このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

KDDI Video Management Service

カメラなどのデバイスから取得する映像を、クラウド上に蓄積・管理し、閲覧できるサービスです。
閉域ネットワークへ直接接続可能なセキュアな環境と、さまざまなメーカーのカメラに接続可能な汎用性を両立。複数拠点の映像を、セキュアに統合管理・可視化したいお客さまにオススメです。

KDDI Video Management Service (KVMS) とは?

KDDI Video Management Service (KVMS) とは、各種デバイスから取得した映像を、閉域ネットワークに直接接続されたセキュアなクラウド環境で統合管理・可視化することができるプラットフォームサービスです。
また、サービスに適合したカメラ設備への変更や、データ格納用のサーバーを各拠点で準備するなどといった初期投資も不要。
カメラの機能によっては、映像を複数ストリーム出力することができ、既存設備の録画システムに映像を出力しながら、もう1ストリームを本サービスに出力することが可能なため、複数環境で映像を保存することにより、データの保全性を高めることができます。

特長

12,000機種を超える映像デバイスへの対応

12,000種類以上のカメラへの対応イメージ

KVMSは12,000機種を超えるカメラ・デバイスをサポート。導入タイミングの違いなどによりカメラメーカーが統一されていなくても、規格が合えば導入が可能なため既設の設備を有効活用できます。

  • ※ サポートしているカメラの機種は、こちらをご参照ください。
  • 2022年10月時点

ユースケース

KVMSの強みを生かしさまざまな用途で活用いただけます!

統合管理・可視化のユースケース

[1] 統合管理・可視化

各拠点のオンプレミス環境に分散している映像データを、セキュアなクラウド上で統合管理・可視化。

映像監視の省力化のユースケース

[2] 映像監視の省力化

常に映像を監視するのではなく、映像に動き (モーション) を検知したら、自動的にメールアラートを発報することが可能。

映像のクラウドバックアップのユースケース

[3] 映像のクラウドバックアップ

不慮の災害などでオンプレミスの録画データを消失しても、KVMSにも映像データをを保存しておくことで、クラウド上でデータのバックアップが可能。

機能

閲覧・操作

パソコン/Webブラウザ/モバイルから閲覧・操作が可能

提供機能内容詳細
モニタリング 画面分割設定
モニター画面は最大100画面まで分割して同時閲覧でき、表示画面のパターンも自由に設定が可能
スマート検索
録画映像の動き (モーション) を検知した映像のみを瞬時にピックアップしサムネイル化、映像振り返りを簡素化・円滑化することが可能
動き (モーション) 検知によるメールアラート連携
事前に定義した動き (モーション) を検知した際に、検知時の前後の映像を動画ファイル化し送信が可能
  • ※ お客さまのSMTPサーバー連携が必要です。
カメラ操作
スマートフォン撮影動画のアップロード
スマートフォンで撮影した動画をKVMSにアップロードすることが可能 (音声取得・録画も可能)
PTZ (Panoramic/Tilt/Zoom) 操作
KVMSのビューアー画面から、カメラ操作・制御が可能
  • ※ カメラ側が、PTZ機能を具備している必要があります。
マッピング連携
地図やCADデータの取り込み

マップ上にカメラ位置の紐づけが可能

マップのカメラアイコンから、映像閲覧画面へのショートカットが可能


管理

専用管理コンソールから管理 (設定) が可能

提供機能内容詳細
ユーザー

権限管理

ユーザーのロールを分け、管理者と利用者それぞれに利用可能な機能を定義することが可能

カメラ設定

各カメラのグルーピング管理

カメラの設置場所など、設置カメラをグルーピングすることにより、大規模にカメラを導入する際の管理工数を低減

取得映像
設定
画質 (HD・4Kなど)・フレームレート
画質・フレームレート・保存期間 (日数) など、お客さまのニーズに合わせて柔軟に設定・変更が可能

映像データ保存期間

カメラごとに録画映像の保存日数を設定可能

料金

メニュー課金単位ご利用料金 (月額・税込)
基本料金契約ごと88,000円
デバイス接続料金デバイスごと3,300円
ストレージ利用料金実利用量に応じ、1TBごと5,500円
  • ※ 本サービスのご利用にあたっては、カメラが本サービスに接続するために、カメラ設置拠点側のKDDI閉域ネットワークサービスのアクセス回線 (リモートアクセス用含む) が必要になります。
  • ※ 本サービスのご利用料金に、前述のアクセス回線費用は含まれておりません。
  • 【デバイス接続料金について】
  • ※ カメラにスピーカー・マイク・入出力デバイスが接続されている場合、必要なデバイス接続料金はカメラの1台分のみです。
  • また、複数のカメラを接続しているビデオエンコーダーを本サービスに取り込んだ場合も、必要なデバイス接続料金はビデオエンコーダーの1台分のみです。
  • ※ 一部のスピーカー・マイク・入出力デバイスはカメラを介さず直接、本サービスに取り込むことができます。
  • その際は、取り込んだスピーカー・マイク・入出力デバイスごとにデバイス接続料金が必要です。
  • ※ モバイル端末を用いてビデオプッシュ機能を使用する場合は、ビデオプッシュ機能を設定するモバイル端末1台ごとにデバイス接続料金が必要です。
  • ※ 本サービスで接続できるカメラ数には上限があります。なお、上限数は、カメラの設定内容により変わります。
  • 【ストレージ利用料金について】
  • ※ ストレージ利用量は、カメラ台数・映像のデータサイズ・映像の保存期間などにより変化します。
  • 映像のデータサイズは、解像度やビットレートなどのカメラ設定値により変化します。映像の保存期間は、KVMSへ取り込んだカメラごとにお客さまにて設定いただきます。
  • ※ ストレージは、映像保存期間が0日であっても、最低1TB分の課金 (5,500円 (税込)/月) が発生します。

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