KDDI クラウドプラットフォームサービス

機能一覧

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI クラウドプラットフォームサービス (略称: KCPS): 機能一覧」(IaaS・PaaS・DaaS) のご案内です。

機能一覧(国内)

各機能を選択すると、詳細をご確認いただけます。

機能一覧 内容

仮想サーバー

  • ・専有サーバー・共有サーバーを提供
  • ・追加ディスクは、データベース/ファイル保存に適したストレージを選択可能

ベアメタルサーバー

お客さま専有の物理サーバーを提供

バックアップ

国内にある2つのDRサイト (注1) でバックアップ、お客さまのデータを保全

マネージドオプション/
構築・運用・監視メニュー

  • ・お客さまのご利用システムに応じた最適な監視を自動で設定
  • ・お客さまのご要望に応じて、システムの構築・運用を代行

ファイルサーバー

ファイルサーバーに必要となるアプリケーションも含めて提供

オブジェクトストレージ

閉域イントラ網の中で、堅牢性、拡張性、信頼性の高いクラウド型ストレージを提供

ネットワーク

  • ・安心の閉域イントラ網「KDDI WVS」「KDDI WVS 2」と、インターネット接続を標準提供
  • ・「KCPS」上の仮想サーバーと「TELEHOUSE」(注2) 上のお客さま指定機器を、同一セグメントで接続可能、簡単設計で負荷を軽減
  • ・200Mbpsのインターネット接続がバンドルされ基本的なルーター機能を備えた標準ファイアウォールが無料でご利用できます
  • ・有料オプションとして1Gbpsのインターネット接続を料金固定でバンドルし、次世代ファイアウォール機能を備えた拡張ファイアウォールを提供

Admin Console

サーバー/追加ディスクの作成、バックアップの設定が可能

第三者認証の取り組み

  • ・サービス・オーガニゼーション・コントロール1 (SOC 1) のType1/Type2報告書と、サービス・オーガニゼーション・コントロール2 (SOC 2) のType1/Type2報告書を受領し、より安心して利用が可能
  • ・お客さまの請求に基づき、お客さま社内の内部統制部門や、お客さまの独立監査人への提出が可能な報告書を提供
  • 注1)DRサイトとは、遠隔地の別データセンターのこと
  • 注2)「TELEHOUSE」は、KDDIが提供する国内データセンターサービス拠点です。
    ご利用には別途お申し込み、ご利用料金がかかります。詳しくは以下をご参照ください。

機能一覧(海外)

KDDIクラウドプラットフォームサービス

機能一覧 内容
サーバー

専有サーバー (Premium)、共有サーバー (Value) から選択できます。

・Premium: 高スペックの物理サーバーをお客さま専有でご提供します。ポータルサイトから専有サーバー上に、仮想サーバーを割り当てることができます。プライベートクラウドの構築をお考えのお客さまに最適です。
・Value: 仮想サーバーを6種類のスペックでご提供します。スモールスタートでのシステム設計をお考えのお客さまに最適です。
ストレージ OS起動ドライブに加え、サーバーへ10GB単位でディスクを追加できます。追加ディスクは、データベースやファイル保存などにご利用いただけます。
ネットワーク インターネット接続を標準で提供致します。
Admin Console サーバーや追加ディスクの作成・削除、ネットワークの各種設定、利用状況の確認などが可能です。

仮想サーバー

サーバーの種類は、専有サーバー (Premium)・共有サーバー (Value) から選択できます。
※Customは新規販売を終了しました。
※Premium (専有サーバー) は、2020年5月31日をもって、新規お申込受付を終了します。


専有サーバー (Premium)

12vCPU、48GBメモリーの高スペックの物理サーバーをお客さま専有で提供します。ポータルサイトから専有サーバー上に、仮想サーバーを割り当てることができます。プライベートクラウドの構築をお考えのお客さまに最適です。
また、1vCPU、2GBメモリーのステージングサーバー (仮想サーバー) がバンドル提供され、商用化前の検証試験にご利用いただけます。

サーバースペック CPU メモリー 仮想化基盤
12vCPU~ (注3) 48GB~ (注3) KVM
Vmware
OS Windows Server (R)
RedHat Enterprise Linux・Cent OS
OS領域ドライブ 50GB/100GB (仮想サーバーごと)
アプリケーション (オプション) ウイルスチェック・マイクロソフトアプリケーション (Office等)・SQL Server (R)
  • 注3) vCPU、メモリーのうち、仮想化基盤などにて一定リソースを確保する必要があります。

エクストラアベイラビリティ

これまでにない可用性の高いシステム構築を可能にする機能です。
通常のクラウドサービスでは収容ストレージを指定できないため、ホストサーバーを冗長化している場合であっても、ストレージの二重故障発生時にシステムダウンが発生します。
「エクストラアベイラビリティ」をお申し込みいただいた場合、収容ストレージ分散を考慮した構成で利用でき、万が一のストレージの二重故障発生時においても、システムの継続稼動が可能になります。

  • ※「エクストラアベイラビリティ」は、サーバーの種類に専有サーバー (Premium) を選択した場合のみ提供可能です。

共有サーバー (Value)

仮想サーバーを11種類のスペックで提供します。スモールスタートでのシステム設計をお考えのお客さまに最適です。

vCPU
1vCPU 2vCPU 4vCPU 6vCPU 8vCPU
メモリー 2GB Small1
4GB Small2 Medium1
8GB Medium2 Large1
16GB Large2 XLarge1
24GB Large3 XLarge2 XXLarge1
32GB XLarge3
OS Windows Server (R)
RedHat Enterprise Linux・Cent OS
OS領域ドライブ 100GB
アプリケーション
(オプション)
ウイルスチェック・マイクロソフトアプリケーション (Officeなど)

カスタム (Custom)

仮想環境では動作しないアプリケーションを動かす場合や標準メニューのスペックでは足りない場合、お客さま指定スペックの物理サーバーやネットワーク機器をご用意します。複雑な手続きは不要で、月額料金のみでご利用いただけます。詳しくは、法人お客さまセンターまたはKDDI法人営業担当者までお問い合わせください。
※Customは新規販売を終了しました。


追加ディスク

OS起動ドライブ (50GB/100GB) に加え、仮想サーバーへ10GB~2TBの追加ディスクをマウントできます。追加ディスクには、データベースなどに適したシステムストレージとファイル保存などに適したデータストレージがあります。

  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ


ピックアップ