このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる
先進導入事例レポート : 古河ケーブルテレビ株式会社 様

KDDI「G.fast」を中規模集合住宅に導入
上下総和 1Gbpsで通信加入者が急増


KDDIはケーブルテレビ事業者にFTTH対応エリアの中規模集合住宅のインターネットサービスを高速化するソリューションとして、G.fastを提供している。G.fastは既設の棟内2Wメタル線 (電話導線) を活用し、上下総和1Gbpsのサービスを実現する。大規模な棟内工事を行わずに光サービスと同等の高速サービスが可能だ。 KDDIが提供するG.fastを導入してインターネット加入世帯の急増と解約防止で高い効果を上げている古河ケーブルテレビ株式会社 (茨城県) の事例をレポートする。

取材・文:渡辺 元・月刊ニューメディア編集長写真広瀬まり )


4棟で運用中、2棟に導入予定

図 : KDDIが提供するG.fastの概要

古河ケーブルテレビは2020年9月、KDDIが提供するG.fastシステム中規模分譲集合住宅4棟の合計約320世帯導入した。現在そのうちの約100世帯インターネットサービス加入し、G.fastを通したインターネット利用している。2021年4月には、新たに2棟の中規模集合住宅合計約300世帯でも施工予定している。

古河ケーブルテレビ設立は2017年。ケーブルテレビ株式会社 (栃木市) 子会社古河ケーブルテレビ設立し、これまで古河市サービスを行っていた別のケーブルテレビ事業者事業分割吸収して引き継いだ。旧事業者施設老朽化していた上、回線は450MHz仕様のHFCで、双方向運用一部地域のみという状態だった。古河ケーブルテレビ旧事業者から事業を引き継いだ当初、約5,500世帯利用者の多くは電波障害対策低価格同軸再送信利用しており、多チャンネルインターネット加入者非常に少なかった。テレビの多チャンネル加入は800世帯弱インターネット加入は約450世帯で、毎月のように解約があり加入世帯減少が続き、会社存続ができない状況だった。

事業を引き継いだ古河ケーブルテレビ親会社であるケーブルテレビ株式会社は、全国でも早期にFTTH化を実施してきた。古河ケーブルテレビ株式会社 代表取締役 小林康行氏は、ケーブルテレビ株式会社でFTTH化に携わってきた実績がある。古河市でもFTTH化を進めるため、古河ケーブルテレビ社長任命された。小林社長のもと、古河ケーブルテレビはFTTH伝送路設計敷設し、2019年にFTTHサービス開始した。そこからわずか3年後の2022年までに、同軸ケーブル伝送停止し、すべての利用者をFTTHサービス移行させる計画だ。そのため、戸建住宅のFTTH化と巻き取りを進めると同時に、4~12世帯程度小規模集合住宅には親会社ケーブルテレビ株式会社採用していたHCNA (HomePNA) を導入した。


他方式と比較しG.fastを選択

古河市の中規模集合住宅1階のMDFに設置したKDDIが提供するG.fastの親機
( 中央の黒い機器。NEC 製「VC1602G」 )

そこで課題として残ったのが、中規模集合住宅インターネット高速化だ。60世帯程度中規模集合住宅ならHCNAの導入可能と考え検討したが、HCNAは低い周波数帯しか使えず200Mbpsと速度が遅い。ブースター多段になり、混合分波を繰り返さなければならないという問題もある。世帯数の多い中規模集合住宅大規模集合住宅へのHCNA導入はさらに困難だ。

また、古河ケーブルテレビエリア内の中規模集合住宅は、1980年代ごろのバブル期に建設され30年近く経っているマンションが多い。世帯主は30代~40代のころにマンション購入し、現在60代~70代になっている。その人たちは固定電話をあまり使わなくなった今でも契約している。そのため中規模集合住宅導入するシステムは、インターネットだけでなく固定電話サービス提供できる必要がある。

