このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

変化する働き方を支える企業ネットワーク
KDDIの「マネージド ゼロトラスト」

変化するニーズに合わせ、ワンストップで働き方のDXを支援

マネージド ゼロトラストについて

ゼロトラストとは?

クラウドテレワーク普及で、デバイスデータ社外へ持ち出され、
従来のような境界型セキュリティでは脅威への対策が充分でないケースが増えてきました。
ゼロトラストセキュリティとは、働く場所ネットワーク境界意識せず企業資産保護することを目的としたセキュリティモデルです。

「働き方」が柔軟になり、「働く場所」も分散

KDDIが提案するマネージド ゼロトラストとは?

場所にとらわれず、安心安全簡単につなぐ」
お客さまのニーズに合わせ、デバイス、ネットワークやセキュリティなどを組み合わせ、
最適なソリューションをKDDIがワンストップで支援します。

  • ※ IAM: Identity and Access Managementの略称。ID管理や認証、SSO、アクセスコントロールなどを行う
  • ※ SASE: Secure Access Service Edgeの略称。SaaSやオープン・インターネット上のサイトへの安全なアクセスを行う
  • ※ EDR: Endpoint Detection and Responseの略称。エンドポイントデバイスの操作や動作の監視を行い、インシデント発生時の対処を行う

お客さま環境に合わせた最適な構成

ネットワーク構成やクラウド利用など、現在のお客さま環境に応じて利便性向上やセキュリティ強化を支援

モデルをベースとした最適なソリューション

複数の構成要素からなるゼロトラストセキュリティをわかりやすくモデル化。
この2つのモデルをベースにお客さまのニーズにあわせて最適な組み合わせでご提案します。

  • リモートアクセス
    強化モデル
    (ハイブリット)
  • セキュア
    PCモデル
    (オープン)

快適さ+セキュリティ

オンプレミスにある情報資産へのリモートアクセスを中心としたモデルです。
オンプレミスとクラウド両方の資産を快適に活用したいユーザーや既存のリモートアクセス環境をベースに
インターネットトラフィックの対策を講じたいユーザーに効果的です。

注1) KDDI Flex Remote Access
注2) KDDI Business ID
注3) KDDI WVS: KDDI Wide Area Virtual Switch、KDDI WVS 2: KDDI Wide Area Virtual Switch 2
注4) パソコン以外からのリモート接続時は、DNSレイヤセキュリティのみ利用可能です。
注5) VPNの通信対象となる宛先アドレスを指定します。

フレキシビリティ+セキュリティ

ゼロトラストセキュリティのノウハウをソリューション化したモデルです。
インターネットとクラウド中心の働き方を志向し、資産の場所やITインフラの管理をクラウドに移行していきたいユーザーに効果的です。

注1) Zscaler Internet Access
注2) Zscaler Private Access

導入後の運用もワンストップで支援

運用もKDDIにおまかせください

従業員からの問い合わせやクラウドのアップデートに合わせたチューニング、セキュリティ運用など、導入後の負荷もKDDIがトータルでサポート。

「マネージド ゼロトラスト」
6つのコンポーネント

KDDIは6つのコンポーネントを最適に組み合わせ
お客さまのITインフラと変化する働き方に応じた安全で利便性の高い環境を実現します。

オペレーション
クラウド・アプリ
セキュリティ
ID(認証・認可・監査)
ネットワーク
デバイス

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

各サービスの紹介

リモートアクセス強化モデル
(ハイブリット)

セキュアPCモデル
(オープン)


ピックアップ