2018 11/28

デジタルトランスフォーメーション

DX(デジタルトランスフォーメーション)の成功企業2社に学ぶ日本のレガシー企業がビジネス変革を行う上でぶち当たる壁と、それを乗り越える方法

Uber、Netflix、Amazon、Airbnbといった数々のデジタル・ディスラプターの攻勢を前に、ビジネスにおけるデジタル変革の必要性がますます顕著になってきた昨今。しかし日本では、多くの企業が思うような変革を進められていないのが現状だ。とくに、歴史が長く、規模も大きいレガシー企業においては、そう簡単なことではない。

多くの企業は、この取り組みに大きな関心を寄せつつも、具体的にどんなことができるのかはなかなかイメージできない、というのが本音ではないだろうか。

そこで、この分野で先行する2社の事例を具体的に紹介するため、去る9月21日、企業のマネジメント層に向けたフォーラム「KDDI DIGITAL GATE Forum」がKDDI DIGITAL GATEにおいて開催された。

2社とは、長年、人事システムのパッケージを開発・販売してきたカシオヒューマンシステムズ株式会社と、自動車部品のメガサプライヤーである、株式会社デンソーだ。

ともに歴史ある製造業であり、始めは変革に対する社内の風当たりが強かったと語っている。これは、スタートアップ以外のほぼすべての日本企業で予想される共通の課題だろう。

プロジェクト立ち上げから、実際にアジャイルやデザイン思考といった考え方を取り入れ、開発手法だけでなく組織そのものを変革するまでに、どんな障害を乗り越え、どんな苦労があったのか。そして今後さらに発展させていくためにはどうしていくのか。組織作りから実際の進め方、意識改革まで、2社の担当者が語る、普段あまり聞くことのできない社内の反応やエピソードは、大変生々しい。また、KDDIから参加した「KDDI DIGITAL GATE」センター長・山根 隆行氏自身も、KDDIにおいてアジャイル開発センターを立ち上げた経験から、レガシー企業がデジタル変革を成功させる3つのポイントを語った。

これらの内容は、扱うビジネスは違っても、多くの企業で応用できる示唆に富んでいる。日本のレガシー企業が、自社ビジネスを変革するに当たり、どのようなステップを踏んでいったのか。以下のPDFをダウンロードいただき、ぜひ、自社のビジネス変革のヒントにして欲しい。

PAGE TOP

日本企業がビジネス変革の壁をどのように乗り越えたのか?
下記登壇者の講演詳細がダウンロードできます。

基調講演

「日本企業がデジタル変革を目指すために必要なこと」

KDDI株式会社 経営戦略本部 IoT事業推進室 KDDI DIGITAL GATE センター長

山根 隆行

特別事例講演Ⅰ

「デジタルで挑む、カシオヒューマンシステムズのビジネス変革」

カシオヒューマンシステムズ株式会社 取締役

陣内 孝之

特別事例講演Ⅱ

「デジタルトランスフォーメーションを担う組織づくり~社内にシリコンバレー流をつくる~」

株式会社デンソー 技術開発センター MaaS開発部 デジタルイノベーション室 課長

坂口 健

パネルディスカッション

「デジタル変革へ踏み出すための価値競争の仕組みづくり」

株式会社ARISE analytics ビジネスディベロップメントディビジョン ディビジョンディレクター

長谷川 匠

株式会社ソラコム
テクノロジ・エバンジェリスト 事業開発マネージャー

松下 享平

KDDI株式会社 理事
ソリューション事業本部 ソリューション事業企画本部長

藤井 彰人