このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

KDDI Wide Area Virtual Switch 2

イントラネットインターネットセキュリティクラウド接続必要な時に必要なだけ使えるよう管理一元化できる機能を有し、拡張性即時性を高めたサービスです。

スマートバリュー for Business対象

お知らせ

【2022年3月更新】「インターネットブレイクアウト」の対象サービスに 「Zoom」とインターネット向け通信すべてを追加

KDDIは、2022年3月24日から、法人向けの広域ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」、「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」のブロードバンドアクセス方式「withF+」「プランF」向けに提供する「インターネットブレイクアウト」の対象サービスに、「Zoom」およびインターネット向け通信すべてを追加します。また、同時に、セキュリティ強化実現するCisco Umbrella (SIG)への連携開始します。

詳しくは以下をご参照ください。

【2021年12月更新】「トラフィック対策」と「クラウドアクセス」の3つの機能拡充について

法人向けの広域ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 」「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」に
インターネットブレイクアウトTYPE2」「マルチクラウドゲートウェイ」「Prisma Access for Clean pipe広帯域メニュー」を
追加します。詳しくは以下をご参照ください。

【2021年8月更新】一部メニューの新規申込受付終了について

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」のアプライアンスメニュー「IDS/IPS、URLフィルタリング、Webアンチウイルスメールアンチウイルス」の新規申込受付を2021年12月31日に終了いたします。
詳しくは、以下をご参照ください。


KDDI Wide Area Virtual Switch2とは

クラウドスマートデバイス利用一般的となり、それらをつなぐネットワークにはより拡張性即時性が求められるようになってきています。「KDDI Wide Area Virtual Switch 2 (以下KDDI WVS 2)」は、クラウド同様必要なときに必要なだけ使うメリットを、インターネットセキュリティイントラネットにも適用し、より広くお客さまのビジネスを支えるインフラへと進化した広域ネットワークサービスです。
お客さまの関心の高いセキュリティ機能を、高信頼インターネットセットでご提供するセキュリティクラウドと、「KDDI WVS 2」ネットワーク上に仮想化したオーバーレイネットワーク構築により、ネットワーク柔軟統合分離できる仮想ネットワーク充実機能でお客さまの課題である"通信コスト最適化"や"ネットワーク管理一元化"を実現するとともに、予測困難将来ビジネス環境にも拡張性のあるネットワークをご提供します。
また、今後クラウド活用をご検討中のお客さまには、「KDDI クラウドプラットフォームサービス」「Amazon Web Services (以下AWS)」などのクラウドサービス安定した環境セキュアにご利用いただけるクラウド接続をご提案します。

  • イントラネットインターネットセキュリティセットになりハイブリッドクラウド利用にも最適です。
  • 各拠点分散したセキュリティ機器ネットワーク集約し、柔軟拡張性統合管理実現します。
  • 「KDDI Wide Area Virtual Switch (以下KDDI WVS)」で提供しているトラフィックフリー機能オプションメニュー宅内ルータレス機能なども合わせてご利用いただけます。

サービス紹介動画

※ 動画閲覧時はIEブラウザ以外での閲覧をお願いいたします。

安価セキュリティ対策可能セキュリティクラウドや、柔軟仮想的ネットワーク構築することが可能な「KDDI WVS 2」の特長について紹介しています。
パブリッククラウドインターネット経由せず、閉域接続できるクラウド閉域接続など安心快適利用いただけます。

動画再生時間: 4分6秒

特長

セキュリティクラウド―拡張性と信頼性に優れた
『セキュリティ』+『インターネット環境』

クラウド化した各種セキュリティ機能と、BCPに対応した信頼性の高いインターネット接続セットでご利用いただけます。お客さまは専用機器所有することなく、初期投資最低利用期間なしで必要な時に利用できます。


仮想ネットワーク ―ネットワークの柔軟なデザインを実現

新たな専用機器設置宅内物理構成変更することなく、オンデマンドネットワーク構築統合分離実現します。お客さまのビジネス環境にあわせ柔軟セキュアネットワークデザインすることができます。

