このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる
KDDI Security Cloud

機能

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Security Cloud」(セキュリティ) のご案内です。さまざまなセキュリティ機能をご利用いただけます。

Webセキュリティ by Symantec

『Webセキュリティ by Symantec』は、ウェブウイルスチェック・URLフィルタリング・サンドボックス・Audit連携 (注1) の4つの機能からなります。
ウェブのご利用における万一の脅威から、お客さまをお守りします。

ウェブウイルスチェック

ウェブサイトを閲覧する際にウイルスチェックを行い、悪意のあるウェブサイトからのウイルス感染を抑止します。
2つの異なるパターンファイルを持つデュアルアンチマルウエアエンジンで、検知率が向上、ウイルス検知の抜け漏れを防ぎます。

URLフィルタリング

業務上不適切なウェブサイトやフィッシングサイトなど、インターネット上の危険なウェブサイトへのアクセスを制限し、適切で安全なウェブサイトのみのご利用を実現します。

サンドボックス

外部から受け取ったプログラムを仮想環境で実行し、そのふるまい・内容を分析して、未知のウイルスを検出することにより、ゼロデイ攻撃 (注2) を防御します。

Audit連携

ウェブ通信のログを解析し、エンドユーザーのクラウドサービスのご利用状況を見える化します。これにより、シャドーIT (注3) や認可していないクラウドサービスの利用を検出します。

スマートデバイス対応

iPhone/Android (TM) 端末のウェブ通信において、同一のポリシーを適用し、管理することが可能です。

  • 注1) Audit連携は別途、SaaSセキュリティ by Symantecのメニュー『CASB Audit』のお申し込みが必要です。
  • 注2) ゼロデイ攻撃とは、ソフトウエアの脆弱性を標的とした攻撃のうち、脆弱性の発見から修正プログラムなどの対策が提供されるまでの時間差を利用し実行される攻撃のことです。
  • 注3) シャドーITとは、企業に所属する従業員が、その管理下にないIT機器やツールなどを業務上で使用する行為です。
Webセキュリティ by Symantec
  • 注4) YARAは、マルウエア解析・検知ツールです。

メニュー

ご契約のメニューにより、ご利用いただける機能が異なります。

メニュー 機能
ウェブウイルスチェック URLフィルタリング サンドボックス スマートデバイス対応 Audit連携 (注5)
スタンダード × ×
アドバンスト

Emailセキュリティ by Symantec

『Emailセキュリティ by Symantec』は、Eメールウイルスチェック・アンチスパム・サンドボックスの3つの機能からなります。
Eメールのご利用における万一の脅威から、お客さまをお守りします。

Eメールウイルスチェック

Eメール送受信時にウイルスチェックを行い、Eメールを媒体としたウイルス感染を防ぎます。クラウド専用の高機能ウイルス検出エンジン『Skeptic』(注6) により、多角的なチェックを行い、ウイルスを検出します。

アンチスパム

Eメール受信時にスキャンを実行し、スパムメールと判断したEメールに対して隔離、削除など事前に設定した制御を行います。

コンテンツコントロール

Eメール受信時、添付ファイルが拡張子や画像ファイルである場合、分析し、疑わしいEメールと判断した際は管理者へ転送するなどの処理を実行します。

サンドボックス

Eメール受信時、仮想・物理の両環境でプログラムを実行し、その振る舞い・内容を解析して未知のウイルスを検出することにより、ゼロデイ攻撃 (注7) を防御します。

  • 注6) Skepticは、シマンテック社が独自開発したセキュリティ対策技術の一つ。自立循環型テクノロジーで、予測ベースのヒューリスティック技術を使用し、メールに悪質なコードが含まれていないかを判断します。
  • 注7) ゼロデイ攻撃とは、ソフトウエアの脆弱性を標的とした攻撃のうち、脆弱性の発見から修正プログラムなどの対策が提供されるまでの時間差を利用し実行される攻撃のことです。
Emailセキュリティ by Symantec

メニュー

ご契約のメニューにより、ご利用いただける機能が異なります。

メニュー 機能
Eメールウイルスチェック アンチスパム コンテンツコントロール サンドボックス
スタンダード × ×
アドバンスト

SaaSセキュリティ by Symantec

『SaaSセキュリティ by Symantec』 は、CASB Audit・CASB Gateway・CASB for SaaSの3つのメニューからなります。(注8)
エンドユーザーのクラウドサービス利用において、管理者さまの監視・制御・運用をサポートをします。

CASB Audit

ウェブ通信のログを解析し、エンドユーザーのクラウドサービスのご利用状況を見える化します。これによりシャドーIT (注9) や認可していないクラウドサービスの利用を検出します。

CASB Gateway

クラウドサービスへのアクセス、ファイルのアップロードなどを監視します。非認可のクラウドサービス利用や、重要ファイルのアップロードなどを検出、制御します。

CASB for SaaS

クラウドサービス内でのエンドユーザーの利用状況を見える化、外部アカウントとのファイル共有などを監視、制御します。また、不自然な地域や時間帯でのアクセスなど、怪しい振る舞いを監視し、なりすましや不正利用を検出します。

  • 注8) CASB (Cloud Access Security Broker: キャスビー) とは『可視化』『データセキュリティ』『コンプライアンス』『脅威防御』の4つを満たすSaaSご利用時のセキュリティ確保手法です。
  • 注9) シャドーITとは、企業に所属する従業員が、その管理下にないIT機器やツールなどを業務上で使用する行為です。
SaaSセキュリティ by Symantec

本サービスへのお問い合わせ

何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