このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
  • be CONNECTED.
    be CONNECTED.

    変化し続けるビジネスシーンを見据え、さまざまな特集を通して、ヒントをお届けします。

  • Smart Work
    Smart Work

    ニューノーマル時代における働く人が中心の働き方の実現へ

  • 資料一覧
    資料一覧

    KDDIサービスの各種パンフレットをダウンロードできます。

  • 導入事例から探す
    導入事例

    お客さまの課題をKDDIのソリューションを用いて解決した事例のご紹介です。

閉じる
  • 障害・メンテナンス情報

    KDDIは、お客さまにご不便をおかけするような通信・回線状況が発生した場合、本ページでお知らせします。

  • ご請求に関するお手続き

    お支払い方法の変更や請求書の再発行方法、その他ご請求に関する便利なサービスなどをご案内します。インボイス制度対応についてはこちらからご確認ください。

  • よくあるご質問

    よくあるご質問についてお答えいたしております。お問い合わせの際には、まずこちらをご覧ください。

  • サービス利用中のお客さま用
    お問い合わせフォーム

    サービスご利用中のお客さまへ、フォームでのお問い合わせをご案内します。電話でのお問い合わせ先は、各サービス別サポート情報からご確認ください。

閉じる
閉じる
閉じる
株式会社 村田製作所

株式会社 村田製作所

概要:

人と人とのコミュニケーションの質をIoTで可視化

導入サービス:

社名
株式会社 村田製作所
所在地
京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
業 種
製造
従業員規模
1,001名以上
掲載日
2019年11月

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード用のURLをお送りします。

お客さまインタビュー

事例概要

動画で事例内容をご覧いただけます。(3分49秒)

採用の理由と経緯

大規模開発のマネジメント力と、『AWS』の専門性が決め手に

モジュール事業本部 IoT事業推進部 データソリューション企画開発課 シニアマネージャー 笹野 晋平氏
モジュール事業本部 IoT事業推進部
データソリューション企画開発課 シニアマネージャー
笹野 晋平氏

ものづくりから、サービス提供へ。新規事業の開拓をめざす同社は、サービスに必要なIoTプラットフォームのクラウド基盤の開発・運用をKDDIグループに委託。笹野氏は「今後、当社のさまざまなIoTプロジェクトのバックエンドになるプラットフォームでもあり、大規模な開発となることから、KDDIの優れたプロジェクトマネジメント力と、『AWS』に高度な専門性を有するアイレット (注) のタッグは、私たちにとって非常に頼もしいものでした」とパートナー選択の経緯を語る。

  • 注)KDDIグループのアイレット株式会社は、国内トップレベルの『AWS』導入・運用実績を誇り、7年連続で『AWS』のプレミアコンサルティングパートナーに認定されています。

導入後の効果

『AWS』に精通した最適提案を受け、質の高い開発を実現

同社では、新技術・システムの開発は社内で行いノウハウを蓄積することが多かったが、クラウドに関しては社内に十分な知見がなかったため外部への委託を検討。石橋氏は「その領域に詳しいパートナーと組む方が、スピーディーかつ効率的であると考えました。KDDIグループは、『AWS』の最新機能を活用したサービス提案力や運用能力に非常に優れていたため、質の高いプラットフォーム構築に大変役立ちました」と言う。

技術・事業開発本部 ソリューションビジネス推進部 推進2課 マネージャー 石橋 善成氏
技術・事業開発本部 ソリューションビジネス推進部
推進2課 マネージャー
石橋 善成氏

リモートでのアジャイル開発で、フレキシブルな開発を推進

技術・事業開発本部 ソリューションビジネス推進部 推進5課 シニアスペシャリスト 森 悠介氏
技術・事業開発本部 ソリューションビジネス推進部
推進5課 シニアスペシャリスト
森 悠介氏

IoTプラットフォームの開発は、KDDIからの提案でアジャイル型のスクラム開発を採用。森氏は「プロトタイプを作り、PoCを繰り返しながら要件を固める今回の開発には、スクラム開発が最適でした。私たちにとって初めての挑戦でしたが、KDDIのスタッフとデイリースクラムやビジネスミーティングを毎日行い、開発のスピード感を実感。問題発生時にも迅速にリカバリーでき、スムーズに開発を進められています」と語る。


ハードウェアからクラウドまで、一貫したサービス構築が可能に

2019年6月には、IoTプラットフォーム『センシングデータプラットフォームNAONA』を活用した『NAONA x Meeting』をリリース。1on1ミーティングなどで、発言量や会話テンポをセンシングし、可視化することでコミュニケーションの質を高める本サービスは、多くの企業から注目を集めている。笹野氏は「KDDIからクラウド基盤の開発・運用サポートを受けることで、IoTサービスを効率的に開発できるようになりました。今後は、プラットフォームの汎用性を高め、新たなサービスの開発も進める予定です」と意欲を高めている。

村田製作所様・社内でのミーティング
村田製作所様・社内でのミーティング
  • ※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。
担当からのメッセージ

担当からのメッセージ


KDDI株式会社 ソリューション営業本部ソリューション関西支社ソリューション京都支店

高山 僚 (左)


ソリューション推進本部クラウドソリューション部アーキテクトG

荒木 利幸 (右)


この度は村田製作所様の未来を担うプロジェクトのパートナーとしてお選び頂いたことを非常に光栄に思います。引き続きビジネスの真の成功を目指して総力を尽くしてまいります。

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。



ピックアップ