このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

長島未来企画合同会社様

長島未来企画合同会社

概要
長島町の隠れた魅力を発信。
真の地域活性化を目指して、生まれたAR謎解きゲームとは
業 種
サービス業
従業員規模
1名~100名
掲載日
2021年02月

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード用のURLをお送りします。

お客さまインタビュー

KDDI VIEW

動画で事例内容をご覧いただけます。(3分39秒)

採用の理由と経緯

町を盛り上げるパートナーとして、ともにゲームアプリを開発してくれた

代替テキストが入ります。
長島未来企画合同会社
業務執行役員 兼 長島町地方創生統括監
土井 隆様

海に囲まれた長島町は、豊かな自然歴史文化に恵まれながら、その魅力十分発信できていない課題があった。土井様は「大型観光施設はありませんが、町を歩いてもらえばそのよさが分かる魅力的スポットがたくさんあります。こうした町のよさを知ってもらうため、スマートフォンで謎を解きながら町を探索するゲーム長島大陸クエスト』を企画しました。開発に際して、観光振興に関する協定を結んでいたKDDIに協力を仰いだところ、AR活用など積極的提案をいただき、楽しいゲームアプリ開発できました」と経緯を語る。

導入効果

地元の人にも、町の魅力を再発見してもらうきっかけになる

長島大陸クエスト』は、町内にある長島八景石碑をARカメラ撮影すると、町の名物歴史などに関する問題が現れ、実際にその場所へ行って問題正解するとカードゲットできる仕組みだ。町の名所スポットを探した山田様は「知ってほしい魅力的ポイントがたくさんあり、中には町民にも知られていない場所もありました。観光客はもちろん町民にとっても、このゲームが町の魅力再発見するきっかけになればと思います」と言う。

代替テキストが入ります。
長島町 地域おこし協力隊
山田 周様

子供から大人まで、謎解きをしながら長島町を楽しめるゲームになった

左からゲーム開発を担当した井上様、土井様、浅井様、
開発のサポートをした KDDI 加藤

ゲーム開発は、謎解きやデザインなどのコンテンツ制作鹿児島県内クリエイター担当。ARアプリ「SATCH VIEWER」への実装を主にKDDIが担当した。謎解きを作成した Spice Project 謎解クリエイター 井上 健悟様は「子供から大人まで楽しめるように、知識ではなくヒラメキで解ける問題を考えました。ゲーム主人公になったつもりで長島町をゆっくり楽しんでほしいと思います」と言う。またデザイン担当のわるだくみ デザイナー 浅井 みなみ様は「キャラクター長島町有名人物モデルにしています。遊び心のあるデザイン仕上げたので、ぜひ楽しんでください」と笑顔を見せる。


天候によって見え方が変わる屋外の石碑をARマーカーに

一方、KDDIにとっては石碑をARマーカーとして高精度認識させることが課題となった。一般的図形マーカーと違い、屋外石碑天候や影などで見え方が変わるため、認識率を高める細かな調整を行った。また、今後について土井様は「コロナ禍もあり、ゲーム利用促進や、継続していくための収益面など課題もありますが、今後もKDDIの協力を得ながら、町の魅力発信役立てていきたいと考えています」と語る。

代替テキストが入ります。
認識が難しい石碑をARマーカーに
  • ※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。
担当からのメッセージ

担当からのメッセージ


KDDI株式会社 ビジネスIoT推進本部 地方創生支援室 マネージャー
加藤 英夫

KDDIにはさまざまなICTソリューションがありますが、技術だけでは地域課題の解決はできません。『長島大陸クエスト』は、長島町に関わる方々のアイデアと思いをつなぐことで、素晴らしいコンテンツになりました。今後も地域に寄り添い、ともに課題解決に取り組んでまいります。

お客様プロフィール

社名 長島未来企画合同会社
所在地 鹿児島県出水郡長島町指江179-1
URL http://nagashima-kikaku.com/

事例【PDF】版を
無料でダウンロードできます

会議資料に、メール添付用に、印刷用にぜひご利用ください。

導入事例:長島未来企画合同会社様(2.7MB)

<掲載内容>

  • 導入前の課題、導入後の効果
  • お客様インタビュー
  • 全体概要図・活用イメージなど


ピックアップ