このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

イノベーションをもっと身近に。画像認識を中心としたAI技術でDXを支援するKDDIテクノロジー

技術で夢を現実に」というコーポレートビジョンを掲げ、多彩製品サービスを生み出し続けている株式会社KDDIテクノロジー (以下KDDIテクノロジー) は、人々の生活をより豊かに便利にすべく、先端テクノロジー活用を通じて社会イノベーションを起こすことを目指している。そうした中で近年注力しているのが画像認識中心としたAI技術だ。2020年6月よりKDDIテクノロジー代表取締役社長を務める 大井 龍太郎 氏にビジネス現状やKDDIとのコラボレーションによって目指今後展望を聞いた。

  • 記事内部署名役職取材当時のものです。

多様化するKDDIとのコラボレーション

KDDIテクノロジー設立されたのは1988年のこと。KDD研究所 (現・株式会社KDDI総合研究所) から独立する形でのスタートだった。当初写真伝送システム画像データベース衛星IP伝送サービス利用した印刷データ伝送システムなど、画像通信中心とする開発を行っていたが、2000年代に入ってからは携帯電話関連開発事業転換
さらに2010年以降スマートフォン・デバイス向け開発シフトするなど事業領域拡大してきた。

株式会社KDDIテクノロジー  代表取締役社長 大井 龍太郎 氏 
株式会社KDDIテクノロジー
代表取締役社長

大井 龍太郎 氏 

KDDIとのコラボレーション多様化している。KDDIテクノロジー 代表取締役社長の 大井 龍太郎 氏は「KDDIから新しいサービスを作りたいと話があると、どうすればそれを実現できるかを調査試作し、テクノロジーを組み合わせて実現します。それがKDDIテクノロジーミッションなのです。KDDIが幅広サービスを手がけている分、私たちの取り扱う技術領域も広がっていきます」と語る。

コンシューマにも身近なものとしては、例えばau PAYアプリ開発がある。au PAYアプリスマートフォン決済 (コード支払い) サービス「au PAY」の利用残高へのチャージをはじめ請求予定額確認支払方法変更、買い物履歴確認などを簡単に行えるアプリで、「KDDIテクノロジーは、モバイルアプリケーション部分開発をKDDIと共同で行っています」と大井氏は語る。

グループ外企業のさまざまなデジタル化を支援する取り組みも増加しており、化粧品販売企業さま向けの実証実験ではデパート内などで行われている化粧品のお試しをAR (拡張現実) で行えるシステム開発参加した。販売企業が扱う化粧品を使ってメイクをするとどのようなイメージになるのか、店頭端末画面に映し出されたお客さまの顔画像に重ねて表示するものである。

「これはKDDIがイベント的に行ったものですが、将来的には店舗のDXを目的としたBtoBtoC型のビジネスモデルでの展開視野に入れています」(大井氏)

画像認識の技術力を活かしたAIソリューションを展開

そして現在KDDIテクノロジーが特に注力しているのが画像認識中心とするAIソリューションである。

「KDDIテクノロジー映像伝送画像データベースなどのシステム開発を手がけてきたことに加え、KDDIが保有している膨大サンプルディープラーニング活用できていました。こうしたKDDIグループならではの強みを生かして推進しているのが画像認識AIです」(大井氏)

ここでKDDIテクノロジー提供開始した画像認識AIを使った外観検査のためのパッケージシステム紹介しよう。

サビ検出システム」は、対象物撮影した画像からサビの濃さを評価修繕対応などが必要箇所発見するもので、KDDIテクノロジー独自計算アルゴリズムを用いてサビ濃度定量化可視化することができる。

「このAIエンジンドローン点検と組み合わせることで、鉄塔など高所作業必要となる場所でも活用することが可能です。無数基地局アンテナ維持保守にあたっているKDDIはもちろん、さまざまな企業さまからも興味を持っていただいています」(大井氏)
 

サビ検出システム

サビ検出システム


他にも工場生産ラインなどで活用できるAIソリューションとして「容器キズ検出システム」「印字不良検査システム」を開発している。

AIソリューションを活用したトヨタ自動車様へのDX支援

さらにKDDIテクノロジーでは、さまざまな製造業へのAI外観検査支援している。その取り組みの一つとして、トヨタ自動車様における車体外観検査システム導入事例がある。車体塗装欠陥エッジ部まで見逃すことなく検出するものだ。

「もともと、トヨタ自動車様でも従来画像検査手法を使ってトライされており、思うような精度を得ることができていないという課題を抱えておられました。そこで我々の画像認識AI技術活用いただいたところ99%以上正解率を得ることができ、高い評価をいただきました」(大井氏)

こうした実績を重ねてKDDIテクノロジーはKDDIとのパートナーシップをさらに強固なものとし、画像認識にとどまらず広範なAIを活用したDX支援加速していく考えだ。

「まだまだ埋もれていたり、よいものなのに心理的バイアス原因実現できていないイノベーションもあります。弊社では現在AIやドローンなどの新しい技術にも取り組んでいますが、これらは世の中の役に立てられなければ意味がないと思っています。そこにはユーザー視点大事ですし、技術を磨くだけではなく利用に際して生じる心理的障壁を取り除くといったことも必要です」(大井氏)

その根幹にあるのは、「テクノロジーの組み合わせによって社会のさまざまな課題解決したい」という強い思いだ。「『KDDIテクノロジーと組めば必ず何らかの答えを導きだせる』と思ってもらえる存在となり、新たな価値創造貢献していきたいと考えています」と大井氏は語り、既成概念にとらわれず多様領域イノベーションチャレンジしていこうと意欲をみせる。