このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

KDDI IoTクラウド デバイス管理

IoT機器ファームウェア更新(FOTA)機能提供します。

KDDI IoTクラウド デバイス管理とは

IoT機器のファームウェア更新(FOTA)機能を提供します。「KDDI IoTクラウド デバイス管理」は、点在する複数のお客さまIoT機器または通信モジュールのファームウェアをウェブ上のサービスポータルより更新できるサービスです。

特長

ファームウェア更新 (FOTA)

長期間安心してご利用いただくために、お客さまIoT機器・通信モジュールのファームウェア更新やバージョン確認を遠隔でおこなうことができます。

  • ※ 通信モジュールのファームウェア更新には、通信モジュールにLwM2Mクライアントの搭載が必要です。また、お客さまIoT機器のファームウェア更新には、通信モジュール「KYW01」、またはLwM2Mクライアントの搭載が必要です。

対象端末

(1) お客さまIoT機器

  • LwM2Mクライアントを搭載したIoTデバイス (注)
  • 通信モジュール「KYW01」搭載したIoTデバイス 

(2) 通信モジュール

  • KYW01
  • LwM2Mクライアントを搭載した通信モジュール (注)
  • 注)接続にはKDDIの認証試験が必要となります。LwM2Mクライアントの実装方法や認証試験の手順につきましては、お問い合わせください。

ご利用料金

料金項目 料金
一時金 加入登録手数料 (税込) 11,000円/社
デバイス登録料 (税込) 110円/台
月額料金 (税込: 1台当たり) 1~1万台 1万1~20万台 20万1~50万台 50万1台~
55円 44円 33円 22円
ファームウェア更新 (FOTA)
(税込: 1台当たり)
55円/回
  • ※ KYW01本体のファームウェア更新の場合、「ファームウェア更新 (FOTA)」の料金はかかりません。(一時金と月額料金は必要となります)
  • ※ 月の途中での、変更・解約などの場合、日割りとならず満額かかります。

 

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