このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

世界一過酷なヨットレースを支えたKDDIの衛星通信技術

「Vendée Globe (ヴァンデ・グローブ)」は、4年に一度開催される単独無寄港無補給世界一周ヨットレース
世界一過酷”ともいわれ、出場者半数近くが途中脱落する。このレースアジアから唯一参加したのが、白石 康次郎選手だ。
2016年の第8回大会リタイアしたものの、2020年の第9回大会では、ついに完走 (33艇中16位) を果たす。ヨットには、KDDIの衛星通信技術搭載されていた。一体、どのように生かされていたのか。KDDI総合研究所 所長 中村 元が話を聞いた。

  • ※ 記事内の会社名、部署名、役職名は取材当時のものです。

インタビュー動画

動画再生時間:2分51秒

この世に2つとない、理想のレース用ヨット

――中村さん、船内の様子をご覧になっていかがでしたか。

中村 いやあ、感動しました! クルーザーのような船に乗ったことはあったのですが、ヨットは初めてです。
流体力学を極められた状態ですよね。「最適全長はどの程度か」「もっと小型化できるのだろうか」と思いを巡らせていました。この日のためにデッキシューズを買ってきてよかったです (笑)。

白石選手 そこまで興味を持っていただけて光栄です。
私のヨット全長60フィート程度 (約18.3メートル)ヨット基本的に大きければ大きいほど安定感速力が増すのですが、レース中は一人操縦しなくてはならないので手の届く範囲規模にしています。一般の方が操縦することを考えたら、40フィートくらいが取り回しやすいのではないでしょうか。

DMG MORI SAILING TEAM

白石 康次郎 選手

――やはり、ヨットの機能は年々アップデートされているのでしょうか。

白石選手 実はレース参加するヨットは1つとして同じ形状のものがありません。つまり、正解がなく、みな手探状態だということ。例えば、飛行機場合は、空気の流れをコンピューターシミュレーションして設計されますよね。潜水艦でも同じように水流データから設計するでしょう。一方ヨット場合海上に浮かぶ構造上空気水中の流れを掛け合わせて考えなくてはなりません。さらに造波抵抗 (水上を走る物体が波に受ける抵抗)  など独自要素も加わります。こうしたデータを全て取り入れシミュレーションするコンピューター開発されておらず、ヨット設計者模型をつくるなどして実験を重ねているのです。

中村 思いのほかアナログ手法で驚きました。

白石選手 物理的試行錯誤の繰り返しですので、数年後にどんなヨット主流になっているか想像するのが難しいです。我々の場合は、帆先をもっと丸くして浮力を増す設計にしてはどうかと考えています。

中村 そうなると、コンピューター処理能力が上がれば、ヨット形状にも変化が現れるということですね。

白石選手 いずれは模型を使った実験不要になるでしょう。全長を1メートル縮めるか、それとも幅を数十センチ縮めるか。そうしたシミュレーションコンピューター上で済んでしまう。そのように考えるとヨット開発は、まだまだ夢や伸びしろがあります。

――前回大会と比較して、ヨットの機能は大きく変わりましたか。

白石選手 一番大きな変化は「フォイル」。ヨット側面設置された、いわゆる水中翼ですね。浮力を得るためのもので、ヨット速力を上げると船体水上へ持ち上がり飛び魚のように波を蹴っていきます。
今回フォイル大型化したのですが、ちょっと大きくしすぎたかもしれない。持ち上がりすぎた反動で、水面着水する際に船体予想よりも大きく沈んでしまいました。

中村 皆さん思い思いの発想試行錯誤されて、日々進化しているのですね。それから、水中発電にも感心しました。燃料に頼らず自然の力だけでヨットで使う電力をまかなってしまう。風力原動力にするというヨット本質は変わらないのですね。

白石選手 SDGsの観点からも、こうした機能一般商船にも役立つと思っています。

KDDI総合研究所 所長

中村 元

衛星通信で、予期せぬピンチを切り抜けることができた

――初出場だった前回大会は惜しくもリタイアとなりましたが、今大会は雪辱を果たすという意味合いもあったのでしょうか

白石選手 まずはゴール目指すことを重視しました。ステップ・バイ・ステップで、コツコツ実績を重ねていければいいな、という心持ちでした。もちろん優勝を諦めているわけではありませんよ。いずれは、日本技術力総動員したオールジャパンヨット出場し、優勝したいですね。

中村 それが実現できたら最高ですよね。各メーカーが高いレベル要素技術は持っているので、それらをヨット投入できればきっと凄いことになる。

――大会を振り返ってみていかがですか。

白石選手 どのレースにも言えますが、楽なことは一つもありませんでしたね。たった一人世界一周地球全体舞台に、競技時間が2,000時間 (約80日) にも及ぶ、唯一無二スポーツです。一日複数回仮眠をとりながら昼夜ヨット操縦し続けるのですが、一度仮眠で1時間以上眠れたことはほとんどありません。
海上ということで不確定要素も多いスポーツです。テニス野球などは整地された場所で行うスポーツなので選手実力がものをいいますが、ヨットレースはそうもいきません。波の速さや風の強さなど、予測不能なことばかりが起こります。苦労する一方で、それもまたヨットレース醍醐味なのです。

