このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる
Smart Workコラム vol. 36

デスクトップをクラウドで!?
安全なハイブリッドワーク環境を整える「DaaS」とは?

2022 9/26
近年の新型コロナウイルスの影響により、多くの企業で「テレワークと出社を組み合わせて働く」いわゆるハイブリッドワークへと、働き方が大きく変わりつつあります。
ハイブリッドワークの実現に向けた環境整備は、優秀な人材の確保や従業員エンゲージメントの向上といった効果も期待され、今後も取り組みが進むことが予想されます。
本記事では、ハイブリッドワーク環境を安全に整える実現手段として、注目されている「Desktop as a Service (DaaS) 」について解説します。

DaaSとVDIとの違いは?

まずはじめに、DaaS (Desktop as a Service) とは普段業務で使っているデスクトップPC をクラウド上に構築し、自宅外出先からアクセス利用するサービスです。これによって、デバイスデータ分離し、どこからでもテレワーク実現することができます。DaaSの最大特長は、データ端末に残らずにクラウド上に保存されているため、仮にデバイス紛失したとしても、情報漏えいのリスク低減できることと言えるでしょう。

従来からある仮想デスクトップのVDI (Virtual Desktop Infrastructure) と何が違うのかと思われる方も多いかと思いますが、サービス提供する基盤に違いがあります。 VDIは自社管理するデータセンター社内ハードウェア機器設置し、VDIを実現するためのソフトウェア環境構築しますが、DaaSは、ハードウェア機器の代わりにクラウド利用するという点で異なります。


2大DaaSサービス
「Amazon WorkSpaces」 と「Azure Virtual Desktop」 の特長

そんなDaaSの主要製品には「Amazon WorkSpaces」と「Azure Virtual Desktop」の2つがあります。

「Amazon WorkSpaces 」は1台から月額数千円利用可能で、用途に合わせたさまざまなスペックタイプデスクトップ選択できます。「Amazon WorkSpaces」の大きな魅力は、コスト体系構成シンプルでわかりやすいことです。検討段階コスト感が把握しやすく、シンプルですぐに使えるという利点があります。

「Azure Virtual Desktop」はマイクロソフト社が提供するDaaSサービスで、Microsoft 365やTeamsなどのMicrosoft製品との親和性が高いサービスとなっています。
「Azure Virtual Desktop」の最大特長は、1つの仮想デスクトップ同時複数人利用することができるマルチセッション機能がついていることです。複数ユーザー同一コンピューター同時利用することで、1人当たりの仮想デスクトップ費用を抑えることができ、その結果コストメリットを出すことが可能になります。

Azure Virtual Desktop
シングルセッションとマルチセッション

<各サービスの比較ポイント>
Amazon WorkSpaces
Azure Virtual Desktop
提供元
Amazon Web Services
Microsoft
料金体系
定額課金、従量課金
従量課金
利用可能OS
Windows Server
(Windows 10 デスクトップエクペリエンス)
Linux
Windows 10 / Windows 11
Windows Server
アクセス経路
インターネット経由
インターネット経由
※別製品と併用で閉域利用可
アクセス方法
専用クライアントまたはWebブラウザ
マルチセッション接続
なし
あり
AD連携
必須
必須
Azure AD Domain Servicesとの連携でも可
Office 365利用
Office 365は不可 (注)
Amazon WorkSpaces Windows Bundle版OSオプション利用でOffice2016または、Office2019のProPlus利用可
注) Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access
ライセンス購入で利用可能

まとめ

KDDIではDaaSの導入にあたり、実際にお使いのソフトウェアアプリを入れたPoC環境を作り、使い勝手検証するフェーズ
その上で明らかになった課題を踏まえ、本番環境構築するフェーズという2ステップでの導入をおすすめしています。
そしてDaaSに関しては、安定したネットワーク必要不可欠と言えるでしょう。

ネットワークにも注意が必要!

Webサイト閲覧ビデオ会議利用する場合十分インターネット回線帯域必要
ユースケースによって、設計も変わる。
 



KDDIならユースケースに合わせてお手伝いできます。
 

例えば、DaaSから社内システムへの接続セキュリティ観点から閉域接続させたい、利用者が増えた途端ネットワーク混雑してしまう! なんてこともあるかもしれません。
KDDIはお客さまに寄り添いながら、課題解決し、ネットワーク・クラウド商品提供設計構築・サポートまでワンストップでのご提供可能です。

以下現場エンジニアサービス比較特長構築ポイントなどを解説しています。
これから、検討する方はぜひこちらも参考にしていただければと思います。

DaaSについての詳しい情報はこちらから!

コラムで紹介した2種類のDaaSについて、
導入・設計時や運用時の比較ポイントを分かりやすくご紹介します。

【 サービスの比較や特長をご紹介】

【 サービスの構築と管理のポイントをご紹介 】


関連サービス


最新のスマートワークコラム




ピックアップ