導入メリット

セキュリティポリシーや用途の違いで別々に構築されたネットワーク。運用管理の負荷とコストを削減したい

 同一アクセス回線でL2、L3のどちらも利用可能な仮想ネットワーク機能なら、アクセス回線を集約しつつ、複数のネットワークをカスタマーコントローラ上で一元管理することが可能です。ネットワークの追加にも柔軟・迅速に対応することができます。

クラウドサービスやインターネットの業務利用の拡大に合わせて、セキュリティ対策を強化したい

 クラウド化した各種セキュリティ機能なら初期投資や最低利用期間なしで使いたい時に使いたい分だけ利用でき、固定資産を持たずにセキュリティ対策の強化が可能です。 インターネット帯域やセキュリティ機能 (アプライアンス) のリソース拡張にもオンデマンドで対応できます。

緊急のセキュリティパッチの配信やOSのアップデートに一時的に拠点の帯域を拡張したい

 イーサネット方式 II、エクステンドイーサネット方式を利用することで突発的に必要となる緊急配信などのトラフィック増加にもオンデマンドで帯域を拡張し、柔軟に対応することができます。

セキュリティ機器 (アプライアンス) の導入には数カ月かかることも。緊急時やリソース不足に迅速に対応したい

 緊急時にもカスタマーコントローラからセキュリティ機能追加やインターネット帯域の拡張が即時に可能です。 機器手配では間に合わない緊急のセキュリティ対策やリソース不足にもスピーディに対応。いざというときにも安心して利用できます。

「KDDI WVS」と「KDDI WVS 2」の関係

KDDI Wide Area Virtual Switch と KDDI Wide Area Virtual Switch 2の関係図
  • 「KDDI WVS 2」をご利用いただいているお客さまは、「KDDI WVS」と「KDDI WVS 2」の拠点を、同一のVPNでご利用いただくことができます。
  • セキュリティアプライアンスは「KDDI WVS」からもご利用いただけます。
  • 仮想ネットワークは「KDDI WVS 2」アクセス回線でのみご利用いただけます。

アクセスメニュー

イーサネット方式II、エクステンドイーサネット方式とは

お客さまのパソコンからルーティング設定アドレス追加、さらには帯域増減速やご契約いただいた帯域ネットワークごとに分割するなど、さまざまな制御オンデマンド実現可能帯域確保型アクセスメニューです。「緊急アップデート配信のため一時的帯域拡張したい」「重要通信はほかの通信影響を受けないように帯域制御したい」といったニーズ対応し、仮想ネットワークやVPNをより便利にご利用いただくことができます。

イーサネット方式IIの説明

プラットフォームアクセスメニュー

トラフィックフリー機能トラフィックフリー機能IIの通信対象となるアクセスメニューです。

アクセスメニューの図
  • 注5) PFはプラットフォーム意図する識別子です。

アクセスメニュー詳細

メニュー 方式 品目 Interface トラフィックフリー 備考
プラットフォーム
アクセスメニュー
イーサネット方式
新規申込受付終了
0.5M~10M 10BASE-T -
20M~100M 100BASE-TX
200M~1G 1000BASE-SX/LX/T (注6)
イーサネット方式 II PF 0.5M~100M 100BASE-TX -
100M~1G 1000BASE-SX/LX/T (注6)
アクセスメニュー イーサネット方式
新規申込受付終了
0.5M~10M 10BASE-T ○ (注7)
10M~100M 100BASE-TX ○ (注8) 10Mはトラフィックフリー利用時のみ
200M~1G 1000BASE-SX/LX/T (注6) -
バースト10M 10BASE-T - 確保帯域は10%
バースト100M 100BASE-TX
イーサネット方式
(ハウジング)
新規申込受付終了
0.5M~10M 10BASE-T ○ (注7)
10M~100M 100BASE-TX ○ (注8) 10Mはトラフィックフリー利用時のみ
200M~1G 1000BASE-SX/LX/T (注6) -
イーサネット方式II 0.5M~100M 100BASE-TX ○ (注8)
100M~1G 1000BASE-SX/LX/T
エクステンドイーサネット方式 0.5M~100M
バースト10M・100M
100BASE-TX - 仮想ネットワーク専用
イーサネットライト方式 1Gベストエフォート 10/100/1000BASE-T -
ブロードバンド
アクセス方式II
新規申込受付終了
下表参照 10/100/1000BASE-T -
ブロードバンド
アクセス方式III
下表参照 10/100/1000BASE-T -
IPsec方式 拠点数単位 - -
ワイヤレスアクセス方式
新規申込受付終了
WiMAX 2+/LTEアクセス 10/100/1000BASE-T -
ワイヤレスアクセス方式II WiMAX 2+/LTEアクセス 10/100/1000BASE-T -
  • 注6) 沖縄はSXのみ
  • 注7) 10MはトラフィックフリーOFFのみ
  • 注8) 100MはトラフィックフリーOFFのみ

