このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

SSLサーバー証明書

KDDI 法人・ビジネス向け「SSLサーバー証明書」(セキュリティ) のご案内です。KDDIがJPRSのSSLサーバー証明書をご提供します。

SSLサーバー証明書とは

JPRSのSSLサーバー証明書

ウェブサイト所有者の情報・送信情報の暗号化に必要な鍵・証明書発行者の署名データ (ネット上の実印のようなもの) を持った電子証明書です。
SSLサーバー証明書をウェブサーバーに設定することで、安全で機密性の高い通信を実現します。
JPRSは「.jp」の登録管理を行う唯一の組織、JPRSが提供するSSLサーバー証明書です。「.jp」は150万件以上の登録実績があり、JP DNSは設立以来15年以上、無事故・無停止で運用されています。安心と信頼の品質をSSLサーバー証明書でも実現します。

  • ※ JPRSサーバー証明書は「.jp」以外のドメイン名にもご利用いただけます。

ワイルドカード証明書

「*.example.jp」のように、コモンネームの一番左のラベルにアスタリスク (*) を指定したサーバー証明書です。
ワイルドカード証明書は「www.example.jp」「login.example.jp」「member.example.jp」のように、アスタリスクと同一階層のサブドメインのみが異なるすべてのサーバーにインストールできます。
また、JPRSの提供するワイルドカード証明書なら、「*.example.jp」の証明書を「example.jp」のようにアスタリスク (*) を除いたホスト名のサーバーでも利用できます。
そのため、1枚のワイルドカード証明書でこれらのサーバーすべてをHTTPS化でき、コストや作業工数を削減することができます。


注意点

  1. 対応環境
    ワイルドカード証明書は、携帯電話には未対応なため、携帯電話のブラウザからはワイルドカード証明書を設定したウェブサイトを表示することができません。
    • Android搭載携帯電話は除く
  2. 秘密情報の共有が必要
    サブドメインごとにウェブサーバーが異なる場合、1枚のワイルドカード証明書の秘密情報 (秘密鍵) をそれぞれのウェブサーバーに設定する必要があります。同一のドメイン名に属するサブドメインでもウェブサーバーの管理者や運営組織が異なるなど、セキュリティポリシーが異なる場合、通常は秘密情報を共有できません。
  3. 複数階層のサブドメインには対応していない
    ワイルドカード証明書を「*.example.jp」で発行した場合「sub1.example.jp」は利用できますが、別階層のサブドメイン「sub2.sub1.example.jp」ではその証明書を用いることはできません。また「*.*.example.jp」のように、ワイルドカードを同時に複数指定することはできません。

特長

お手頃価格と高い信頼性を両立

JPRSサーバー証明書はリーズナブルな提供価格と、「.jp」のサービスで培った経験から高い信頼性を両立しています。
コストと信頼性の両方を重視したいというお客さまにオススメです。

  • お手頃な価格
    ドメイン認証型 (DV) は年額18,750円、組織認証型 (OV) は年額27,000円と低価格でご利用いただけます。
  • 1枚の証明書で複数のサーバーに導入可能
    コモンネーム単位でサーバー証明書が発行されるため、同一のコモンネームを持つサーバーであれば台数に関係なく、一つの証明書をコピーして利用することができます。サーバーを増設する場合にも追加購入の必要がありません。

安心と信頼のSSLサーバー証明書

「.jp」の登録管理を行う唯一の組織、JPRSが提供するSSLサーバー証明書です。「.jp」は150万件以上の登録実績があり、以来JPRSは設立15年以上、無事故・無停止で運用されています。安心と信頼の品質をSSLサーバー証明書でも実現します。

  • ※ JPRSサーバー証明書は「.jp」以外のドメイン名にもご利用いただけます。
  • 対応環境

    スマートフォン対応
    JPRSのSSLサーバー証明書は、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンやタブレット端末にも対応しています。

    対応環境について

  • サイトシール
  • サイトシールは、SSLサーバー証明書による認証を受けた信頼性の高いウェブサイトの証。特に、電子商取引 (EC) や、個人情報の入力などを必要とするウェブサイトに掲載することで訪問者へ信頼性をアピールできます。
    サーバー証明書を導入しているお客さまがご利用いただけます。
    サイトシールをクリックすると表示されるSSLサーバー証明書の詳細情報は、日本語と英語の2言語に対応しています。

  小 100 x 42ピクセル 中 120 x 50ピクセル 大 140 x 59ピクセル
ドメイン認証型 (DV) ドメイン認証型 (DV) 小 ドメイン認証型 (DV) 中 ドメイン認証型 (DV) 大
組織認証型 (OV) 組織認証型 (OV) 小 組織認証型 (OV) 中 組織認証型 (OV) 大
  小 44 x 70ピクセル 中 56 x 88ピクセル 大 88 x 145ピクセル
セコムパスポート for Web EV (EV) セコムパスポート for Web EV (EV) 小 セコムパスポート for Web EV (EV) 中 セコムパスポート for Web EV (EV) 大

サイトシールの設定方法については、以下のウェブサイトをご確認ください。


プランと料金

プラン名
料金 (1ライセンス当たり)
ドメイン認証型 (DV)
証明書に記載のドメイン名について、登録者または管理者であることを証明する証明書
18,750円/年
ドメイン認証型 (DV)・ワイルドカード証明書
証明書に記載のドメイン名について、登録者または管理者であることを証明する証明書
1枚で複数のサブドメインに対応
93,950円/年
組織認証型 (OV)
証明書に記載のドメイン名について、登録者または管理者であることに加え、
ウェブサイトの運営者・運営組織の法的実在性を認証した証明書
27,000円/年
組織認証型 (OV)・ワイルドカード証明書
証明書に記載のドメイン名について、登録者または管理者であることに加え、
ウェブサイトの運営者・運営組織の法的実在性を認証した証明書
1枚で複数のサブドメインに対応
102,200円/年
セコムパスポート for Web EV (EV)
厳しい審査をクリアした認証強化型
80,000円/年

更新・乗り換え時のお得な特典

  • 更新申請の受付
    [DV/OV]
    更新申請の受付期間は、現在ご利用中のSSLサーバー証明書の有効期限2カ月前の1日からとなります。
    [EV]
    有効期限到来日の90日前より更新のお手続が可能となります。
  • 他社からの乗り換え時に他社残契約期間もプラス
    [DV/OV]
    他社残契約期間のプラスはございません。
    [EV]
    他社残契約期間に1カ月プラスされます。
  • ※対象となるウェブサーバーはアクセスを受け付ける状態であることが条件となります。また、異なる種別での乗り換えはできません。
    (例:組織認証型(OV)からセコムパスポート for Web EV(EV)の乗り換えなど)

安心のサポート

  • 無償再発行
    DV、OVは有効期限の1カ月前までであれば何度でも無償で再発行いたします。
    EVは証明書発行から25日以内、1度限り再発行 (無償) が可能です。

[リポジトリ・利用約款]

  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ


ピックアップ