このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

「世界一おもしろい水産業」へ。IoTを活用した牡蠣養殖モデルの全国展開を目指す

日本漁業水産資源減少従事者高齢化などより危機的状況にある。
そうした中で牡蠣養殖着目したのが株式会社リブル (以下リブル) だ。
養殖場水温濁度養殖カゴの揺れをセンサーモニタリング・分析し、生産現場省力化安定した生産実現することを目指す「あまべ牡蠣スマート養殖プロジェクト」の取り組みを聞いた。

  • ※ 記事内の部署名、役職は取材当時のものです。

無理だと思われていた漁場で、牡蠣養殖をスタート

波の穏やかな那佐湾にある牡蠣養殖場

徳島県南部位置する海陽町太平洋突出した半島に抱かれた那佐湾は、波が静かなことから天然良港として知られ、古くから避難港としても利用されてきた。

この那佐湾で今、牡蠣養殖に向けたチャレンジが進められている。「世界一おもしろい水産業へ」をコンセプトに掲げて創業した水産ベンチャー株式会社リブル中心に、海陽町宍喰漁業協同組合徳島大学、KDDIをメンバーとして2018年12月に始動した、「あまべ牡蠣スマート養殖プロジェクト」が主導する取り組みだ。

とはいえ、那佐湾牡蠣養殖に適した環境ではない。30年ほど前に地元漁師が、日本全国牡蠣養殖主流となっている「イカダ垂下方式」で牡蠣養殖を試みたが、残念ながら失敗に終わっている。那佐湾サンゴ生息するほど温暖で美しい海であり、牡蠣にとって必要植物プランクトンなどの餌料が少ない。このような環境では強く健康的牡蠣が育ちにくく、環境ストレス耐性低下し、少しの環境変化であっても牡蠣死滅してしまうからだ。

地元漁師でさえ「牡蠣養殖無理」という認識定着していたことが、リブルにとっては逆にチャンスとなった。牡蠣養殖に限らず、好条件漁場既存漁師権利を有していることが多く、新規事業者参入するのは難しい。
あえて“不適当漁場”にチャレンジしようというリブルだったからこそ「応援しよう」という機運が高まり、前述したメンバーによる地域活性化目的とした連携協定が結ばれるに至った。

リブル代表取締役 CEO (最高経営責任者) の早川 尚吾 様は、「漁協や地域の皆さまは、もともと海陽町はおろか徳島県とも縁もゆかりもなかった私たちを温かく迎え入れ、牡蠣養殖ベースとなる場所提供のほか、漁業権も快く割り当ててくれました。誰もがあきらめていたこの那佐湾牡蠣養殖成功させることができれば、そのモデル全国の海に横展開することも可能になります」と事業化見据えている。

代表取締役 CTO (最高技術責任者) を務める岩本 健輔 様は、「那佐湾には、少ないとはいえ天然牡蠣が育っています。入江一角潮干狩りができるということは、餌となる植物プランクトンがいて、貝類生育環境として決して悪くはないということです。牡蠣本来生存している環境再現できれば、養殖は必ずうまくいくと確信していました」と振り返る。

株式会社リブル 代表取締役 CEO (最高経営責任者) 早川 尚吾 様
株式会社リブル
代表取締役 CEO (最高経営責任者)

早川 尚吾 様

危機的状況にある日本の漁業

日本漁業は今、危機的状況を迎えているといって過言ではない。地球温暖化影響を受けた生態系変化乱獲起因とする水産資源減少、さらには漁業従事者高齢化などにより、これまでのような「獲る漁業」は成り立たなくなりつつある。

そこで急務となっているのが「養殖漁業」へのシフトであり、なかでも有望なのが牡蠣養殖なのだ。

株式会社リブル 代表取締役 CTO (最高技術責任者) 岩本 健輔 様
株式会社リブル
代表取締役 CTO (最高技術責任者)

岩本 健輔

魚類養殖では売り上げの7~8割が餌代にかかるため、元手がなければ始められません。これに対して牡蠣養殖は海の中に自然存在する植物プランクトンが餌になるため手間もあまりかかりません。計画を立てやすく、獲る漁業副業としても行える牡蠣養殖モデルを、全国漁業事業者に広く提供したいのです」(岩本様)

このリブル理念賛同する形で、技術面サポートに乗り出したのが、徳島大学とKDDIだ。
DX推進本部 地方創生支援室永岡 恵二は、「牡蠣養殖の現場でさまざまなセンサーから収集した情報クラウド蓄積し、リブル徳島大学連携してデータ分析ができる仕組みを提供し、漁場管理アプリケーション開発にも協力しています」と語る。

「地方創生の観点から損得抜きでプロジェクト参画してくれた、徳島大学とKDDIにはとても感謝しています。このプロジェクトは2020年3月から始まりましたが、両者スピード感をもった協力がなければ、これほど早期事業化困難だったと思います。また、徳島大学とKDDIとともにプロジェクトに臨んでいるというブランド力を得られたことは、まだ知名度のないリブルがこの先のビジネス展開していく上での大きな後ろ盾となっています」(早川様)

