス

ケーブルテレビ局の経営基盤を支えるサービスや、クラウドネットワーク製品など、
お客さまのビジネスに適したソリューション分野の商材についてご提案します。


ピックアップ