このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

Zadara Cloud Storage

オンデマンドで利用可能、マルチクラウドに対応したフルマネージドのストレージサービスです。

お知らせ

【2020年11月更新】申込受付の開始について

「Zadara Cloud Storage」 のご利用お申し込み受付を2020年11月30日より開始いたしました。
お申し込みにつきましてはKDDI法人営業担当者または法人お客さまセンターまでお問い合わせください。

Zadara Cloud Storageとは

KDDI Wide Area Virtual Switch/2(以下WVS)直結でご利用可能なフルマネージドのマルチクラウドストレージサービスです。
クラウドストレージの柔軟性と、オンプレミスの専有性の双方を兼ね備え、オンプレミス、クラウドに関わらずお客さまが抱えるストレージに関する課題の解決に貢献します。
 

zadara cloud strage

1.スケーラブルなストレージをオンデマンドに

データの実績に応じて容量追加、利用した容量に応じてお支払いが可能です。
従来のような将来のデータ容量を予測してストレージに投資する必要がなく、利用した分だけの料金をオンデマンドでお支払いいただくことで、不要な出費を防ぎます。

2.安心のセキュリティ

物理ディスクはユーザーごとの専有ディスクになります。
またディスク自体の暗号鍵をお客さまに設定いただくことで、よりセキュアにデータを保存することも可能です。
ご利用終了後にはディスクシュレッド機能を利用することで、お客さまがご自身でディスク内のデータを削除した上でリソースを解放していただけます。これにより、運用から削除まで安心してご利用いただけます。

※ドライブ全体をランダムデータで少なくとも3回上書きすることにより、ドライブ上のデータを消去するプロセスです。

3.データ管理の効率化

複数プロトコル対応により、これまで個別に設計・実装していたストレージのデータを集約することで、データの集中管理・運用が可能となります。また、ストレージ自体フルマネージドでのご提供となり、管理者は煩雑なストレージ装置の運用から解放されます。

機能

全てのデータを単一のサービスに保存。任意のデータタイプ、プロトコルでご利用が可能です。

対応ストレージ
ブロックストレージ ファイルストレージ オブジェクトストレージ
対応プロトコル iSCSI NFS・CIFS・ SMB Swift・S3
特長 データ保護機能(ポリシーベースのスナップショットなど)
ボリュームマイグレーション
シン・プロビジョニング
AD連携
クオータ機能
VSS対応
McAfeeアンチウイルス
専有リソースでのオブジェクトストレージ提供
PBの容量に対応可能

※有償オプション

管理機能

ウェブベースの管理インターフェースを通じて、ストレージシステム全体を制御します。
ダッシュボードによるパフォーマンスの可視化や、必要に応じたストレージの容量追加または削減ができます。
また、自動アラート機能、手動およびポリシーに沿って動作するデータ保護機能によりストレージの異常を見落とすことなく管理することが可能です。


暗号化によるセキュリティ担保

データを暗号化して保存できます。暗号鍵はお客さまによって生成・管理することができ、保存データをお客さま以外によるアクセスから保護します。


サポート体制

24時間365日、リアルタイム運用とサポートで99.99%の稼働率を保証。
ハードウェアのEOL対応やソフトウェアのパッチ適用・アップデートは、お客さまの業務に影響を及ぼすことなく実施します。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