KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch

WVSネットワーク上に法人向け高品質IP電話を重畳して有効活用します。

【スマートバリュー for Business 対象】

お知らせ

『2019年法人向けIP電話・直収電話サービス顧客満足度調査』7年連続第1位の受賞について

KDDIは、株式会社J.D. パワー ジャパンによる『2019年法人向けIP電話・直収電話サービス顧客満足度調査』において総合満足度第1位を7年連続で受賞しました。
詳しくは、以下をご参照ください。
J.D. パワー「2019年法人向けIP電話・直収電話サービス顧客満足度調査」において7年連続第1位を受賞


KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switchとは

従来の電話番号をそのまま使える広域イーサネットサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」のオプションとして提供する、本格的なIP電話サービス

「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」のシステム図
「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」のシステム図

広域イーサネットサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」のオプションとして提供する、本格的なIP電話サービスです。従来の電話番号 (0AB~J番号) がそのままご利用いただける音声重畳型イントラIPフォンを提供します。内線間のご利用だけでなく、一般電話公衆網への通話も可能です。

  • 注1) CDN: Contents Delivery Network
    音声を優先して制御しており、高品質なIP電話サービスの提供を実現しております。
  •  

「KDDI 光ダイレクト」の音声通信は、外線も内線もトラフィックフリー対象

トラフィックフリーとは?: 1本のアクセス回線内で、KDDIが指定するデータセンター/Virtualデータセンター向けの通信と、拠点間通信を論理的に識別・分離し、KDDIが指定するデータセンター/Virtualデータセンター向けの通信に該当するものは、お客さまの契約品目にかかわらず回線終端装置のLANインターフェースの上限値まで通信帯域を拡張することで、利用可能な帯域を向上させる機能。

特長・メリット

オススメする理由

  • 通信コストの削減
  • TCOの削減
  • ネットワークインフラの信頼性強化
  • 最適な音声ネットワークの構築

1.通話料金を削減する――「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI-IPフォン」などへの通話は無料

低廉な基本料金・通話料金で、従来の固定電話と変わらない品質の音声通話のご利用が可能となります。NTT電話回線の代わりに、アクセス回線として「KDDI Wide Area Virtual Switch」を利用しているため、NTTの電話基本料はかかりません。また音声通信はトラフィックフリーを使用するので、電話回線が増えても契約帯域はそのままでお使いいただけます。しかも「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI-IPフォン」などへの通話は無料ですので通話料を削減できます。
また、「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」を「フリーコールDX」または「フリーコールS」のアクセス回線としてご利用いただけば、コールセンターのIP化を進めてコスト削減を図ることも可能なほか、「KDDI 電話会議サービス」をご利用いただく場合は、通話料が無料 (注2) となります。 本サービスとの組み合わせでさらにコストが削減できますので、併せて導入をご検討ください。

  • 注2) 会議利用料は別途必要となります。

2.携帯電話への通話料金も抑えられる――au携帯電話なら通話料金を定額にすることも

au携帯電話への通話は15.5円/1分、au以外の携帯電話への通話は16円/1分、PHSへの通話は10円/通話+ 10円/1分。
「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」とau携帯電話をセットとしたサービスをご利用いただくと、さらにコスト削減が可能です。

KDDI ビジネスコールダイレクト

固定電話からも携帯電話からも使える内線網の構築が可能です。また内線通話は定額でご利用可能です。

  • ※「KDDI ビジネスコールダイレクト」は、別途お申し込みが必要です。

ビジネス通話定額 (KDDI電話発信-auケータイ着信)

同一法人名義のau携帯電話への通話は「ビジネス通話定額 (KDDI電話発信-auケータイ着信)」なら定額料金になります。

  • ※「ビジネス通話定額 (KDDI電話発信-auケータイ着信)」は別途お申し込みが必要です。
  • ※ KDDI電話回線契約と同一法人名義の1回線以上1,000回線以下のau携帯電話を登録いただく場合に限り、お申し込みいただけます。

auケータイ着信割引

「auケータイ着信割引」ならすべてのau携帯電話への通話がさらに50%OFFになります。
すべてのau携帯電話あての通話料金が、50%OFF 7.75円/1分になります。

  • ※ auケータイ着信割引は別途お申し込みが必要です。
  • ※ ご契約時に同一法人名義でau携帯電話のご契約が1台以上必要となります。
発信と着信のイメージ図
発信と着信のイメージ図

お客さまの課題を解決します

電話料金の月額基本料と通話料を下げたい

 「KDDI Wide Area Virtual Switch」に1ch当たり580円を追加するだけで、IPフォンをご利用いただけます。音声通信はトラフィックフリーを使用するので、電話回線が増えても契約帯域はそのままでお使いいただけます。 通話料は、国内なら全時間帯全国一律3分8円。au携帯電話なら1分15.5円、au以外の携帯電話でも1分16円です。au携帯電話へなら「auケータイ着信割引」で、さらに50%OFFとなります。

事業所間・携帯電話あての通信コストを大幅に削減したい

 「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI-IPフォン」などへの通話料金は無料。また事前に登録をしたau携帯電話への通話料が定額となるサービスも用意しております。それぞれの通話先に適したサービスを選択して法人向けIP電話サービスと組み合わせれば、社内間の通信費用の大幅な削減ができます。

事業所間・携帯電話あての通信コストを大幅に削減したい

 03-、06-といったこれまでご利用の電話番号 (0AB~J番号) や、現在ご利用中の電話機はそのままに、従来の固定電話と変わらない品質の音声通話でIP電話をご利用いただけます。

フリーコール用の着信回線を設けたいが、コストはかけたくない

 「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」をフリーコール用の着信回線としてご利用いただけば、コールセンターのIP化を進めてコスト削減を図ることができます。もちろん、KDDIより新たな電話番号をお出しすることもできます。

電話会議を気軽に利用したい

「KDDI 電話会議サービス」をご利用いただく場合、通話料が無料 (注1) となります。
本サービスとの組み合わせでさらにコストが削減できますので、併せて導入をご検討ください。

  • 注1) 会議利用料は別途必要となります。
  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