このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

KDDI インターネットゲートウェイ

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI インターネットゲートウェイ」(帯域確保型インターネット) のご案内です。高品質インターネット接続環境実現したい企業さまにおすすめです。auユーザー向けにコンテンツ配信する企業さまは、複数ネットワーク経由しないため遅延が少なく快適配信可能です。サービス品質保証制度SLAの提供やIPv4/IPv6接続可能プロフェッショナルニーズ対応します。

インターネットゲートウェイとは

「KDDI インターネットゲートウェイ」は、国内最大級のKDDI インターネット網へ直接接続することで、高い信頼性と品質を提供する帯域確保型のインターネットサービスです。企業の基幹回線・ISPやクラウド事業者など、常に安定した高品質なインターネット環境を構築したいお客さまにご利用いただいています。

回線接続形式は『KDDIデータセンター内接続』または『アクセス回線接続』があり、BGPプロトコル・IPv6接続にも対応していますので、お客さまのご利用用途に合わせた接続形式を選択可能です。

データセンター内接続 アクセス回線接続

特長

1. 安定した高品質な運用

大手町・大阪のKDDIデータセンターには、JPIX (IX事業者) (注1) を配置し効率の良いネットワーク構成を実現。
auユーザー向けにウェブコンテンツを配信する場合は最短ルートになり、遅延の少ない効率的なインターネット接続を提供します。

  • 注1) JPIXとは、日本インターネットエクスチェンジ株式会社によって運営されている、インターネット上の相互接続点 (IX: Internet eXchange) の名称。インターネット接続事業者 (ISP) やコンテンツ事業者が、JPIXなどのIX事業者へ接続することで、無駄な中継をせず、経済的で接続品質を保った、インターネットの相互接続を実現する。
    JPIX
    ※ 外部サイトへ移動します。

KDDIインターネットゲートウェイを大手町・大阪中央に収容し、JPIXへ加入した場合

余計な経路を通らず、最短ルートでauユーザーや大手ISPエンドユーザーまでコンテンツを配信するため、遅延の少ない効率的なインターネット接続を実現します。

KDDIインターネットゲートウェイを大手町・大阪中央に収容し、JPIXへ加入した場合

他社ISPをご利用し、IX事業者のご利用がない場合

auユーザーや大手ISPエンドユーザーまで、さまざまな経路を通ってコンテンツを配信するため、上記に比べ遅延が発生しやすいインターネット接続となります。

他社ISPをご利用し、IX事業者のご利用がない場合

2. 大容量バックボーンネットワーク

国内・海外ともに最大級の大容量バックボーンネットワークを誇るKDDIインターネット網で、ブロードバンドアクセスの持つパフォーマンスを最大限に発揮します。詳しくは以下をご参照ください。


3. DDoS攻撃 (注2) も安心

付加サービスとして「KDDI DDoS対策サービス」を備えています。DDoS攻撃時も、安心してお客さまの事業を継続することができます。詳しくは以下をご参照ください。

  • 注2) DDoS (Distributed Denial of Service) 攻撃とは、標的となるインターネット上の公開サーバやネットワークに対して複数の分散された端末から大量の不正なパケットを送る、サービスの停止を目的としたサイバー攻撃手法のひとつ。

4. サービス品質保証 (SLA)

4項目の基準値を設定したサービス品質保証を提供しています。詳しくは以下をご参照ください。


5. IPv6接続に対応

デュアルスタックルータによるIPv4/IPv6接続に標準で対応しています。詳しくは以下をご参照ください。

  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

ピックアップ