このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM)

さまざまなデバイスを社外で業務利用する場合に必要となるセキュリティ、アプリケーション、ファイルなどを統合管理できるサービスです。

お知らせ

【2018年3月更新】 構成プロファイルでのFacetime制限不可現象について

「KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM)」において、構成プロファイルにFacetimeの制限を適用しても、条件によって機能しない場合があることが判明しました。
詳しくは、以下をご確認ください。


KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM) とは

MDM、MAM、MCM、MEM、IDMを統合管理

「KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM)」は、さまざまなモバイルデバイスの業務利用におけるユーザーID・アプリケーション・ファイル・Eメールなどを統合管理するサービスです。
モバイルデバイス管理 (MDM) の機能に加え、アプリケーション管理 (MAM)、コンテンツ管理 (MCM)、Eメール管理 (MEM) の各機能をご提供します。


お客さまの課題、KDDIがこのように解決します

スマートフォンからの業務は業務時間内のみに限定したい

→  お客さまが所有する勤怠管理システムが「KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM)」のアプリケーションプログラムインターフェース (API) へ連携することで、勤務時間内のみデバイスからEメールや業務アプリケーションを利用するよう制限ができます。

社外から安全にファイルサーバを利用したい

→  「KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM)」にてご利用いただける『VMware (R) Content Locker』アプリケーションから、社内ファイルサーバへアクセスできます。お客さま管理者が許可したアプリケーションのみファイルのコピーや利用を制限することが可能なため、ユーザーの利便性を維持しながら、簡単に機密情報のセキュリティ対策強化を実現します。

社外で、より安全に業務用メールを利用したい

→  「KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM)」にてご利用いただけるセキュアメールアプリケーション『VMware Workspace ONE (TM) Boxer』は、お客さま管理者が許可したポリシーに従い、ほかのアプリケーションへEメール本文や添付ファイルを、貼り付け、閲覧、編集することを禁止するよう設定できます。

サービスプラン

サービスプラン名 ライセンスタイプ
スタンダード デバイス
ユーザー
アドバンスト デバイス
ユーザー
  • ※ 各プランは、それぞれ年間契約となります。解約のお申し込みがない場合は、1年ごとに自動更新となります。
    年契約中の途中解約は、次回更新年月日までの残月数分のご利用料と同等の違約金が発生します。
    ご利用料金は初月無料、解約月は満額請求となります。
  • ※ 月額料金の日割り計算は行いません。開通月は無料、解約月は満額請求となります。
  • ※ お申し込みは25ライセンス以上からとなります。
  • ※ 詳細は担当営業へお問い合わせください。

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ

キーワード