このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる
Google Workspace

基本機能詳細ページ

KDDI法⼈・ビジネス向け「Google Workspace : 基本機能詳細ページ」(グループウエア) のご案内です。

【スマートバリュー for Business 対象】

Gmail (TM)

独自ドメインで使えるビジネス用のGmail

外出先からでもセキュアに使えるブラウザベーズのメールサービスです。

大容量メールボックス
容量上限を気にしてメール整理する手間削減

Google エンジンによる高速検索
大量メールから素早簡単に見つけられます。

検出精度99%の強力迷惑メールフィルター
AIのテクノロジー活用した最新迷惑メールフィルター標準装備
不要メール防止し、ユーザー脅威にさらされるリスク軽減します。

  • メールボックス容量は、Google ドライブ共用容量です。
  • ※ Business Starterの場合ストレージ容量追加有料オプションサービスです。

Google カレンダー

チーム向けに設計された統合型オンラインカレンダー

参加者スケジュール確認会議室予約など、スケジュール調整にかかる時間手間を省きます。

会議室備品なども予約管理
会議室などの設備プロジェクターなどの備品予約管理できます。

複数カレンダーを重ねて表示
参加者会議室カレンダーを重ねて表示し、日程調整簡単です。

Googleサービスシームレス連携します
スケジュール登録同時に、参加者のGmailへメール通知事前ビデオハングアウト予約可能です。場所登録すればGoogle マップ (TM) で地図確認ルート検索ができます。

AIのテクノロジー活用した、スマートスケジュール機能
モバイルアプリで、機械学習利用した「時間を探す」機能により、会議室予約スマートにおこなえます。

Google ドライブ

あらゆるファイルを保存できる
大容量オンラインストレージ

社内情報資産簡単共有可能ファイルメール添付する必要はもうありません。

Google ドキュメント/Google スプレッドシート/Google スライド/Google フォーム

ブラウザ上で作成できる大容量のオフィススイート

複数ユーザーリアルタイム同時編集可能プロジェクト遂行スピードアップ!
ドキュメント (文章) やスプレッドシート (表計算)、スライド (プレゼンテーション)、
簡単アンケートフォーム無制限作成できます。

Google ドキュメント Google スプレッドシート Google スライド Google フォーム

リアルタイム複数人編集可能
一つのファイル同時共同編集できるので、ファイルマージする必要がもうありません。

自動保存と、無制限変更履歴
変更履歴自動的保存されるので、いつでも変更内容確認したり、元に戻したりすることができます。

フォーム機能簡単集計
実績アンケート入力作業フォーム機能定型化できます。
ウェブフォームから入力されたデータスプレッドシート自動反映されます。

Google Meet

簡単に参加できるビデオ会議

最大250人まで参加可能ビデオ会議 (注1)
どこにいてもFace to Faceで普段と変わらない会議実現することができるので、会議移動にかかるコスト削減可能です。

ビデオ会議パソコン画面ドキュメント共有
リアルタイムパソコン画面資料共有可能です。複数人ドキュメント編集しながら議論することも可能です。

カレンダービデオ会議予約
カレンダー上でビデオ会議事前予約しておくことも可能です。通知メールカレンダー予定からビデオ会議参加できます。

  • 注1) Business Starterの参加可能上限は100人、Business Standardの参加可能上限は150人になります。

Google サイト

専門知識は一切不要! 簡単に作成できるウェブサイト

Google サイト社内共有情報集約し、情報共有迅速化!

社内情報共有サイト簡単作成
HTMLの知識がなくても簡単社内ポータルサイト作成できます。最新のお知らせ情報共有情報手軽全社発信することができます。

ユーザー編集可能なWikiサイト作成
Wikiサイトとしてユーザー編集して社内情報資産を貯めることもできます。もちろん検索目的情報瞬時に見つけることもできます。

Google Groups for Business

メーリングリストも簡単に作成

グループアドレスコミュニケーションと Google Workspace コンテンツ共有容易に!

グループアドレス情報共有迅速化
Googleグループチームメーリングリスト作成すれば、メールでの進捗状況報告会議出席依頼ドキュメント共有全員に対して一度送信することができます。

ウェブ形式フォーラム機能プロジェクト単位情報資産蓄積
グループウェブインターフェース使用すれば、Q&Aフォーラム共同トレイとして利用できます。

過去のやりとりした内容添付ファイル閲覧検索することができます。

Google Keep (TM)

思いついたアイデアをすぐにメモできる

メモややるべきことをすばやく書きとめられる便利なツール!

