2017 8/21

Cisco Spark with KDDI

KDDI×Ciscoが見せる先進の会議システム 会議のあり方をも変える KDDIの総合力

クラウドは先進企業が導入するものという段階を経て、すでに広く浸透した感がある。違和感なくクラウドを利用するには、安定した品質や、高いセキュリティが必要であることは言うまでもない。加えてクラウドの持つPay as you go(随時利用)の性質が、迅速なIT資産の調達を可能にし、ビジネスの拡張に貢献している。

KDDIは、長年培った音声基盤やネットワークの強みを生かし、強靭なバックボーンを背景に多くのサービスを登場させている。たとえば、世界的なネットワークサービス企業であるシスコシステムズとともに提供を開始した「Cisco Spark with KDDI」「Cisco Spark Board」は、クラウドによって、生産性向上や働き方にまで大きな影響を及ぼす注目のサービスだ。

KDDIでクラウドとソリューションの分野を率いる藤井彰人に、「Cisco Spark with KDDI」をはじめとする同社の取り組みと総合力について伺った。

制作:東洋経済企画広告制作チーム/KDDI

コミュニケーションギャップを埋め、次の一手を打つ

KDDI株式会社 ソリューション事業本部
ソリューション事業企画副本部長
兼 クラウドサービス企画部長

藤井 彰人

富士通、Sun Microsystems、Googleを経て2013年4月より現職。
Sun Microsystemsでは、Solaris/Java関連ソフトウェアを担当、プロダクトマーケティング本部長や新規ビジネス開発を担当。Googleでは、企業向け製品サービスのプロダクトマーケティングを統括。その実績からKDDIではソリューション事業の現場の指揮をとる。また、過去にMashup Award 1-4を主宰し各種開発者向けイベントを支援するなど新たな人材の育成にも注力。

ビジネスを円滑かつ迅速に進めるうえで、コミュニケーションツールは最も重要な要素だ。例えば、クラウドサービスのひとつとしてKDDIは「LINE WORKS with KDDI」のサービス名でLINEによるビジネスチャットを提供しているが、コミュニケーションの急速な進化は、企業の上層世代の一部にとっては隔世の感がある。その現状にKDDIの藤井彰人は、長年、クラウドとソリューションの分野で企業との接点を持ってきた経験から、世代間の溝と、それを埋める一手についてこう語る。

「社内外の活動を通して若手社員、また学生とも接する機会があるのですが、ツールの使い方、接し方が世代によってまったく違うと感じます。たとえば、50歳代前後の方は、就職したときにはEメールすらなかった。その世代のメールというツールのとらえ方と、すでに学生の頃からインターネットが当たり前で、GmailやLINEのようなツールを使って育ってきた世代とではツールへの接し方が違います。今はオフィスに固定電話がないところが増えてきている時代。メールひとつでも踏み込んだ活用が求められるのです」

事実、KDDIのいくつかの部署には固定電話がなく、名刺に携帯電話番号が記されているのみだ。藤井は、いま必要なのは、実態をキャッチアップして、次に目を向けることだという。そうしなければ、競合他社は最新のツールを使って効率を上げ、マーケットを奪いに来る。最適な情報をキャッチアップしなければいけない時期になっているのだ。クラウドはその重要なツールとして最も注目されており、その理解なくしてギャップは埋められない。

とはいえ、クラウドの導入という掛け声は耳にするなかで、実働としての現場はどういった状況なのか。

「クラウドのサービスを使うということに関しては、多くの企業が何らかの形ですでに手を付けてはいます。次の考え方として、異なる課題に対して、複数のクラウドサービスを使いこなすという段階に入っています。たとえば、先ごろ弊社でサービスを開始した「Cisco Spark with KDDI」は、会議を変えたい、会議のあり方も含めて全体を効率化したいというところを狙っています。会議が違和感なくリモートでできるツールは、特に日本のビジネス環境で活用できると思っています」

Cisco Sparkの登場が変える「会議」

KDDIがシスコシステムズとともに送り出した新しいサービスが「Cisco Spark with KDDI」だ。ビデオ会議を核にしたビジネスコミュニケーションを統合するクラウドサービスである。

Cisco Sparkを体現する先進デバイスであるCisco Spark Boardを前にし、同製品が持つ圧倒的なクオリティがいままでの製品ともっとも違うポイントだと藤井は言う。

