このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

  • be CONNECTED.
    be CONNECTED.

    変化し続けるビジネスシーンを見据え、さまざまな特集を通して、ヒントをお届けします。

  • Smart Work
    Smart Work

    ニューノーマル時代における働く人が中心の働き方の実現へ

  • 資料一覧
    資料一覧

    KDDIサービスの各種パンフレットをダウンロードできます。

  • 導入事例から探す
    導入事例

    お客さまの課題をKDDIのソリューションを用いて解決した事例のご紹介です。

閉じる
  • 障害・メンテナンス情報

    KDDIは、お客さまにご不便をおかけするような通信・回線状況が発生した場合、本ページでお知らせします。

  • ご請求に関するお手続き

    お支払い方法の変更や請求書の再発行方法、その他ご請求に関する便利なサービスなどをご案内します。インボイス制度対応についてはこちらからご確認ください。

  • よくあるご質問

    よくあるご質問についてお答えいたしております。お問い合わせの際には、まずこちらをご覧ください。

  • サービス利用中のお客さま用
    お問い合わせフォーム

    サービスご利用中のお客さまへ、フォームでのお問い合わせをご案内します。電話でのお問い合わせ先は、各サービス別サポート情報からご確認ください。

閉じる
  • ニュースリリース・トピックス

    KDDI BUSINESSは、お客さまのDX推進と社会課題解決への貢献を目指しています。

  • ニュースリリース・トピックス

    KDDIの法人領域に関するリリース情報をお届け。 サービスや技術など、さまざまな情報を日々発信しています。

  • 通信+αでお客さまのDXを 加速させるKDDIグループ

    KDDIは通信を軸に、
    グループ会社との連携でお客さまを強力にサポート。

  • KDDIのグローバルICTソリューション

    世界60都市以上、100拠点以上でサービスを展開。
    信頼性の高いグローバルネットワーク環境は世界190カ国以上でご提供しています。

  • お客さま満足度向上の取り組み

    私たちKDDIは「お客さまの経営課題を解決する」という方針のもと、営業・SEだけでなく、企画・開発・事務・管理、さらには経営層が一丸となってお客さまの声を伺い真摯に向き合っています。

閉じる
閉じる
閉じる
株式会社商船三井さんふらわあ

株式会社商船三井さんふらわあ

概要:

海上でも高速インターネットアクセスが可能に。
“海陸一体”で、DXと働き方改革を推進。
社名
株式会社商船三井さんふらわあ
所在地
東京都千代田区外神田一丁目18番13号 秋葉原ダイビル11階
業 種
運輸・エネルギー
従業員規模
501名~1,000名
掲載日
2024年01月

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード用のURLをお送りします。

お客さまインタビュー

事例概要

課題と解決策

課題

海上は通信環境が悪く、通話やインターネットが利用しにくかった

解決策

陸上と同等の通信が可能になり乗組員の満足度が向上

課題

船から陸上拠点へすぐに連絡できず緊急時対応に時間を要することがあった

解決策

通話もメールもすぐにつながり一層の安全運航を実現

課題

海上における通信環境の未整備が新たなサービス創出の妨げになっていた

解決策

高速・大容量・低遅延の通信で新たな旅客向けサービスが可能に


採用の理由と経緯

長年の課題を解決できる唯一無二の選択肢だった

船に設置されているアンテナの写真とKDDI担当者と談笑する商船三井さんふらわあのご担当者様
アンテナ設置の様子 (上)
KDDI担当者とのミーティング (下)

国内最大規模 (注)フェリー・内航RORO船事業会社である商船三井さんふらわあ様。2023年10月に、株式会社フェリーさんふらわあと、商船三井フェリー株式会社事業統合によって誕生した同社では、新たなスタートを機に、DX推進旅客向けの新サービス開発、働き方改革などを推進。こうした取組一環として、海上における通信環境改善目指し「Starlink Business マリタイムプラン」(以下、Starlinkマリタイム) を内航RORO船「むさし丸」に設置してトライアル導入決定した。

導入理由について松本様は「以前から海上での通信環境課題を感じており、『Starlinkマリタイム』のサービスが7月に始まると聞き、他社先駆けて導入したいと思い早々に申し込み手続きを行いました。アンテナが驚くほどコンパクトで、設置容易であることから、まずはトライアルとして導入しました」と経緯を語る。

導入後の効果

海上でのネット利用が可能になり、乗組員採用にも貢献

「Starlinkマリタイム」導入により、海上でも陸上とほぼ同じ感覚インターネット利用可能になった。

山本様は「航海中、いつでもインターネット利用できるようになり、労働環境改善につながりました。乗組員からも『家族とLINE通話ができた』と喜びの声が寄せられています。
また人材不足深刻化するなかで、海上でのインターネット環境整備は、若手人材採用定着にも効果発揮できると期待しています。航海に出る数十日間外界から隔絶されてしまうことは、とくに若い人の採用に大きなネックになっていましたが、『Starlinkマリタイム』が人材獲得の大きな強みになると思います」と導入効果説明する。

山本様の写真
ICT・DX戦略室 課長代理
山本 晋平

船と陸との連絡がスムーズになり運航の安全性も向上

佐藤様の写真
機関部 二等機関士
佐藤 希

エンジニアとして内航RORO船「むさし丸」に乗船し、航海中に「Starlinkマリタイム」をご利用佐藤様は、実際使用感について次のように話す。

インターネットアクセス可能になったことで、休憩時間にSNSやチャットが楽しめるようになりました。動画自宅で見るのと変わらない高画質視聴できるので気分転換ができ、長期間航海業務快適になったように感じています。
また、業務面においても、以前時間のかかることがあった船と陸上拠点との連絡スムーズに行えるようになり効率化が果たせています。とくに、緊急時には、陸上連絡がつかないと対処が遅れてしまうこともあり得るので、運航安全性向上にもつながっています」と話す。


コンテンツ配信など、新サービス展開に夢が広がる

船上高速低遅延通信環境整備できたことで、新たなサービス創出への可能性も広がっている。

松本様は「現在は、海上でのWi-Fi利用乗組員のみですが、今後はお客さまへの提供視野に入れています。また、航海中映像リアルタイム配信するなど、新たなコンテンツサービス検討中です。実は先日経営会議で、船上リアルタイム映像公開したのですが、今まで見ることができなかった映像役員から思わず拍手が上がる場面もあり、新サービス展開への期待が高まっています。当社には『海陸一体』という言葉がありますが、『Starlinkマリタイム』によるDX推進で、海陸一体ビジネス構築していきたいと考えています」と今後抱負を語る。

松本様の写真
ICT・DX戦略室 室長
松本 崇史

導入サービス概要図

株式会社商船三井さんふらわあ様の「Starlinkマリタイム」ご利用イメージ

内航RORO船『むさし丸』ではStarlink通信衛星を活用して、陸上拠点への連絡や家族・友人との連絡、SNS利用や動画視聴などが可能。
  • ※ 掲載された情報は、取材日当時のものです。
担当からのメッセージ

担当からのメッセージ


KDDI株式会社 ビジネスデザイン本部 エネルギー・運輸営業部
営業5グループ グループリーダー 山下 和 (右)
同グループ 山田 一樹 (左)


これまで船上では実現が難しかったことが、Starlinkによるインフラ環境変化がもたらされることで、検討可能な船舶DXの領域が広がるものと考えています。 通信のみならずさまざまな分野で、商船三井さんふらわあ様の事業拡大と課題解決の伴走をさせていただき、真のパートナーとなれるよう努力してまいります。

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。



ピックアップ