このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

KDDI マネージドセキュリティサービス

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI マネージドセキュリティサービス」(セキュリティ・マネージド) のご案内です。ゼロトラスト環境に不可欠なセキュリティの構築、運用の維持をKDDIがサポートします。

お知らせ

【2022年1月更新】「KDDI マネージドセキュリティサービス」の対象に「CrowdStrike Falcon」を追加

2022年1月18日から、リモートワーク環境パソコン・サーバーなどのエンドポイントで、マルウェア感染不正アクセスなど、サイバー攻撃からの防御検知対処可能なEDR (Endpoint Detection and Response) 製品CrowdStrike Falcon」 を「KDDI マネージドセキュリティサービス」の対象追加します。
詳しくは以下をご参照ください。


ゼロトラスト環境のセキュリティ

クラウドテレワーク普及で、デバイスデータ社外へ持ち出され、従来のような境界型セキュリティでは脅威への対策充分ではないケースが増えてきました。従来境界型セキュリティから、ゼロトラストセキュリティ移行する際も、オフィスと同じようにお客さまの企業資産を守るためには、導入後セキュリティ運用がより重要となります。

ログ分析による早期検知が困難であることから、インシデントへの対応が遅くなり影響拡大の懸念が生まれる、ゼロトラストで強化したセキュリティを適切に運用し、維持していくことが重要

複数コンポーネント構成されるゼロトラスト環境において、適切セキュリティ運用実現するために必要なもの

・複数のセキュリティサービスの統合分析基盤 (SIEM) 、・24時間365日で運用を行うための人的リソース・体制、・膨大な量のログを保管するログ分析基盤、・継続的なチューニングやサイバー攻撃の知識を持つセキュリティエンジニアが必要、ゼロトラストの導入に合わせて、上記を検討・準備していくのはコストや時間的に難しいケースも、さらにセキュリティの専門家が少ない場合は運用していくのも大変

KDDI マネージドセキュリティサービスとは

KDDI マネージドセキュリティサービスは、KDDIのログ分析基盤とLACのノウハウが入った自動分析エンジン活用し、お客さまのゼロトラスト環境必要セキュリティ監視運用提供するサービスです。

ログ分析基盤セキュリティ人材運用スキル/ノウハウトータルでご利用いただけるため、お客さまは新しいセキュリティ監視システム人的リソース準備をすることなく、ゼロトラストセキュリティ導入可能です。

KDDI マネージドセキュリティサービス

ログ分析基盤とLACのノウハウが入った自動分析エンジンを活用し、お客さまのゼロトラスト環境に必要なセキュリティ監視・運用を提供
  • 対象サービス順次拡大予定です。
  • ※ SWG は Secure Web Gateway の略称です。
  • ※ EDR は Endpoint Detection and Response の略称です。

ゼロトラストセキュリティをトータルでサポート

対象サービス

ご利用イメージ

【24時間365日のリアルタイムログ分析・検知】と【アナリストによる調査・分析】

不審な挙動の端末を自動隔離、アナリストの相関分析による検知→応急措置
  • ※1 セキュリティアナリストによる、分析の対応時間は、24時間365日となります (土日祝日含む)。
  • ※2 複数のシステムから生成されるログの分析を実施しますので、単独のログのみの場合は対象外となります。

KDDI マネージドセキュリティポータル

複数セキュリティサービスログ・インシデント一元管理するお客さま向けポータル提供します。

KDDI マネージドセキュリティポータル画面
  • ※画面イメージのため、一部変更となる場合があります。

提供機能

・インシデント情報共有​​
・対応状況共有​​
・ホワイトリスト/ブラックリスト設定​
・端末隔離/解除/除外設定​​

・ログデータ可視化・過去ログ検索
​​ ・解析結果レポート​
・アナリストへの問い合わせ

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ

カテゴリ