このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる

ITヘルプデスク

法人向け「ITヘルプデスク」のご案内です。社内にあるヘルプデスク業務を柔軟にアウトソースいただけるソリューションです。


ITヘルプデスクとは

業務の多くが「ITシステム」と融合デジタル化されるなか、ユーザー部門からのお問い合わせの窓口主管部門ごとに分散。その結果部分最適による非効率運用体制ユーザー利便性向上しないといった課題を抱えることも少なくありません。
特に今後進展するクラウドシフトレガシーシステム刷新などにより、その傾向継続することが推測されます。

ITヘルプデスクは、そういった社内にあるヘルプデスク業務柔軟アウトソースいただけるソリューションです。

OA系のヘルプデスクサポート業務+社内の色々な部署にある業務と紐づいたITシステムのお問い合わせ窓口
社内に複数あるITシステムなどのヘルプデスク業務をまとめてサポート

ITヘルプデスクアウトソース

リソースの限られる情報システム、IT部門業務削減し、IT戦略やDXの推進デジタル人材育成などに注力することが可能となります。

「KDDI」ネットワークやデバイス、クラウドなどのIT運用実績「パーソル ワークスデザイン」 業務システムなど幅広いヘルプデスクの運用ナレッジ

ITヘルプデスクご紹介動画

動画再生時間:6分55秒

お客さまの体制にあわせたヘルプデスク構築

受け付け時間英語対応申請書処理などお客さまのご要望にあわせて、ITヘルプデスク機能設計構築いたします。
サービスデスク (KDDIサービス運用窓口) や主管部門さまとの連携を行うことで、迅速対応実現し、ご利用者さま、管理者さまの満足度向上します。

お客さまのご要望にあわせたヘルプデスク構築


ITヘルプデスク提供内容

お客さまのご要望にあわせ、機能体制を組み合わせてご提供いたします。
アウトソースによって単純業務量削減されるだけでなくヘルプデスク必要な人・モノ・場所手配管理から解放されます。

機能メニュー

受付要件例、サポート対象ハードウェア例、ソフトウェア・社内システムサポート例、マネージドサービスデスク、その他

受付体制

専任デスクとシェアードデスクの比較表

料金例

パターン例1(月額330,000(税込))とパターン例2(月額935,000(税込))

国際基準のサービス品質

KCS (Knowledge Centerd Service) (注3) について

業務を通じて現場ナレッジ共有/有効活用し続け、属人化のない高い応対品質実現するための"ナレッジ中心"とした「コンタクトセンター運営手法」"Knowledge Centerd Service"による運用推進高品質アウトソーシングサービス提供し続け、お客さまビジネスサポート貢献実現いたします。

コンタクトセンターの運用手法
  • 注3) KCSとは、1992年より、米国サポート関連非営利団体である「サービスイノベーションコンソーシアム」によって10年以上/50億円以上を投じて開発された方法論

継続した改善提案による、効率化の徹底

お問い合わせ件数などの実績報告だけではなく、サービスが常に進化していくことを目指し、傾向分析による、FAQやマニュアル改善など、お問い合わせ数の削減満足度向上に向けた、継続的改善提案をおこないます。

改善提案までのステップ

専門パートナーとの協業体制

2021年10月に宮崎県にKDDI、パーソルワークスデザイン一体運用実現するソリューションヘルプデスクセンター開設
お客さまの業務大切にお預かりします。

KDDIがワンストップで提供

ソリューションヘルプデスクセンター紹介

ソリューションヘルプデスクセンター

BCP対策

自然災害 (自身、台風など) 発生時の出勤体制

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

関連コラム


ピックアップ

キーワード