ブロードバンドアクセス方式III
ブロードバンドアクセス方式II (新規申込受付終了) のプラン

プラン 概要
プランF NTT東日本、NTT西日本のフレッツ回線をお客さまにてご手配いただくプラン
withF+ NTT東日本、NTT西日本のフレッツ回線のお申し込みから開通サポート・料金請求・故障受付・受付窓口までKDDIが一元的にご提供するプラン
auひかり (W) auひかり (W) をアクセス回線として利用するプラン
インターネット お好きなインターネット回線をお客さまにてご手配いただくプラン

オプションサービス

接続先コントロール機能で、柔軟なネットワークポリシーを実現可能  エクストラネット機能

L2VPN、L2仮想ネットワーク、L3VPN、L3仮想ネットワークのいずれにおいても、接続先のコントロールを行い、機密性の高いネットワークを構築可能です。

【VLAN制御機能】 新規受付終了
(L2VPN) 

VLAN制御機能を利用し、ハブスポーク形態を実現
 

【VLAN制御機能】
(L2仮想ネットワーク)

 KDDI側でのVLAN付与を行う事でVLAN分割されたネットワークへの接続を実現

【エクストラネット機能】
(L3VPN、L3仮想ネットワーク)

 会社ごとに分割したVPNをエクストラネット接続することでハブスポーク形態を実現

① センター拠点ではVLAN制御機能を利用して、お客さまVLANを透過し、ハブスポーク形態のハブを実現します。
② VLAN制御機能を利用することで、お客さま側/KDDI側のいずれでもVLAN ID付与可能です。
③ センター拠点ではお客さまVLANを透過することが可能です。
④ VLAN制御機能を利用することで、KDDI設備でお客さまVLANの付与が可能です。
  • エクストラネット機能接続される双方ネットワークにて、エクストラネット利用料発生します。なお、1つのネットワーク複数ネットワーク接続する場合でも、1つのネットワークに対して発生する料金一律です。
  • エクストラネット機能利用するネットワーク所属するアクセス回線料金区分は、すべて全国料金となります。
  • 接続先として「KDDI WVS 2」のL3NW番号およびKDDI IP-VPNのVPNコード指定可能です。

セキュリティ監視

  • 日本最大級を誇る株式会社ラックのJSOC (Japan Security Operation Center) によるセキュリティ監視をご提供します。セキュリティインシデント発生時には、その重要度を判定して速やかに通知を行います。
  • セキュリティ監視の対象となるアプライアンスメニューのログ
    ― インターネットファイアウォール、IDS/IPS、UTM (インターネットファイアウォール、IDS/IPS)
  • ※株式会社ラックのJSOCでは、行政機関、官公庁、大企業を中心とした約850の組織を24時間365日監視し、サイバー攻撃などのネットワークの脅威を監視しています。
    セキュリティ監視機器が検知する警報ログは1日に4億件にものぼり、経験豊かなエンジニアが脅威を監視し、お客さまをお守りします。

ピックアップ

キーワード