このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

5G×「AWS Wavelength」でアジャイル開発を加速させる!

AWSとKDDIの提携が創出する「超低遅延」「エッジコンピューティング」がもたらす新たなデジタルビジネスとは?

いよいよ商用サービスが始まった5G (第5世代移動通信システム)。「高速大容量」「低遅延」「多接続」を特長とする5Gネットワークは、私たちの社会ライフスタイルを大きく変革するものとして期待されている。そのなかで5Gネットワークをさらに快適に、使いやすくする新しいサービス登場した。AWSとKDDIが提携して提供するクラウドインフラサービス「AWS Wavelength」だ。果たして、デジタル変革に取り組む企業にどんなビジネスチャンスをもたらすのだろうか。アマゾンウェブサービスジャパン (AWS) 執行役員岡嵜禎氏とKDDI 執行役員丸田徹に聞いた。

日経電子版 20210218 <PR>


「5GをAWSクラウドで利用したい」という思惑が一致

―― 2020年12月、AWSとともにKDDIは国内の通信事業者として初めて「AWS Wavelength」のサービス提供を開始しました。AWSとKDDIの両社は、どのような背景から今回の提携に至ったのでしょうか。

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
執行役員
技術統括本部長

岡嵜 禎 氏

岡嵜氏 AWSは5Gという最新モバイルネットワークがもたらすイノベーションに注目しています。そうしたなか、AWSクラウド通信事業者エッジに置いて5Gの価値を高める目的提供開始したのが、AWS Wavelengthです。このサービス日本国内展開するための最初パートナーとしてKDDI様と提携することにしたのは、5Gに関する確かな技術力最先端活用事例がKDDI様にあるからです。実際サービス提供は始まったばかりですが、実証実験を通じて低遅延かつインタラクティブ双方向通信実現確認できており、的確選択だったと考えています。

丸田 KDDIは2020年3月に5Gの商用サービス開始しました。5Gには「高速大容量」「低遅延」「多接続」という特長がありますが、それらの特長を生かすインフラ用意することが求められています。そうしたインフラのうち、ネットワークについてはKDDIが用意できますが、サーバーについてはクラウドサービスとの提携必要です。クラウドサービスのなかで日本企業にとって最も使いやすいAWSクラウドを、5Gネットワークエッジ利用できるようにしたいというのがKDDIの思いでした。この思いはAWS様も同じで、両社共通のお客さまからのニーズもあり、今回提携に至りました。

―― 5Gについて、お客さまからはどのような期待が寄せられているのでしょうか。

丸田 現在、多くのお客さまがデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを進め、デジタル変革による既存ビジネス効率化、新しいビジネス創出チャレンジしています。DXを実現するツールのひとつが5Gであり、お客さまからは低遅延ネットワークビジネスにさらなる効果をもたらしそうだという期待の声が寄せられています。ただし、5Gを利用して得られるビジネス価値については、お客さま自身がそれを試せる場が必要です。まさにそれを実現するのが、AWS Wavelengthのインフラなのです。

岡嵜氏 5Gの商用サービスは始まったばかりであり、そのメリットをどのように生かしていくかは、お客さま自身試行錯誤を繰り返している段階です。AWSのお客さまからはストリーミングやAR (拡張現実)/VR (仮想現実) など、映像情報を組み合わせた大容量データ遅延なく配信したいというニーズも寄せられており、それをかなえるものとしてAWS Wavelengthへの期待が高まっています。

AWS Wavelengthの概要

AWS Wavelengthは5Gネットワークエッジにある通信事業者データセンター内に、AWSのコンピューティング/ストレージサービスを組み込んだインフラ配置するというサービス通信事業者ネットワークから出ることなくデータ処理できるため、インターネット経由クラウドサービス接続する際に発生する遅延回避され、5Gのメリット最大限に生かすことが可能となる。日本国内では2020年12月からKDDIと提携してサービス提供開始された。

使い慣れたAWSの“API/ツール/機能”がそのまま使える

―― AWS Wavelengthはモバイルエッジコンピューティング最適化されたサービスということですが、そもそもモバイルエッジコンピューティングとはどのような技術なのでしょうか。

岡嵜氏 モバイルアプリケーション通常クラウド上にあるサーバーコンピューティングリソースを使って処理を行います。しかしモバイルネットワークからクラウドサービス到達するためにインターネット上の複数サーバー経由すると、そのぶん時間がかかり、結果的遅延発生してしまいます。これでは低遅延大容量の5Gネットワークメリットを生かし切ることができません。そこで考えられたのが、モバイル端末に近い5Gネットワーク内部データ処理を行うモバイルエッジコンピューティングという技術です。

丸田 エッジとは“モバイルのすぐそば”という意味です。すなわち、5Gの電波送受信する場所クラウドを持ってくるのが、モバイルエッジコンピューティングです。5Gが普及していくと、わずかミリセカンド (1000分の1秒) 単位遅延無視できなくなることが予想されます。KDDIでは昨年12月、東京にAWS Wavelengthの環境用意し、今年2月25日には大阪にも低遅延環境拡大する予定です。