牡蠣の養殖環境を見える化・分析し、効率的な生産ノウハウを確立させる
牡蠣の養殖環境を見える化・分析し、効率的な生産ノウハウを確立させる

日本では例の少ない「シングルシード生産方式」を採用

前述したように日本牡蠣養殖では一般的に「イカダ垂下方式」が採用されているが、温暖で餌も少なく、水深も懐も浅い那佐湾のような海洋環境には適さない。そこでリブル採用したのが、欧州中心とした海外で広く行われている干潟利用した「シングルシード生産方式」だ。

牡蠣カゴに入れてばらばらに養殖するもので、潮の満ち引きによってカゴ海中に沈んだり、海面に出たりする。この過程牡蠣乾燥や暑さから身を守るために殻をしっかり閉じようとして、味の決め手となる貝柱が太く鍛えられる。また、カゴが波の影響を受けて揺れたり、ひっくり返ったりすることで、牡蠣同士がぶつかりあって殻が適度に削れ、均一身入りのよい牡蠣ができる。加えてリブルが強みとしているのが、三倍体牡蠣種苗人為的作出する技術力生産体制を有していることだ。三倍体牡蠣とは、染色体セット基本となる2本ではなく3本あるもので、夏場になっても産卵せず、年間を通じて出荷できるという特長をもつ。

味も形もよくサイズも揃っているシングルシード生産方式による牡蠣養殖
味も形もよくサイズも揃っているシングルシード生産方式による牡蠣養殖

シングルシード生産方式特徴は、サイズも形も揃っていて、しかも味がよく、はずれの少ない牡蠣歩留まり高く生産できることです。これに、三倍体牡蠣種苗を組み合わせることで、年間を通して計画的養殖し、出荷することが可能となります」(岩本様)

もっともシングルシード生産方式といえども、海にカゴ放置したままで牡蠣養殖できるわけではない。カゴが波の影響適度に揺れることが生育影響を与えることが分かっており、定期的に人の手で環境に合わせてカゴ浮力を変えて揺れ具合調整するなどの世話をしなければならない。しかし、そのタイミング強度などをいつ、どのように決定するのかは、経験や勘に大きく依存しているのが実情だ。

リブル社内でもその知識ノウハウを持っているのは岩本しかおらず、養殖事業を他の地域横展開するとなると、岩本サポート出向かなければなりません。そうした属人性を避けるためにも、データに基づいた牡蠣養殖ノウハウ共有できる仕組みづくりが必須だったのです」(早川様)

データに基づいた牡蠣養殖ノウハウ蓄積。これこそがリブル目指牡蠣養殖モデルづくりの核心だ。

IoTを活用して養殖場の環境をモニタリング

温度センサー (上左) 揺れセンサー (上右)
濁度センサー (下左) IoT機器を集約したスマートブイ (下右)

こうした考えのもとで運用されているのが、KDDIによって構築されたIoTの仕組みだ。牡蠣生育に大きく関係する「水温・気温」「濁度」「カゴの揺れ」といった環境データを、養殖場ワイヤーカゴに取り付けられたセンサーから定期的収集しKDDI LTE通信網を通じてクラウド (KDDI IoTクラウドStandard) にアップロードして蓄積する。
このデータグラフ化された状態パソコンやスマートデバイスで確認できるため、すべての関係者共通基準環境変化モニタリングすることができる。

「これまでは漁場状況天候気温などの変化を見ながら、カゴの揺れ具合を変えていましたが、言ってしまえばそれは私の主観でしかありません。その時々で私の下した判断本当に正しかったのかどうかを検証するためにも、客観的データ必要です。具体的には牡蠣種苗から成品になるまでの間に、どんな揺れや温度変化体験し、どれくらいの量の植物プランクトン摂取してきたのか、センサーから収集したデータ積算値と各ロット生育状況を紐づけながら分析を行います。KDDIのIoTの仕組みによってこれが可能となりました」(岩本様)

そしてもう1つ、リブルとKDDIが共同開発を進めているのが、日々の作業効率的管理するスマートデバイス上で利用できる「漁場管理アプリケーション」だ。

「このツールに、各カゴに入っている牡蠣養殖期間、大きさ、個数などその日の作業内容入力することで、養殖場にいながら作業日誌更新することができます。このデータもIoTのセンサーデータと共にクラウド上に保管され、一覧表示できるため、管理作業効率化実現します。これにより実施した作業共有や振り返りが可能となり、ノウハウ蓄積していくことで生産性向上目指します」(永岡)

KDDI株式会社 DX推進本部 地方創生支援室 永岡 恵二
KDDI株式会社
DX推進本部 地方創生支援室

永岡 恵二

初心者が明日からでも牡蠣養殖を始められるシステムを目指す

リブルでは最終的に、環境が異なる海でも、一定品質を保った牡蠣生育再現できるシステム実現目指している。そのためにはより多くのデータ収集蓄積して分析することが必要になる。

早川様は、「データ分析については徳島大学協力を得て、機械学習をはじめとするAIの手法活用しようとしています。そこから導き出された推論モデル漁場管理アプリケーション連携させることで、それぞれの養殖場収集蓄積したデータシステム自動的判断し、漁業従事者に対して『今カゴに種苗を入れてください』『カゴの浮力を増やしてください』といったガイダンスをするようにしたいと考えています」と、今後構想を示している。

初心者明日からでも牡蠣養殖を始め、初年度から収益を得られるシステム」の実現目指し、あまべ牡蠣スマート養殖プロジェクトのさらなるチャレンジはこれからも続いていく。