このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

国内データセンターサービス

KDDI 法人・ビジネス向け「国内データセンターサービス」コロケーションサービスのご案内です。

国内データセンターサービスとは

お客さまの設備をお預かりするコロケーションサービス (スペース貸し/ラック貸し/ケージ貸し/個室貸し、電源・空調設備などのインフラとネットワーク運用・監視・保守) はもちろん、マネージドサービス、セキュリティサービス、「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」をはじめとする主要ネットワークサービスなど高付加価値サービスを総合的に提供します。

コロケーションサービス
KDDIネットワークサービス
マネージドサービス

特長・メリット

「国内データセンターサービス」をオススメする2つの理由

【その1】確かな実績と高度なノウハウを集結――KDDIデータセンターがお客さまのビジネスを強力にサポート

10余年にわたって、約1,000社 (2014年7月時点) のお客さまにデータセンターサービスを提供してきたKDDIが、これまでに培った豊富なノウハウを結集し、高度化・多様化するお客さまのニーズにお応えします。信頼性の高いインターネットアクセス、セキュアなネットワーク、コストを抑えながら維持するフレキシビリティに富んだ運用・監視・保守――こうしたビジネス成長の課題を「国内データセンターサービス」が実現します。

【その2】多種多様なサービス――イントラネット利用からISP・クラウドまで

超高速バックボーンを基盤に、コロケーションサービス、マネージドサービス、さらにKDDI Wide Area Virtual Switch 2をはじめとする主要ネットワークサービスなどに代表される高付加価値サービスを総合的に提供します。イントラネットご利用のお客さまからISP・クラウド事業者様まで、多種多様なお客さまのニーズにご対応致します。


お客さまの課題、「国内データセンターサービス」がこのように解決します

日々増加し、複雑になる社内システムの運用・管理に対応できていない

 KDDIデータセンターのコロケーションサービスでお客さまの大切なシステム設備をお預かりします。潤沢なフロアスペースで、お客さまのニーズに応じた柔軟な拡張が可能。強固なセキュリティシステム、耐震性、冗長構成のとれた電源・空調システム、KDDIのデータセンターは通信キャリアならではの大容量・イントラネット/高速インターネットでお客さまのビジネスの成長をサポートします。

社内データセンターの災害対策を検討しているが、手間やコストがどのくらいかかるのかわからず、年間の予算が立てられない

 「国内データセンターサービス」なら、設置工事はすべてKDDIが請け負うので、お客さまの手をわずらわすことはありません。
電力・空調は月額料金に含まれているので、年間の予算も立てやすくなります。

「国内データセンターサービス」がもたらす導入効果

  • TCOの削減
  • BCM(事業継続管理)の確保・構築
  • セキュリティとプライバシーの強化
  • ネットワーク運用効率の向上
  • ITインフラの一括管理による管理部門の負荷削減
  • 定額料金の有効活用
  • サーバ、データの集中管理による効率化とコスト削減
  • グローバルデータセンターサービス (TELEHOUSE) ご利用による海外進出

料金

別途お見積もりいたします。
以下の「お問い合わせフォーム」よりご依頼ください。

最新拠点のご案内

TELEHOUSE TOKYO TAMA 5

KDDIは、2020年7月1日より、新しい国内データセンター「TELEHOUSE TOKYO Tama5」(以下、Tama5) の提供を開始します。
Tama5は、グローバル規模でクラウドサービスなどを展開するハイパースケール事業者による高性能サーバーの多用化に対応するため、250ラックの部屋単位で提供が可能なほか、高い電力供給能力と情報インフラ設備を備えた大規模データセンターです。また、KDDIのネットワークに直結することで、大容量・高品質な回線を提供します。
さらに、同敷地内には将来的な需要に柔軟に対応するための拡張スペースも確保しています。

主要拠点のご案内

TELEHOUSE TOKYO Tama 3

「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」は国内データセンターサービスの郊外拠点として新設され、2016年2月12日より提供を開始しました。
ラック当たりの最大利用可能電力は国内最高レベルの42kVA (定格) と強化。高負荷ラックに対応できる能力を備えることで、お客さまのご要望に合わせたプライベートクラウドから、高集積なコンテンツサービス・商用クラウドサービスまでご利用可能です。


TELEHOUSE OSAKA 2

「TELEHOUSE OSAKA 2」は国内データセンターサービスの西日本主要拠点として新設され、2015年8月21日より提供開始されました。
ラック当たりの最大利用可能電力は30kVA (定格) に強化。高負荷ラックに対応できる能力を備えることで、お客さまのご要望に合わせたプライベートクラウドから、高集積なコンテンツサービス・商用クラウドサービスまでご利用可能です。

サービス紹介動画

  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

法人お客さまセンター
フリーコール0077-7007(無料)
/
フリーコール0120-921-919(無料)
受付時間:9:00~18:00(年末年始を除く)

ピックアップ