―― AWS Wavelengthには具体的に、どのような特長や利用メリットがあるのでしょうか。

岡嵜氏 AWS Wavelengthの最大特長は、5Gネットワークエッジ設置されているインフラがAWSクラウドそのものであるということです。お客さまは使い慣れたAWSのAPIやツール機能利用して、低遅延が求められるアプリケーションを5Gネットワークのエッジ展開することができます。5GネットワークエッジがあるKDDI様のデータセンターとAWSクラウド専用バックボーン回線を通じて接続されており、AWSクラウドシームレス接続して利用できるというメリットがあります。

KDDI株式会社
執行役員
ソリューション事業本部
サービス企画開発本部 副本部長

丸田 徹

丸田 従来アプリケーションウォーターフォール型での開発一般的でしたが、現在短期間サイクル仕様変更改善を繰り返しながら開発を進めるアジャイル型の開発手法が多く取り入れられています。開発半年~1年もの時間がかかるウォーターフォール型では、新しいビジネス即座に立ち上げたり、ビジネス成長に合わせて拡大したりといったことが難しいためです。アジャイル開発にはクラウド利用最適ですが、AWS Wavelengthはクラウドサービスであるため、必要に応じて拡張したり、逆にうまくいかなければ利用縮小停止したりすることも容易です。

KDDIが提供するサービスの概念図

KDDIの「au 5Gネットワーク内部にAWSクラウド配置されたAWS Wavelengthは、従来の4Gネットワーク比較して遅延半分以下になるという。またAWSとKDDIが提携して提供する日本国内のAWS Wavelengthで開発したアプリケーションは、そのまま海外のAWS Wavelengthでも利用できるので、モバイルアプリケーショングローバル展開を図る上でも有用である。

5GとAWS Wavelengthが創造する価値とは

―― 今回サービス提供先立ち、5GとAWS Wavelengthを利用した実証実験がいくつか行われました。その概要成果について教えてください。また海外では、どのようなユースケースがあるのでしょうか。

丸田 エンタープライズAIサービス提供するブレインズテクノロジー様では、製造業のIoTシステムとAI技術活用した異常検知システム実証実験をAWS Wavelength上で行いました。生産設備異常検知従来ネットワーク遅延課題となっていましたが、実証実験では4Gネットワーク比較して約43%も遅延時間改善する結果が得られました。これは迅速異常判定意思決定につながり、今後商用化検討しているそうです。
またゲームメーカーのTVT様では、5GとAWS Wavelengthによってネットワークゲーム通信品質がどれだけ向上し、ゲーム体験にどう影響するかを検証しました。その結果、5Gネットワークへの接続時間が4Gネットワーク比較して40~50%ほどに抑えられ、より滑らかな描画と優れたゲーム体験可能になりました。こうした成果については予測できていたものもありましたが、新たな気付きが得られた部分もありました。
5GとAWS Wavelengthによる価値を広めるために、KDDIは「KDDI 5Gビジネス共創アライアンス」を立ち上げました。これは5GやAWS Wavelengthなどのインフラと、アライアンス参加するパートナー企業さまの技術活用し、5GによってDXを加速させる“ビジネス共創の場”となるものです。

岡嵜氏 日本国内よりもひと足先サービス提供が始まった米国では、ヘルスケア分野コネクテッドカースマートファクトリーなどの産業分野において活用が始まっています。またリアルタイムゲームやAR/VR、ビデオストリーミングなどのエンターテインメント分野にも広がっています。例えばゲームでは、端末側処理をAWS Wavelengthへ移すことで端末高性能である必要がなくなり、ユーザー拡大などのビジネスメリットが得られると期待されています。

―― 5GとAWS Wavelengthを活用する企業に対して、どのような支援を行っていくのでしょうか。

岡嵜氏 AWS WavelengthのメリットはAWSクラウドと同じ開発スタイルのまま、5Gネットワーク活用できるところにあります。必要環境がすぐに利用できるのはクラウドならではであり、お客さまの5Gを活用した新しいビジネス創出をより加速すると考えています。また、お客さまのDXへの取り組みを支援するために、AWSでは「デジタルイノベーションラボ」「エグゼクティブブリーフィングセンター」などを通じたご支援も行っています。

丸田 KDDIは持続可能生活者中心社会「Society 5.0」の実現を5Gで加速させる、次世代社会構想「KDDI Accelerate 5.0」の取り組みのひとつとして、AWS Wavelengthを位置付けています。5Gのメリット最大限享受いただくためにも、AWS Wavelengthをご活用していただけるお客さまへのご支援今後積極的に行っていく考えです。

岡嵜氏と丸田の対談風景
  • ※ 感染対策には万全を期し、写真撮影時のみマスクをはずしています。