このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

サービス提供:freee株式会社

クラウド会計ソフトfreee

クラウド会計ソフト市場で法人シェアNo.1を占め、大企業から中小企業までバックオフィス全体のシステム効率化を図る機能・サービスを提供します。

クラウド会計ソフトfreeeとは

クラウド会計ソフトfreeeは、クラウド会計ソフト市場で55.2%と法人シェアNo.1※を占め、大企業から中小企業までニーズに応じた機能・サービスを提供します。経営志向が強いシステムのため、経営を軽くすることに特化し、バックオフィス全体のシステム効率化を図っています。

  • ※  シミラーウェブ、ローカルフォリオ(2019年10月)

特長

1. 作業をスムーズに

クラウド化で膨大な紙の書類はすべて電子化、場所や管理にとらわれないペーパーレスなオフィスを実現します。オフィス・自宅・移動中・海外どこにいてもインターネットがあればコミュニケーションがとれます。また、バラバラな業務ツールをfreeeに集約することで、経理に必要なデータは自動で帳簿に取り込むことが可能です。入力工数の削減や入力ミスの低減に貢献するだけでなく、コメントの共有・通知機能で迅速な意思疎通にも貢献。業務の効率化をサポートします。


2. 経営状況の見える化

リアルタイムに集まる取引(仕訳)情報に、「商品」や「部門」などの業務情報を自由にタグ付けでき、そのデータから経営レポートが自動で生成されるため、多角的な分析を手軽に行えます。
また、レポートから稟議書までを一括で管理することで、問題が発生した際の原因の特定も可能です。

エクセルアドイン(freee独自関数
自動でfreeeの財務データをExcelに転記します

予実管理
リアルタイムに仕訳が生成され、
リアルタイムな予実管理が可能です。


3. 人手不足の解消

個人単位で参照していた紙主体の業務フローから、どこにいても全員が同じデータを参照するクラウド環境の確立により業務フローの無駄を削減、これまでよりも少ない人員で業務を効率的に運用することが可能です。
また、場所に縛られずに業務が可能なため時短勤務や在宅勤務の方といったさまざまな働き方にも柔軟に対応が可能。
工数の削減および、業務可能な人材層の拡大という双方のアプローチで人手不足の解消に貢献します。

料金

ミニマムプラン
ベーシックプラン
プロフェッショナルプラン
年額
1,980
3,980
39,800
機能
  • ・ユーザー上限3名まで
  • ・効率的な記帳機能
  • ・決算書の作成
  • ・見積・請求・納品書作成
  • ・入金・支払管理
  • ・チャット/メールサポート

  • >機能ごとの詳細はこちら
  • ・ミニマムプラン全機能
  • ・ユーザー3名まで
  • ・請求書の定期・一括請求機能
  • ・従業員の経費精算機能
  • ・ワンクリックで振込
  • ・電話サポート

  • >機能ごとの詳細はこちら
  • ・ベーシックプラン全機能
  • ・ユーザー10名まで無料
  • ・予実管理機能
  • ・一括消込機能
  • ・稟議 (ワークフロー) 機能
  • ・部門別給与仕訳連動
  • ・CRM (salesforce/kintone) 連携
  • ・より複雑な部門設定
  • ・各種申請機能
  • ・支払依頼機能
  • ・見積書・納品書・請求書・発注書作成の承認機能
  • ・汎用ワークフロー・会計一体型の多段階承認機能

  • >機能ごとの詳細はこちら
  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが導入へのご相談やお見積りをいたします。
何かご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


ピックアップ