いつでもどこでもメモ更新
パソコンスマートフォンタブレット使用して、作業中に頭に浮かんだアイデア記録したり、ToDoリストにある作業をその場でテェックマークをつけたりできます。メンバー共有し、リマインダー設定して管理することもできます。

ドキュメント内で書きとめられたメモアイデア参照
ドキュメントからKeepのメモ帳にアクセスするだけで、すべてのメモ参照することができます。

管理コンソール (端末管理含む)

Google Workspace で効率的に一元管理

Google Workspace の導入により管理者さまの運用負荷軽減される上、常に最新機能社員提供できます。

セキュリティ管理
社員アカウント追加削除メーリングリスト作成や、Google Workspace サービス組織ごとに異なったポリシー適用管理を行うことができます。
2 段階認証プロセスシングル サインオンといったセキュリティ設定可能です。

モバイル端末管理
従業員所有するiOS端末やAndroid (TM) 搭載端末内データセキュリティ確保できます。
モバイル管理使用して、使用状況確認・アカウントワイプ・リモートワイプなどの操作を行うことができます。

Google Vault

アーカイブ、電子情報開示、情報ガバナンスの機能

万が一の訴訟コンプライアンスに備えるアーカイブとeディスカバリ機能

メールオフレコでないチャット、Google グループ、Google ドライブアーカイブ
メールチャットやGoogle グループメッセージおよびGoogle ドライブファイルアーカイブし、組織ポリシーに従ってバックアップ保持されます。
不注意による削除防止や、万が一の訴訟コンプライアンス監査必要電子情報開示機能提供します。

データ検索エクスポート
検索機能必要データを絞り込むことが可能です。
必要に応じてデータエクスポートして利用することもできます。

Google Workspace 全体を横断的にすばやく検索

Google Workspace 内の必要情報必要タイミングで得られます。

Google Workspace のためのGoogle検索サービス
Google Cloud Searchは、Gmail、ドライブドキュメントスプレッドシートスライドカレンダーなどに含まれるデータ包括的検索できます。

AIのテクノロジー活用し、必要情報事前提示
アシスタント機能では、状況に応じた情報適切タイミングアシストカード表示されます。アシストカード参照しながら1日の業務効率的に進められます。

Google Currents

社内用ソーシャルネットワーク

社内限定コミュニティで、社内最新情報会話写真動画共有でき、チームメンバー交流を深めます。

写真動画会話を盛り上げる
チームでGoogle Currentsを使えば、共通関心事項に関する知識最新情報、新しいアイデアリンク動画画像と合わせてメンバー全員共有できます。出張先セミナー様子写真動画共有すれば、コメント機能チーム全員気軽フィードバックを送り合えます。

コミュニティ範囲組織ごとに設定できる
管理者組織単位段階的にCurenntsを有効化できます。

ドライブ ファイル ストリーム

Google Workspace 用のGoogle ドライブ同期ツール

お使いのパソコンディスク容量を気にすることなく、いつでもGoogle ドライブファイルアクセスできます。(注3) (注4)

エクスプローラーからクラウド上のファイル閲覧管理
パソコンローカルフォルダファイル操作するのと変わらない操作で、「マイフォルダ」や「チームフォルダ」のファイル素早アクセスできます。

ハードディスク容量大幅節約かつ同期時間短縮
必要ファイルだけをオンデマンドストリーミングするのでローカルファイル保存する必要がなく、大幅ハードディスク使用容量節約できます。
また、同期所用時間短縮されます。

  • 注3) ご利用には、管理者にてドライブ管理ストリーム使用許可する必要があります。

  • 注4) Google ドキュメント形式以外ファイル留意事項について
    Microsoft Office形式などのファイルについては上書保存となっており、同期編集はできません。
    (2017年10月30日時点)
    ドライブ ファイル ストリーム最新システム要件とし制限事項以下ページにてご確認ください。

Google Chat

どこからでも参加可能
webブラウザさえあれば、パソコンからでもスマートフォンからでも参加できます。スマートフォンからはアプリケーションでの利用可能です。自宅でのテレワーク中も、出張移動中でも、どこからでも連絡を取ることができます。

Gmailとシームレス連携
Chatはスタンドアロン アプリとして使用することも、 Gmail内で使用することもできます。

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