「Cisco Spark Boardは映像と音声の品質、つまり〈体感品質〉があたかもミーティングルームにいるような感覚をもたらします。このクオリティはハイレベルな会議はもちろんですが、細かなミーティングにこそ向いている。この品質なら気持ちまで伝わる感覚を持つほどのインパクトがあります。さらに、使いやすさについてもよく考えられており、超音波でアプリと自動ペアリングするので、ワイヤレスでビデオ会議やプレゼンテーションが簡単に開始できます。ビデオ会議で使えるデジタルホワイトボード機能は、複数人で書き込めるなど実際のホワイトボードと同じように使うことができ、書いた内容は自動保存されるため、会議全体が効率化できます」

今こそ会議のあり方、その発想を変えることが重要と藤井は付け加える。

「これまでの日本企業での会議のやり方には、全員が会議室に集まって相手の顔を見ながら言葉を積み重ね、合意形成を取っていくという良い面もありますが、役職を考え出席者を調整しスケジュールを合わせるだけで会議の設定そのものが大きな負担にもなる。参加者にとっても負担が大きく、時間的、そして場所的にも拘束され、一日中会議の連続という人も多いでしょう。その非効率な状況はもっと改善できるところがあるはずなのです。さまざまなテクノロジーが利用できる時代に、やり方が10~20年前と変ってないというのは問題です。ムダな会議を減らすことももちろん必要ですが、クラウドのサービスを活用することで、良いところを失うことなく効率化することが重要なのです」

Cisco Sparkはその会議を大きく変貌させる可能性を持つ。

会議内容はクラウドにより共有・保存される。また、Ciscoの暗号化技術により、チャット機能では通信ごとにエンド・ツー・エンドで暗号化され、ホワイトボードでは一筆に至る動きまで暗号化されるため、セキュリティ面も安心だ。

KDDIの本社や大手町のモデルルームで実際に体感できる。デバイスの完成度の高さは既存のTV会議やウェブ会議の多くとは別次元のクオリティで驚くだろう。
(Cisco Spark with KDDIの概要はこちら)

あらゆる通信をワンストップで提供できるKDDIの総合力

KDDIには、冒頭にも記したLINE WORKS with KDDIに加え、Office 365 with KDDI、G Suite、そしてCisco Spark with KDDIなどさまざまなサービスが提供されている。高い品質の音声・ネットワーク・モバイルを併せて提供することがKDDIの強みであり、ユーザーにも貢献できると藤井は訴える。

「クラウドサービスとは、ネットワークとモバイルデバイスがあってこそ最大限の威力を発揮するということです。キャリアだけが持つ音声基盤、そしてネットワークのインフラがあり、その土台を生かしたサービスを提供できるうえに、何かトラブルが起きたとしても、原因がネットワークなのか、デバイスか、クラウドか、その切り分けも確実に行える。これは強いですね。そして、モバイルデバイスとネットワークをセールスしているわれわれがプラスアルファとしてクラウドサービスを提案できるからこそ、導入・運用のハードルをなくせるのです」

クラウド化によって社内外をつなぐことができたとしても、肝心の情報が社内のイントラネットに存在するといった場合、Flex Remote Accessというサービスを利用することで安全にアクセスすることが可能だ。そういった多彩な技術をバックボーンで稼働させているため、これらを必要に応じて併用することにより、必要な情報にどこからでもアクセスでき、場所にとらわれず、テレワークなどにも活用できる。

「これから起業を考えている人たちには、おそらくAWS(Amazon Web Services)やGmail、もしくはOffice 365導入して、モバイルデバイスを用意して、それでOKという人もいる。もうオフィスさえも構えないかもしれない。クラウドを活用し、そういったスピード感で新規参入するのが競合だとしたらどう対応していくのか、経営陣はかなりの危機感を持たないといけません」

モバイル、ネットワークを提供してきたKDDIだからこそ、あらゆるニーズに対応ができ、導入・運用のハードルをなくし、「Cisco Spark with KDDI」などのさまざまなクラウドサービスのスピーディな導入が可能だ。同社のこれからの展開は、さらなる広がりを期待させるものだ。

【東洋経済オンラインにて2017/8/21-9/20まで掲載】
「制作:東洋経済企画広告制作チーム」

PAGE TOP