このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

  • be CONNECTED.
    be CONNECTED.

    変化し続けるビジネスシーンを見据え、さまざまな特集を通して、ヒントをお届けします。

  • Smart Work
    Smart Work

    ニューノーマル時代における働く人が中心の働き方の実現へ

  • 資料一覧
    資料一覧

    KDDIサービスの各種パンフレットをダウンロードできます。

  • 導入事例から探す
    導入事例

    お客さまの課題をKDDIのソリューションを用いて解決した事例のご紹介です。

閉じる
  • 障害・メンテナンス情報

    KDDIは、お客さまにご不便をおかけするような通信・回線状況が発生した場合、本ページでお知らせします。

  • ご請求に関するお手続き

    お支払い方法の変更や請求書の再発行方法、その他ご請求に関する便利なサービスなどをご案内します。インボイス制度対応についてはこちらからご確認ください。

  • よくあるご質問

    よくあるご質問についてお答えいたしております。お問い合わせの際には、まずこちらをご覧ください。

  • サービス利用中のお客さま用
    お問い合わせフォーム

    サービスご利用中のお客さまへ、フォームでのお問い合わせをご案内します。電話でのお問い合わせ先は、各サービス別サポート情報からご確認ください。

閉じる
  • ニュースリリース・トピックス

    KDDI BUSINESSは、お客さまのDX推進と社会課題解決への貢献を目指しています。

  • ニュースリリース・トピックス

    KDDIの法人領域に関するリリース情報をお届け。 サービスや技術など、さまざまな情報を日々発信しています。

  • 通信+αでお客さまのDXを 加速させるKDDIグループ

    KDDIは通信を軸に、
    グループ会社との連携でお客さまを強力にサポート。

  • KDDIのグローバルICTソリューション

    世界60都市以上、100拠点以上でサービスを展開。
    信頼性の高いグローバルネットワーク環境は世界190カ国以上でご提供しています。

  • お客さま満足度向上の取り組み

    私たちKDDIは「お客さまの経営課題を解決する」という方針のもと、営業・SEだけでなく、企画・開発・事務・管理、さらには経営層が一丸となってお客さまの声を伺い真摯に向き合っています。

閉じる
閉じる
閉じる
株式会社JR東日本情報システム

株式会社JR東日本情報システム

概要:

パブリッククラウドをもっと使いやすく。
柔軟な接続環境でJR東日本グループのクラウドシフトを加速。
社名
株式会社JR東日本情報システム
所在地
東京都新宿区大久保三丁目8番2号 新宿ガーデンタワー7F
業 種
情報通信
従業員規模
1,001名以上
掲載日
2023年08月

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード用のURLをお送りします。

お客さまインタビュー

事例概要

課題と解決策

課題

パブリッククラウドへの接続環境の構築にコストと工期がかかった

解決策

わずか数営業日でクラウド利用が可能に、構築・運用コストも劇的に低減

課題

パブリッククラウドへの接続ポイントが増え、セキュリティ管理の負担が増大していた

解決策

接続ポイントを集約しネットワークセキュリティの一元管理を実現

課題

アクセスポイントの集約により、より高度な運用監視体制が求められた

解決策

「ITOS」によるトラフィック分析や、きめ細かな障害対応で安定運用を実現

採用の理由と経緯

技術力はもちろん、当社に寄り添う親身のサポート力に
信頼を寄せていた

KDDIとのミーティングの様子

鉄道システムで培われた高い技術力で、JR東日本グループ各社情報システム構築運用一手に担うJR東日本情報システム様。グループ内でのクラウド活用本格化を受けて、「KDDI Wide Area Virtual Switch 2 クラウド接続」と「ネットワークマネージメントサービス (ITOS)」を導入。パブリッククラウド接続環境構築運用大幅効率化し、短期間・低コストクラウド利用環境提供できる体制構築した。

KDDIのサービスを選んだ理由について保坂様は「以前からKDDIとさまざまなネットワーク構築運用してきた実績があり、強い信頼関係があったことが大きな決め手になった」と経緯説明する。

導入後の効果

わずか数営業日で、パブリッククラウドが利用可能に

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2 クラウド接続」の導入により、迅速かつ低コストクラウド環境構築できるようになった。

保坂様は、「以前は、パブリッククラウドへの接続環境システムごとに個別構築していたため、開通まで約3カ月かかっていましたが、現在ではわずか数営業日開通可能になりました。新システムなどを早期サービスインしたいというニーズが高まっている中、このスピード感はユーザー企業の皆さまに大変喜ばれています。
また、コスト面についても、従来のように個別回線機器用意する必要がなくなり、大幅コストダウン実現できました」と効果を語る。

ICT基盤本部 システム基盤部
次長
保坂 新太郎

クラウド開通はKDDIにお任せ、セキュリティ課題も解消

各パブリッククラウド向けの通信状況を
月次運用報告にて一括レポート

また、パブリッククラウド運用負担大幅軽減できた。

保坂様は「従来は、回線機器が増えるたびに管理煩雑になり、クラウドへの接続ポイント増加セキュリティ面の課題にもなっていましたが、今回ネットワーク改変接続ポイント集約できセキュリティ一元管理可能になりました。新たな接続環境構築も、そのほとんどをKDDIにお任せできるようになり、増加するクラウド利用ニーズにも余裕をもって応えることができています。
また、構築運用に関わっていた人員新規プロジェクトアサインすることで、最新技術導入サービスレベル向上注力できるようになりました」と言う。


質の高い運用・監視でサービス品質が向上

接続ポイント集約による障害集中への対応や、システムごとの帯域制御には、「ネットワークマネージメントサービス (ITOS)」を活用し、安定運用実現している。

辻田様は「障害発生時には、データセンターからWANの接続先まで一気通貫で調査してもらえるので、早期原因究明復旧可能になりました。担当のSEさんがいつでも親身対応してくれるので頼もしい限りです。
また、トラフィック分析ルーター不具合など、毎月詳細レポートをもらえるのも嬉しいですね。運用システム数が多いので社内独自調査するのは難しいのですが、レポートにまとめてもらえるのでユーザー企業さまにも提出して、現状共有将来的増設計画立案役立っています」と説明する。

システム基盤部
次世代データセンターネットワークプロジェクト
マネージャー
辻田 康二郎

導入サービス概要図

株式会社JR東日本情報システム様のパブリッククラウド接続イメージ

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2 クラウド接続」の導入で各種サービスをまとめて監視・運用が可能に
  • 注) Google Cloud は Google LLC の商標です。
  • ※ 掲載された情報は、取材日当時のものです。
担当からのメッセージ

担当からのメッセージ


KDDI株式会社
ソリューション推進本部 ソリューション2部
宇積 大輔 (左)
ビジネスデザイン本部 エネルギー・運輸営業部
小尾 良介 (右) 味志 里咲 (中)


サービス導入後もスピーディーかつ安定に運用できているのは、JR東日本情報システム様のご協力のおかげです。本案件に携わる皆さまに感謝いたします。今後も、一番身近なパートナーとしてサポートさせていただけますと幸いです。

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。



ピックアップ