このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

西日本旅客鉄道株式会社様

西日本旅客鉄道株式会社

概要
KDDIが提供するタブレットや「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」などで、異常時対応力とお客さまサービスを強化。
業 種
運輸業
従業員規模
1,001名以上
掲載日
2015年07月

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード用のURLをお送りします。

お客さまインタビュー

KDDI VIEW

動画で事例内容をご覧いただけます。(2分25秒)

導入前の課題

異常時の効率的な連絡手段や、外国からのお客さまへの案内強化、
さらに業務員用の紙製マニュアル・規定類の簡素化が求められた。

代替テキストが入ります。
IT本部 IT計画 (運輸系)
担当課長 小山 秀一氏

従来、新幹線で異常が発生した場合、運転士と指令所との連絡手段は列車無線などの音声通話しかなかったため、早期復旧に役立つ効率的かつ正確な情報共有の手段が必要だった。また、増加しつつある外国からのお客さまに対して、英語などでスムーズに案内できる体制づくりのほか、3kgを超え携行負担が大きくなっていた乗務員用のマニュアル・規程類の簡素化が求められていた。

導入後の効果

運行の安全性と、案内サービスの強化で、
乗務員にも、お客さまにも大きな満足を提供。

西日本旅客鉄道様は、新幹線運行の安全性やお客さまサービス向上のため、KDDIのタブレットと「KDDI WVS2」「CPA」「KDDI クラウドプラットフォームサービス」を導入。KDDIの採用理由について、業務のIT化を推進する小山氏は『以前から「KDDI WVS」や「CPA」を利用しており、そのセキュリティレベルの高さや安定性を実感していたことに加え、当社の新幹線沿線でのサービスエリアの広さも決め手になった』と説明する。

代替テキストが入ります。
IT本部 IT計画 (運輸系)
藤原 正道氏
訪日顧客案内サポートツール

タブレットの活用方法は、異常発生時の状況写真の撮影・送信やビデオ通話による詳細な報告のほか、独自開発した翻訳アプリによる外国からのお客さまへのわかりやすい案内や、列車の遅延情報取得、沿線観光案内、在来線への乗り継ぎ案内、駅の施設案内など多岐にわたる。

また、乗務員のマニュアル・規程類の電子化については、長年慣れ親しんだ紙媒体からスムーズに移行できるよう、事前に試行導入を実施。『書き込みがしたい』『複数の資料を同時に見たい』など、現場の意見を反映し、システムを改良することで本格導入に臨んだ。タブレット導入により、従来は調べるのに時間がかかった駅の施設案内や、列車遅延時の乗り換え案内なども素早く行えるようになり、お客さまからも好評を得ているという。

代替テキストが入ります。

藤原氏は『今後も、お客さまのニーズを一番知っている乗務員の意見を参考に、サービス品質向上につながるアプリケーション開発を進めたい』と意欲をみせる。また、西日本旅客鉄道様は、線路などの保守担当社員にもタブレットの貸与を検討しており、KDDIのタブレットとセキュアなネットワークが、新幹線の安全運行にさらに貢献できる可能性が広がっている。

担当からのメッセージ


KDDI株式会社
ソリューション事業本部 ソリューション営業本部 ソリューション関西支社
法人営業2部 営業2G 
小島 純平

今回、北陸新幹線開業という大きなイベントを控えた中で新幹線乗務員様向けタブレット端末の展開や関連システム構築のお手伝いをさせていただき、大変嬉しく思っております。今後もさらにJR西日本様の業務に貢献できるよう、ご提案を続けていきたいと思います。

お客様プロフィール

社名 西日本旅客鉄道株式会社
所在地 大阪市北区芝田二丁目4番24号
URL https://www.westjr.co.jp/
  • ※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。

事例【PDF】版を
無料でダウンロードできます

会議資料に、メール添付用に、印刷用にぜひご利用ください。

導入事例:西日本旅客鉄道株式会社様(1.2MB)

<掲載内容>

  • 導入前の課題、導入後の効果
  • お客様インタビュー
  • 全体概要図・活用イメージなど


ピックアップ