このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

KDDI IoTクラウド Standard 湿温度パッケージ

IoTを利用するために必要なクラウド、通信回線、温湿度センサー、ゲートウェイ機器を用途に合わせた商品です。

KDDI IoTクラウド Standard 湿温度パッケージとは

現地に設置したセンサーおよびゲートウェイ端末により、検知データをセキュアなネットワーク環境を通じてクラウドサーバーに収集・保存します。また、複数のセンサーを組み合わせることで、防犯効果を高めることが可能となります。お客さまはスマートフォンやパソコンから管理用ウェブサイトにアクセスし、IDとパスワードを入力してクラウドサーバー上に保存されたセンサー検知情報を確認できます。

特長

1. センサーからクラウドまで一気通貫でご提供

温湿度センサーとゲートウェイ機器、さらにデータを保存し閲覧するためのクラウドまで、すべてセットでご提案します。

  • ※ 必要に応じて別途設置工事が必要です。

2. 計測したい場所に子機を置くだけでデータがクラウドへ

計測したデータはクラウドサーバー上に保存され、いつでもウェブ管理画面から確認することができます。例えば、ある温度に達するとメール通知を行うなどの運用も可能です。


3. 面倒な設定や複雑な操作は不要

ご利用に際して複雑な設定は必要ありません。カメラを設置してお手元のパソコンやスマートフォンから管理用ウェブサイトにログインするだけの簡単操作で、すぐにご利用いただけます。

ご利用シーン

  • 快適なオフィス作りのための環境計測に
  • 医療や福祉分野での健康管理に
  • ビニールハウス・店舗・倉庫などの温湿度管理に
  • 運送用トラック荷台の温度管理に
オフィスの環境計測
ビニールハウス内の環境計測
冷凍車の庫内温度計測

機器構成例

必要な機器は設置済みで接続用のケーブルなどすべてそろった状態でお届けします。設置後電源を入れ、管理用ウェブサイトにログインしていただくだけで簡単に遠隔監視が実現します。

ゲートウェイ機器
親機
T&D RTR-500NW
温湿度センサー
T&D RTR-503

管理画面

ログサマリー表示
記録データ表示
画面表示設定

ご利用料金


初期費用 月額費用 内容
温湿度
パッケージ
サービス料 198,000円 7,000円 温湿度セット (GW機器1台、親機1台、子機2台)・クラウドサービス・各種設定
【温湿度センサ情報】
子機動作環境: -30~80℃ (無線通信)、測定範囲: 0~55℃、電源: リチウム電池
回線料 3,090円 1,700円 通信回線
  • ※ 配送費は別途必要です。
  • ※ 回線料はご利用日数とデータ量によって変動します。
  • ※ 子機を1台追加するごとに機器代金 (¥24,800) がかかります。
  • ※ 子機接続台数が6台以上になる場合は別途設定費が必要となります。
  • ※ ご利用料金はご利用の構成や環境により異なります。詳しくは下記フォームよりお問い合わせください。

パッケージラインアップ

  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