――スタートから1週間後にメインセール (帆) の破損という予期せぬ事態にも見舞われました。

白石選手 あのときは「終わった」と思いましたね。原因は、オートパイロット (自動操縦装置) 不具合メインセール何度強風に煽られてしまい、とうとう破れてしまいました。そうなると、目標レースの勝ち負けではなく、生きて帰ることが最優先に。サバイバルが始まるわけです。セールを下ろす、部品を取り外す、補修する。陸上にいるチームメンバー連絡を取り合って、一つ一つできることから進めていきました。補修完了したのは破損から一週間後。そこでやっとレース復帰です。
完走」を意識し始めたのは、レース終盤ホーン岬 (南アメリカ最南端の島) を通過したあたりからですね。チームメンバーも「あと2、3艇追い越せるんじゃないですか?」と欲が出てきて (笑)。最終的に「完走」を確信したのは、ゴールのわずか10分前でした。フィニッシュラインと私のヨットの間に、他の選手ヨット漁船一艘もなくなったんです。それで最後の力を振り絞った。小さな奇跡の積み重ねですね。

――白石選手のヨットには、KDDIの通信技術が搭載されているようですね。

白石選手 「インマルサットFB (フリートブロードバンド)」ですね。もう10年近く使っていて、我々は「フリート」の通称で呼んでいます。用途音声通話インターネット中心です。一日に2度更新される天気図ダウンロードしていました。FAXで天気図出力していた10年ほど前と比べると、隔世の感があります。

中村 インマルサット静止衛星を介して、施設設置されたインマルサット設備電話・データ端末・インターネットなどを結ぶ通信サービスです。この技術があれば洋上-陸地間での通信可能になります。

白石選手 今大会からLINEやWhatsAppといったSNSを導入できたのも、インマルサットFBがあるからこそ。メインセール破損した際も、チームメンバーとのやりとりはSNSが中心でした。これまで使っていたメールと違って、リアルタイムレスポンスがあるのでとても助かりました。

中村 KDDIは、長きに渡って衛星通信事業に取り組んできました。私も入社した当初衛星通信研究担当していたので思い入れがあります。長い積み重ねと実績がありますので、自信をもって白石選手サポートをさせていただいています。

白石選手 あとはサブツールとして、イリジウム衛星携帯端末も。こちらは周回衛星活用したKDDIの技術ですね。

次世代通信技術がヨットレースに変革をもたらす

白石選手 インマルサットFBやイリジウムは、地上基地局利用していますが、最近スペースX(米国宇宙開発企業)のように基地局宇宙に打ち上げようとする試みもあるようですね。

中村 おっしゃるとおり、世界中衛星通信技術進化注目を集めています。

白石選手 スマートフォン人工衛星直接結研究も進んでいるようですし、実現すれば世の中が激変しますね。

中村 それを受けて、KDDIでも「6G」の研究着手しています。現在稼働開始した5Gは基地局が増えれば陸上の広いエリアカバーすることができます。6Gは陸上のみならず、洋上海中宇宙カバーエリアに含まれていくでしょう。おのずと、ヨットレース中にやりとりできる情報量拡大して多様になっていくはずです。

白石選手 24時間リアルタイム配信船内動画なんて面白そうですね。船内搭載したジャイロデータ地上に飛ばして、水槽に浮かんだ模型と動きを連動させたりして。太平洋のど真ん中にいる私と全く同じ状況を、陸上体験できるようになるかもしれません。

中村 KDDI総合研究所開発した「自由視点映像技術なら、リアルタイム配信可能かと思います。これは複数カメラから映像抽出して、撮影対象を3Dで表現する技術実際スポーツ観戦コンサート鑑賞において導入成功しています。

白石選手 自動車ドライブレコーダーのように、洋上での事故原因解明にも役立ちますね。また、洋上解像度の高い気象データ入手できるようになれば、ヨットレースにも変革がもたらされるでしょう。ヨット以外の話でいえば、氷で覆われている北極海域でも通信各種データのやり取りができ、新しい航路開拓ができるようになるかもしれないので、貿易物流世界ガラリと変わるはずです。もちろん政治的な話を考えるとスムーズにいかないこともあるかもしれませんが、技術はどんどん進化していっている。

中村 参入するメーカーが増えれば、技術加速度的に進みます。今はその過渡期といえそうですね。

―最後に、今後の展望をお聞かせください。

白石選手 3年後開催される「Vendée Globe 2024」で8位以内目指します。今はチームメンバー人材確保育成に取り組んでいるところです。先ほど申し上げたとおり、いつかはオールジャパン布陣チャレンジしたいですね。

中村 いろいろなアイデアが出ましたが、やはり「勝負に勝つ」「安全確保する」が大前提。KDDIも通信技術のみならず、さまざまな面からサポートすることに努めます。白石選手今後のご活躍を楽しみにしています。

白石選手 ありがとうございます。今度、ぜひセーリングに出かけましょう!


取材当日は、レース中での外部とのやり取りやメインセール補修秘話など、貴重苦労話体験談白石選手沢山語っていただきました。冒頭動画では尺の関係上入りきらなかったので改めて約10分の動画にまとめています。ぜひご覧ください。

動画再生時間:9分40秒

  • ※LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。
  • ※WhatsAppは、WhatsApp LLCの商標または登録商標です。