このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

IoT世界基盤
グローバルIoTアクセス

グローバルキャリアリレーションの強いKDDIローミングソラコムのIoTプラットフォーム融合したグローバルIoT通信サービスです。

お知らせ

【2022年1月更新】「AMT5500」 利用可能対地の訂正についてのお詫び

AMT5500の提供開始時に、利用可能対地としてブルガリア掲載しておりましたが、現在サービス提供に向けて提供準備中であることを、お詫びして訂正いたします。準備が整い次第、本サービスページにてお知らせいたします。

【2021年8月更新】グローバルIoTアクセス対応ルーター「AMT5500」提供開始について

「グローバルIoTアクセス」に対応したIoTワイヤレスルーター「AMT5500」の提供を2021年8月26日より開始します。
詳しくは以下をご参照ください。

IoT世界基盤 グローバルIoTアクセスとは

IoT世界基盤 グローバルIoTアクセスとは、グローバルキャリアリレーションの強いKDDIのローミングと、ソラコムのIoTプラットフォーム融合したグローバルIoT通信サービスです。

IoTによる保守メンテナンスデジタルトランスフォーメーションサブスクリプションモデルグローバル展開など全産業向けに幅広くご活用いただけます。

  • 注1) 「KDDI WVS」は、「KDDI Wide Area Virtual Switch」の略称です。

特長

1. さまざまな国と地域を網羅した抜群のカバレッジ

au事業での海外キャリアとの接続実績ベースとして、グローバルローミングサービスをDX・IoT向けに拡大
ソラコム回線に加え、さまざまな国・地域ローミング提供するため、お客さまのグローバル展開柔軟サポートします。
なお、200対地以上ローミングパートナー基本合意しており、正式契約締結通信設備接続試験などを経て順次サービス提供範囲拡大して参ります。

海外キャリアネットワークとの接続は、日本国内のほか、米国欧州ローカルブレイクアウトポイント (注2)設置しているため、低遅延接続提供します。

  • 注2) 本サービス外部ネットワーク接続ポイント

中国向けにも特化したサービスをご用意
IoT世界基盤 グローバルIoTアクセス (China)

データ保護通信について規制がある中国向けに、中国特化したIoT通信サービスををご用意
中国国有系通信事業者連携することで、保守一体型のIoT 通信サービス提供し、お客さまのご要望幅広サポートします。

  • ※ IoT世界基盤 グローバルIoTアクセスとは、保守窓口コンソール画面が異なります。
  • サービス詳細については、KDDI 法人営業担当者または本サービスへのお問い合わせより、法人お客さまセンターまでお問い合わせください。

2. 最適価格でご提供

auのモバイル向けローミング回線とIoT・DX向けの回線共同調達することで、低廉価格帯での料金設定実現契約回線数データ量のコミット無しで、SIM 1枚からご契約可能のため、スモールスタート可能です。

料金
一時金 事務契約手数料 (税込) 6.6 USD
月額 基本料 (免税) 1.8 USD
通信料 (免税) 対地毎/従量課金
SMS (免税) (デバイスでの受信) 0.005 USD
(デバイスからの送信) 0.4USD

代表的な対地 1Mbyteあたりの通信料 (従量課金)
地域・国名 単位:USD/MB (免税)
アジア 香港 0.003
韓国 0.004
ベトナム 0.007
タイ 0.014
インドネシア 0.018
欧米 アメリカ 0.002
イギリス 0.009
ドイツ 0.009
フランス 0.053
イタリア 0.018
  • ※ 利用代表的な利用可能国料金についてはお問い合わせください。
  • ※ 本サービス料金はUSD建てで定義しております。利用月末日のTTSレートにより日本円換算し、ご請求いたします。

3 .コンソールでの一括管理

現在提供しているソラコムのIoTプラットフォーム同様ユーザーインターフェースでお客さまの親和性確保各地のSIMのステータス確認通信回線追加変更廃止設定豊富なSORACOMオプションサービス注文機能保守運用の問い合わせ窓口提供することで、コンソールから通信回線一元管理可能です。

コンソール機能一覧

  • SIM 発注利用開始
  • SIMの 利用中断再開 
  • データ使用量等状況確認
  • 通信速度変更制限 
  • デバイス (IMEI) とSIMの紐づけ・ロック
  • 運用保守お問い合わせ

連携サービス

  • 動画閲覧時はIEブラウザ以外での閲覧をお願いいたします。
通信モジュールや、IoTルーター、IoTゲートウェイなど、IoTを実現する上で必要デバイス種類特徴、それぞれのユースケースをご紹介
また、グローバル利用する場合注意点などをKDDIでIoTデバイス企画担当する社員がわかりやすく解説します。( 20分29秒 )

1.IoTワイヤレスルーター

AMT5500

AMT5500
  • 世界41対地の周波数帯対応し、電波関連法認証取得済みで、国内外でご利用いただけるグローバルデバイス。 KDDI海外現地法人所在国では、グローバルIoTアクセスSIMとセット接続試験実施しています。
  • 20年以上のIoTビジネス経験を活かし、通信再接続自動復旧するなどのフェイルセーフ機能や、リモートアクセスにおける設定変更など、安心して通信をご利用いただくための機能搭載

2.デバイス初期設定・監視・保守支援サービス

KDDI IoT クラウドデバイス管理

  • グローバルIoTアクセス回線とAMT5500 の初期設定実施し、お客さまの導入時負担軽減するほか、通信デバイス国内外利用における運用保守構築し、お客さまを一気通貫サポートします。
  • 死活監視システムのWEBポータル提供しますのでお客さまご自身リアルタイムにAMT5500の稼働状況をご確認いただくことも可能です。

3.国内閉域網接続サービス

KDDI WVS プラットフォームGW Air Connect

KDDIが提供する国内閉域網サービス (KDDI WVS) とグローバルIoTアクセス網を接続する「KDDI WVS プラットフォームGW Air Connect」をご提供インターネット経由せずお客さまの拠点接続出来るため、よりセキュリティの高い接続実現します。

KDDI WVS プラットフォームGW Air Connectの設定 は、申込書にて承ります。


4.SORACOMサービス

グローバルIoTアクセスコンソールから、SORCOMで提供するオプションサービス注文利用可能です。ネットワークサービスからアプリケーション連携サービスまで、IoTで必要となる機能幅広くご利用いただけます。

SORACOM Arc セキュアリンクサービス
SORACOM Beam データ転送支援
(暗号化、プロトコル変換)
SORACOM Canal AWSクラウド内の閉域接続
SORACOM Direct/Door 専用線/VPNの閉域網サービス
SORACOM Endorse SIM認証の連携
SORACOM Funnel クラウドアダプター
SORACOM GateM デバイスとのLAN接続
SORACOM Harvest データ蓄積と可視化
SORACOM Inventory デバイス管理
SORACOM Junction 透過型トラフィック処理
SORACOM Krypton セキュアプロビジョニング
SORACOM Lagoon ダッシュボード作成/共有
SORACOM Napter オンデマンドリモートアクセス
SORACOM Orbit インラインプロセッシング
SORACOM Peek オンデマンドパケット
キャプチャ

SORACOM サービスについてはこちらをご確認ください。


本サービスへのお問い合わせ


ピックアップ

キーワード