このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

ニューノーマル時代の
スマートファクトリー

さまざまなデータ活用して、製造現場のDXを実現

製造現場には、まだデジタル化されていない業務領域数多く残っています。
そうした個々の業務デジタル化を進めることが、スマートファクトリーへの第一歩です。
COVID-19の影響対面でのコミュニケーションが難しくなっている現在
デジタルデータを介した場所時間に捉われない情報共有急務となっています。

製造現場のデジタライズがスマートファクトリーへの基本

いまや各業界にDX (デジタルトランスフォーメーション) の波が押し寄せています。
インダストリー4.0 (第四次産業革命) 」を目指製造業の取り組みのひとつとして、スマートファクトリーがあります。
スマートファクトリーとは、工場のさまざまなデータ集積分析することで、生産プロセス高度化する仕組みです。
製造現場サプライチェーン迅速意思決定、新しいビジネス創出役立てることでしょう。
その第一歩になるのが、現場における個々の業務デジタル化です。


新型コロナウイルスで対面のコミュニケーションがしにくくなった

新型コロナウイルスの拡大は、製造現場にも大きな影響を与えています。
例えば、現場作業する人員制限される、移動制限によるコミュニケーション不足、紙ベースでの帳票回覧による感染リスク増大といったことです。

こうした課題解決するためにも、離れた場所からでも状況把握ができ、
現場スタッフにわかりやすく指示指導ができる仕組みが求められています。

製造現場における3つの課題と解決策



課題 01. 製造ラインの停止が多く、稼働状況を見える化できていない


現場スタッフスキルレベル標準化されておらず業務属人化
エラー見落としなどによるライン停止頻繁発生している。
また、稼働状況デジタルデータ化されていないため、リアルタイム把握できていない。

例えば…
入社したばかりのローカルスタッフ設備点検にあたっていたが、
エラーを⽰す設備信号⾒逃してしまい、製造ラインストップ
問題発⽣気付くのに時間がかかり、復旧まで時間がかかってしまった。


おすすめサービス

製造ライン設置したセンサー情報自動的かつ遠隔収集し、
分析ができる製造業向けのIoT (Internet of Things) 設備導入がおすすめです。
今までのように現地に人が常駐し、稼働状況確認することなく設備稼働状況自動的に吸い上げ、データとして蓄積。
万が一異常検知した場合アラームを出すことで、効率的オペレーション実現します。
 



課題 02. 離れた場所から作業現場に的確な指⽰が出せない


現場
作業担当者電話コミュニケーションするのは、作業現場で手が塞がるリスクや、
言語の壁による伝達ミスを考えると避けたい。
離れた場所から的確指示ができる仕組みが求められている。

例えば…
入国制限されている国の工場トラブル発生
状況ローカルスタッフ電話確認したが現場状況がうまく理解できず、正確指示ができなかった。


おすすめサービス

リアルタイム現場状況把握できるスマートグラスがおすすめです。
音声映像伝送可能アプリケーションを組み合わせることで、
現地スタッフの手が塞がっている状況でもハンズフリー現場情報伝達可能です。
 




課題 03. 紙ベースの帳票は記載ミスが多く、データの再利用ができない


ベース帳票では、記載ミス紛失リスク印刷保管コスト発生する。
また、紙の回覧による時間ロス対面コミュニケーションによる新型コロナウイルス感染リスクもある。
データの2次利活用のためにも、紙帳票デジタル化したい。

例えば…
言語スキルの低い現地スタッフ記入した帳票内容誤読され、
チェック状態製品出荷されてしまった。


おすすめサービス

手書きによる直接記入を行わないデジタル帳票への移行がおすすめです。
タブレット端末による帳票管理は、紙媒体と異なり保管印刷コスト不要なため長期的コスト削減寄与するほか、
データ⼀元化検索といった利便性向上させます。
さらにプルダウンチェックボックス活用により誤記入リスク削減し、また紛失リスク最小化することも可能です。
 

他の課題を見る


ピックアップ