このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

KDDI 高精度位置測位サービス(VRS-RTK)

GNSS※の補正データインターネットを通じて配信し、高精度位置測位 (仮想基準点方式) を実現します。高精度位置情報必要とされているお客さまにおすすめです。

※GNSS (Global Navigation Satellite System) : 人工衛星 (測位衛星) を利用した全世界測位システム

なぜ高精度測位が必要となるのか

屋外位置測位一般的使用されるGNSS単独測位測位精度が低く、さまざまな機器遠隔/自動制御測量などで求められる精度を満たすことが困難でした。

一方で、ドローンを用いた運送システム/測量システム構築や、自動車建機農機遠隔での操縦自動制御需要増加しています。こうした需要対応するため、GNSSで取得した位置情報高精度化し、お客さまや従業員にとって安全便利システム構築していくことが重要となっています。

KDDIでは、株式会社ジェノバ連携 (注1) し、基準局情報利用して作成された誤差修正用補正信号配信し、GNSSで取得したデータ補正することで高精度位置測位実現するサービス提供します。

GNSSで取得したデータを補正することで高精度な位置測位を実現するサービスを提供
  • ※GNSS (Global Navigation Satellite System) : 人工衛星 (測位衛星) を利用した全世界測位システム
  • 注1) 本サービス利用時に株式会社ジェノバにサービスに必要な情報が共有されます。

KDDI 高精度位置測位サービス(VRS-RTK)とは?

KDDI 高精度位置測位サービス(VRS-RTK)とは、高精度測位のための補正情報インターネットを通して配信するサービスです。RTK (注2) 方式精度の高さを生かした測量農機建機遠隔/自動制御モビリティサービスなど多様用途活用いただけます。

また、基準局との物理的距離重要になるRTK測位において、基準局利用者付近仮想的作成するVRS (注3) 方式採用することで、物理的基準局利用者距離が離れていても精度を落とさずご利用いただけます。

RTK方式とVRS-RTK方式の比較
RTK方式は基準局との距離 (基線長) が長くなると精度が落ちるが、VRS-RTK方式は仮想的な基準局を作成することで精度が安定
  • 注2) RTK : Real Time Kinematic の略。GNSSの位置測定精度向上させる方法の1つ。
  • 注3) VRS : Virtual Reference Station の略。仮想基準点方式のことで、利用者近傍観測地域周辺電子基準点網から仮想基準局設置し、その仮想基準局から出力されるであろうGNSS補正データ算出する手法

ユースケース

スマートフォンやドローンと高精度位置情報を組み合わせ、
測量ICT化 (i-Construction) を実現し生産性を向上

  • 注4) LiDAR : Light Detection and RangingまたはLaser Imaging Detection and Rangingの略。光を使って距離方向を測る方法の1つ。

運賃の自動計算システムに高精度位置情報を活用し
安価なキャッシュレス化を実現
今後のバス停に縛られない自由なバスサービスへの利用にも期待

  • 注5) 距離区間制 : 一定距離基準として区間を定め、乗車区間に応じた運賃算出する制度乗車距離に応じて階段状運賃変化する。
  • 注6) 整理券方式 : お客さまが乗車時整理券取得し、降車時整理券番号照合し、示された運賃現金運賃箱投入する決済方式

当社動作確認サービスの一例

サービス動作確認予定している、デバイス・サービスをご紹介いたします。今後順次拡大予定しており、
対応デバイス・サービス随時募集中です。また、本欄記載のないデバイス・サービスでのご利用をご検討場合はお気軽
問合わせください。

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ

カテゴリ