このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる
Microsoft 365 with KDDI

EMS

ユーザー認証デバイス、アプリケーション、データなどを適切管理保護セキュリティ強化

インターネット帯域の拡張イメージ

Azure Active Diectory

Office 365やIntuneを束ねるクラウド型認証基盤


クラウドサービスとして提供される認証基盤

クラウドサービスとして提供されるため、場所を問わずどこからでも認証を行えます。
社内、社外、どのようなデバイスでも、セキュア環境業務アプリアクセス可能です。


インターネット上のさまざまなSaaSアプリと連携

Office 365 で提供される以外のさまざまなアプリケーションに対しても同じ方法認証を行えます。
アプリケーションごとにID/PWを管理する必要がなくなるため、ID/PWの紛失リスク軽減できます。


安全なシングルサインオン (SSO) を実現

多要素認証条件付アクセスユーザーごとに設定可能
社外からの利用時や、業務委託社員にはより強固認証設定するなど、利用シーンに応じたアクセス制御可能です。

  • ※ デバイスベースのアクセス制御には、Microsoft Intuneのライセンスが必要です。

Microsoft Intune

モバイルデバイスの管理やモバイルアプリの管理機能を提供


マルチデバイスの一元管理

OSの種類デバイス場所を問わず、同じポリシー使用してデバイス一元管理できます。


モバイルデバイスの盗難/紛失対策

ポリシー使用して、モバイルデバイ適切セキュリティ設定を適用できます。
また、リモートでのロックワイプ (データ消去) により、デバイス内のデータ盗難抑止できます。


業務アプリの展開と保護

登録デバイスに対する一括でのアプリケーション展開や、アプリデータ保護により、業務外アプリへのデータの持ち出しを抑止できます。

  • ※ デバイスベースのアクセス制御には、Azure Active Directory Premium のライセンスも必要です。

Azure Information Protection

クラウドストレージ上やデバイス内のファイルを
分類・暗号化し、データを保護


ファイルの分類と暗号化

管理者定義したポリシーに基づきファイル内容判断し、自動的暗号化設定することができます。


権限の制御

ファイル分類ごとにアクセス権限設定意図した権限範囲内で、社外ユーザーも含めたファイル共有を行うことができます。


不正アクセスの追跡と対処

ファイルアクセス状況追跡し、不正アクセス発生した際にはアクセス権限をはく奪することができるため、社内データ不正な持ち出しや紛失/盗難から保護します。

  • ※ 自動的なラベル付け機能は、Azure Information Protection Premium P2 のライセンスが必要です。
  • ※ 社外ユーザーが暗号化されたファイルを開くためには、Azure Information Protection ビューアーが必要です。

その他の機能

Advanced Threat Analytics (ATA)

資格情報に対する攻撃や、不正振舞いを検出し、大きな損害発生未然防止する、オンプレミスソリューションです。
Active Directoryのユーザー行動 ・振舞いを監視し、資格情報にかかわる異常行動振舞いを検出した際には、組織管理者通知します。


Microsoft Defender for Identity

オンプレミス Active Directory への資格情報を狙った攻撃検知する、Azure のサービスです。
前述のATAとは異なり、管理サーバークラウド管理することができます。


Microsoft Cloud App Security (MCAS)

「Cloud Discovery」「アプリコネクタ」「プロキシ保護」という3つの機能で、クラウドアプリ環境保護します。
クラウドアプリ異常動作ユーザーアクティビティ監視ユーザーログインアクティビティ制御可能です。

本サービスのお問い合わせ


ピックアップ

カテゴリ