このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

日本医科大学千葉北総病院様

日本医科大学千葉北総病院

概要
事故現場の情報をいち早く医療機関に通知する先進事故自動通報 (AACN: Advanced Automatic Collision Notification)。実証実験用タブレット型閲覧システムの新規開発により、事故車両における救命効果の向上が期待できる。
業 種
医療・福祉
従業員規模
1,001名以上
掲載日
2015年05月
導入サービス

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード用のURLをお送りします。

お客さまインタビュー

導入前の課題

一人でも多くの重症外傷患者を救うため、
医療行為開始までのリードタイム (出動判断) を
いかに短縮するかが課題。

代替テキストが入ります。

重症外傷の患者の場合、受傷から1時間以内に手術など根治術を行わねばならないという。そのため、受傷から15分以内の医師の接触を目標値に据え、時間短縮の方法を模索してきた。従来は、事故車両からの通報をきっかけに救急隊が事故現場へ急行。現場での患者観察・評価の後、基地病院にドクターヘリ出動要請がかかるまでに平均28分が経過してしまっていた。このリードタイムを短縮することが、最も重要な課題であった。

導入後の効果

関係機関全体での事故情報の共有がスムーズに。
1分1秒を争うドクターヘリ出動判断を迅速に行える可能性がある。

認定NPO法人「救急ヘリ病院ネットワーク」HEM-Net傘下のAACN研究会では、トヨタ自動車と協力して先進事故自動通報 (AACN) が起動するドクターヘリの実働訓練に向けて、タブレット型閲覧システムを開発した。事故発生時、従来の緊急通報サービス「HELPNET」の基礎情報に加えて、HELPNETセンターへ送信された、衝突データ (衝突方向、衝突時の速度変化、シートベルト着否など) から、アルゴリズムで乗員の死亡重傷率を推定し表示。関係機関へ一斉通報される。

代替テキスト
代替テキストが入ります。

アプリはヘリの運航指令者や消防、HELPNETオペレーターなど、十分な医学知識がなくても直感的に理解できるよう検討された仕様となっている。2015年3月28日には本システムを使っての実働訓練が実施された。事故車両からAACNシステムでの通報を受け、日本医科大学千葉北総病院ドクターヘリが何分後に患者へ接触できるのかを確認した。事故現場は病院から車で約20分程の場所を想定。結果として、通報後約3分でドクターヘリの出動が実現、目標値として定めた『事故発生後15分以内での患者接触』も達成できた。

救命救急センターでフライトドクターをつとめる本村友一医師は「このAACNシステムについては、将来の本格稼働、また全国展開に向けて用意を進めていきたい。」とし、さらに「今後は車の乗員のことだけでなく、接触したバイク、自転車、歩行者の状況も車の事故情報から把握し救命率を上げていきたい。」と、将来の課題についての意欲を語った。

救命救急センター医師 本村 友一氏
救命救急センター医師
本村 友一氏
担当からのメッセージ

担当からのメッセージ


KDDI まとめてオフィス株式会社
ソリューション営業本部 ソリューション南関東支社 ソリューション千葉支店
高木 由紀子

同救命救急センター様は、恒久的な「攻めの医療」実現のため、常に新しい救急医療体制モデルを発信し続けています。本システム開発にあたり、特にタブレット表示画面は微調整を繰り返しよりイメージに近づくよう努めました。今後も関係機関と連携し全国展開に向けて積極的に取り組んでまいります。

お客様プロフィール

社名 日本医科大学千葉北総病院
所在地 千葉県印西市鎌苅1715
URL https://www.nms.ac.jp/hokuso-h/
  • ※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。

事例【PDF】版を
無料でダウンロードできます

会議資料に、メール添付用に、印刷用にぜひご利用ください。

導入事例:日本医科大学千葉北総病院様(2.5MB)

<掲載内容>

  • 導入前の課題、導入後の効果
  • お客様インタビュー
  • 全体概要図・活用イメージなど


ピックアップ