このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

フリーコールS

機能

フリーコールSは「0120」または「0800」ではじまる通話料金着信者払いサービスです。
覚えやすいフリーコール番号でお客さまのビジネスチャンスをサポートします。

基本サービス

無料で使える便利なオプションサービス

有料で使えるオプションサービス

発着信可能な回線

0120番号、0800番号へのフリーコールへ発信できる事業者・回線サービス

事業者名称 回線サービス名称
NTT東日本、NTT西日本 加入電話、INS (公衆電話を含む)、ひかり電話、法人向けひかり電話
KDDI KDDI 光ダイレクト、KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet、KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch、auひかり 電話サービス、ケーブルプラス電話
ソフトバンク クイックライン、おとくライン、ケーブルライン、Yahoo! BB ADSL、Yahoo! BB 光など
NTTコミュニケーションズ ひかりライン
NTTドコモ -
KDDI (au) -
沖縄セルラー電話 -
ジュピターテレコムグループ J:COM PHONE、J:COM PHONE-i、J:COM PHONEプラス
Coltテクノロジーサービス VoiceLINE
東北インテリジェント通信 トークIPフォン・オフィス、TOHKtalk office
楽天モバイル 携帯キャリアサービス利用の携帯電話
楽天コミュニケーションズ IPビジネスダイレクト (0AB~J)・(DTI: DTIファンひかり、エネルギアコム MEGA EGG IPファンなどを含む)
中部テレコミュニケーション CTC IP Centrex、コミュファ光電話
オプテージ eo光電話、光電話オフィス
エネルギアコム MEGA EGG光電話
STNet ピカラ光でんわ、お仕事ピカラ光でんわ
QTnet BBIQ光電話
アルテリア・ネットワークス MEDIA IP PHONE
ZIP Telecom -
三通 総合ディジタル通信サービス
  • ※ 各社の「050 IP電話」からフリーコールへの発信は規制されています。
  • ※ 0AB~J番号とは、03 (東京) や06 (大阪) などから始まる番号のことをいいます。

KDDIのフリーコール着信回線としてご契約いただける事業者・回線サービス

事業者名称 回線サービス名称
NTT東日本、NTT西日本 加入電話、INS、ひかり電話、法人向けひかり電話
KDDI KDDI 光ダイレクト、KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet、KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch、auひかり 電話サービス、ケーブルプラス電話
ソフトバンク クイックライン、おとくライン、ケーブルライン、Yahoo! BB ADSL、Yahoo! BB 光など
ジュピターテレコムグループ J:COM PHONE、J:COM PHONE-i、J:COM PHONEプラス
ベライゾンジャパン -
Coltテクノロジーサービス VoiceLINE
東北インテリジェント通信 トークIPフォン・オフィス、TOHKtalk office
中部テレコミュニケーション CTC IP Centrex、コミュファ光電話
オプテージ eo光電話、光電話オフィス
エネルギアコム MEGA EGG光電話
STNet ピカラ光でんわ、お仕事ピカラ光でんわ
QTnet BBIQ光電話
アルテリア・ネットワークス MEDIA IP PHONE
ZIP Telecom -
三通 総合ディジタル通信サービス

フリーコール着信先回線サービスのオプション

フリーコール番号通知

「フリーコールS」契約者回線からの発信の際、一般の電話番号の代わりに、フリーコール番号をナンバーディスプレイなど発信者番号表示機能のある着信側端末などに通知します。

  • ※ 0077フリーコール番号を通知することはできません。
  • 「フリーコールS」の着信先として利用している回線のみ申し込むことができます。
  • 「KDDI 光ダイレクト」およびNTT回線 (アナログ、INS) のいずれも利用できます。ただし、回線種別により設定方法など異なります。また、NTT回線で利用する場合、名称は特定番号通知機能になります (月額の基本料金は、NTT東日本・西日本からの請求となります)。
  • 実際のご利用にあたっては、内容を確認の上、別途設定方法などをお知らせします。
  • 料金は、下記フリーコール着信先回線サービスのページでご確認いただけます。

こんな時に便利です

  • 実番号が知られないように発信者番号を非通知にする必要はありません。
  • フリーコール番号を発信者番号として表示させることで、折り返しの電話をかけていただきやすくなります。

もっと複雑な設定や機能を使いたい方にオススメのサービス「フリーコールDX」

フリーコールサービスには2つのサービスがあります。

「フリーコールS」は、必要最低限のシンプルな機能のみを提供し価格をリーズナブルに抑えたサービスです。「フリーコールDX」は「フリーコールS」よりも高機能な付加サービスを幅広く取りそろえたサービスです。ご希望の機能が上記にない場合、是非「フリーコールDX」のサイトもご覧ください。

このような方には「フリーコールDX」がオススメです

  • 「フリーコールS」以上の複雑な設定をしたい。
  • 複数拠点のコールセンターを構築したい。
  • 1番プッシュは東京拠点、2番は大阪拠点などつながる先を柔軟に変更したい。
  • オペレーターの人数が違う拠点にで、電話のかかってくる比率を割り振りたい。
  • 電話回線がいっぱいになってしまった際、電話をかけてきた方に待ち合わせのアナウンスを流してお待ちいただきたい。
  • ※「フリーコールS」から「フリーコールDX」への切り替えは、ご契約後でも可能です。
  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

ピックアップ