このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

Zadara Cloud Storage

オンデマンドで利用可能、マルチクラウドに対応したフルマネージドのストレージサービスです。

お知らせ

【2022年8月更新】西日本サイトの提供開始によるDR対策・BCP対策の実現について

2022年8月31日から、複数クラウドサービス間でのデータ共用により企業マルチクラウド活用支援するクラウドストレージサービス「Zadara Cloud Storage」西日本サイト提供開始します。
既に提供済みの東日本サイトとあわせて本サービスリモートミラーリングすることでストレージを地理的冗長化し、災害障害時に備えたDR対策・BCP対策実現します。

詳しくは以下をご参照ください。

【2022年3月更新】Backup to Object Storage (B2OS) のオブジェクトストレージへのデータ転送無償化について

Zadara Cloud Storageでは、スナップショットオブジェクトストレージバックアップする際に、転送したデータ容量に対する料金として1GB当たり税込5.72円を請求しておりましたが、2022年3月1日ご利用分から無償となります。

いままでオブジェクトストレージデータを書き込む際に増分となる容量予測することが難しく、月額料金総額予測にも影響しておりました。これを無償とすることで設計設定以外料金変動要因がなくなり、予測可能となります。

バックアップ回数を増やすことをためらわれていたお客さまに置かれましても、今後はお気軽バックアップ実施いただけます。

【2021年7月更新】バージョンアップによるメニュー追加について

今般バージョンアップを行い、新機能 (自動階層化・ファイルライフサイクル)についてご利用いただけるメニュー追加されます。


Zadara Cloud Storageとは

KDDI Wide Area Virtual Switch / 2 (以下WVS) 直結でご利用可能フルマネージドマルチクラウドストレージサービスです。
クラウドストレージ柔軟性と、オンプレミス専有性双方を兼ね備え、オンプレミスクラウドに関わらずお客さまが抱えるストレージに関する課題解決貢献します。

クラウドストレージの柔軟性と、オンプレミスの専有性の双方を兼ね備え、集約したデータをまとめて保護。バックアップやDRを効率的に実装

1.スケーラブルなストレージをオンデマンドに

データ実績に応じて容量追加利用した容量に応じてお支払いが可能です。
従来のような将来データ容量予測してストレージ投資する必要がなく、利用した分だけの料金オンデマンドでお支払いいただくことで、不要出費を防ぎます。

2.安心のセキュリティ

物理ディスクユーザーごとの専有ディスクになります。
またディスク自体暗号鍵をお客さまに設定いただくことで、よりセキュアデータ保存することも可能です。
利用終了後にはディスクシュレッド機能利用することで、お客さまがご自身ディスク内のデータ削除した上でリソース解放していただけます。これにより、運用から削除まで安心してご利用いただけます。

  • ドライブ全体ランダムデータで少なくとも3回上書きすることにより、ドライブ上のデータ消去するプロセスです。

3.データ管理の効率化

複数プロトコル対応により、これまで個別設計実装していたストレージデータ集約することで、データ集中管理運用可能となります。また、ストレージ自体フルマネージドでのご提供となり、管理者煩雑ストレージ装置運用から解放されます。

機能

全てのデータ単一サービス保存任意データタイププロトコルでご利用可能です。

対応ストレージ
ブロックストレージ ファイルストレージ オブジェクトストレージ
対応プロトコル iSCSI NFS・CIFS・ SMB Swift・S3
特長 データ保護機能(ポリシーベースのスナップショットなど)
ボリュームマイグレーション
シン・プロビジョニング
AD連携
クオータ機能
VSS対応
McAfeeアンチウイルス
専有リソースでのオブジェクトストレージ提供
PBの容量に対応可能

※有償オプション

管理機能

ウェブベース管理インターフェースを通じて、ストレージシステム全体制御します。
ダッシュボードによるパフォーマンス可視化や、必要に応じたストレージ容量追加または削減ができます。
また、自動アラート機能手動およびポリシーに沿って動作するデータ保護機能によりストレージ異常見落とすことなく管理することが可能です。


暗号化によるセキュリティ担保

データ暗号化して保存できます。暗号鍵はお客さまによって生成管理することができ、保存データをお客さま以外によるアクセスから保護します。


サポート体制

24時間365日、リアルタイム運用サポートで99.99%の稼働率保証
ハードウェアのEOL対応ソフトウェアパッチ適用・アップデートは、お客さまの業務影響を及ぼすことなく実施します。


リモートミラーリング機能

東日本サイトに加えて新たに西日本サイト増設し、2箇所より提供開始いたしました。
東日本サイトと西日本サイトの提供内容はほぼ同様(注1) のため、お客さまのご都合によりご利用場所選択いただけるようになります(注2)

■ 西日本サイトの利用によるDRの実現

東西サイト両方利用いただく場合には、VPSAストレージアレイリモートミラーリング機能による国内東西を跨いだディザスタリカバリソリューション実現できます。ミラーリング用回線無償でご利用いただけます(注3)

東日本サイトと西日本サイトの両方をご利用いただく場合は、VPSAストレージアレイのリモートミラーリング機能によるディザスタリカバリソリューションが実現可能、ミラーリング用回線も無償ご提供
  • 注1) 西日本サイトには3.8TBのSSDがありません。また、東日本サイトより単一のRAIDグループ構成可能最大ディスク数が少なくなっており、東日本サイトと同じRAID構成が採れない場合がございます。
  • 注2) これまで東日本サイトをご利用いただいているお客さまが西日本サイトをご利用する場合別途申込必要です。
  • その場合東西プールサイズが同じくらいとなるような構成をそれぞれでご利用ください。
  • 注3) ミラーリング無償でご利用いただけますが、ミラーを受ける側にもVPSAが必要です。
  • 注4) KCPS :「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の略称です。

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ

カテゴリ