しかし、HCNAは電話認証が取れていない。これらの問題点から、HCNA導入無理だと判断した。

そこで、別の方式検討した。各戸へ光ファイバー直接配線する方式は、専用線から光スプリッタなどで分配して各戸配線することになるが、配管通線や曲がり部分への配線考慮すると、加入者がある程度増えた段階一軒一軒工事するのは困難だし、費用もかかってしまうため断念。C-DOCSISなどDOCSISを利用した集合住宅対応方式については、旧事業者中規模集合住宅でのインターネット加入者数十件にとどまっていて、回線はDOCSIS 1.1を使っていたため、DOCSISの継続利用断念した。
「このような時に、メタル線を利用したG.fastをKDDIから提案されました」と小林社長導入のきっかけを説明する。G.fastはHCNAより高速上下総和1Gbpsで、電話サービス提供可能施工既設棟内2Wメタル線を活用するため、光ファイバー直接配線より簡単で低コスト。DOCSISの技術は使わない。古河ケーブルテレビ検討を行った結果、HCNA、光ファイバー直接配線、C-DOCSISのいずれの問題解決できるG.fastの導入決定した。

また、G.fastは放送サービス同軸ケーブルに、通信サービスメタル線へと回線物理的分離できる。「高度ケーブル自主放送など新しいサービス周波数利用今後も増え続けることを考慮すると、回線物理的分離するという点でもG.fastにはメリットがあります」 (小林社長) 。


カスケード接続で需要に柔軟対応

古河ケーブルテレビ導入した中規模集合住宅のG.fastの配線がどのような仕組みになっているか見ていきたい。

すでにG.fastの運用を始めている4棟の中規模集合住宅各棟60~90世帯。この規模中規模集合住宅では、1階のMDF (主配電盤) 親機設置すれば、上階世帯まですべて1段構成配線できる (図) 。KDDIが提供するG.fastで使用しているNEC製の親機「VC1602G」は16ポートで、1台の親機から16世帯サービス提供可能だ。

さらに加入者が増えた場合はどうするか。VC1602Gは3段カスケード接続可能で、16ポート×3段=48世帯サービス提供できる。マンション管理組合理事会からは、「それでも全世帯利用できないのでは」と言われたという。

しかし90世帯中規模集合住宅で、他社のVDSLに加入している世帯もある中で、1台の親機半数世帯対応できれば充分で、理事会にも理解を得られた。
そして「加入営業開始した当初は、4棟の中規模集合住宅のそれぞれにG.fastの親機を1台ずつ設置していきました。多くのお客さまにご加入いただけそうな集合住宅には、2台目追加設置していきました」 (小林社長) 古河ケーブルテレビならではの工夫も施した。「あらかじめ棟内配線先行させるといった準備をして、必要に応じてすぐにカスケード接続ができるようにしました」 (古河ケーブルテレビ株式会社 営業技術課 主任 門倉智之様) 。 

古河ケーブルテレビ株式会社
代表取締役
小林康行 様

今のところ、3棟に2台ずつ、1棟に1台の親機設置している。KDDIが提供するG.fastは3段カスケード接続ができることによって、このような融通がきくのだ。逆にもし加入者減少していく場合には、親機設置数を減らして加入者増加している集合住宅移設すればいい。「元々KDDIが提供するG.fastの親機価格がそれほど高額ではありませんが、このように需要予測営業状況を見ながら親機カスケード接続してポート有効活用できるのが優れています」 (小林社長) 。


タワーマンションにも導入可能

2021年4月に導入する集合住宅は、約220世帯と約60世帯中規模集合住宅だ。特に前者は28階建てのタワーマンション。この場合階数が多いため、3段構成に分けて配線する。「低層階中層階高層階にMDFがあり、そこにそれぞれVC1602Gを設置します。干渉発生しないことはすでに確認済みです。建物構造にもよりますが、このように多段階構成でG.fastの親機設置できれば、中規模集合住宅だけでなくタワーマンションにも導入できます」(小林社長)

VC1602GはWebブラウザのGUIで設定できるのも特長だ。「今回導入に当たっては、他のメーカーのG.fastも検討しました。しかし、そのメーカー親機は、コマンドラインインターフェースでしか設定できませんでした。また、一つの設定がいろいろな部分影響するため、設定方法非常複雑でした。それに対して、VC1602GはコマンドラインインターフェースだけではなくGUIで設定ができます」(門倉主任) 。 設定画面日本語で、設定非常にやりやすいのがVC1602Gの特長だ。

G.fastの工事については、「G.fastの親機設置経験がある施工業者などにお声掛けして調査施工をやっていただきました。安心して工事を進めることができています」 (小林社長) 


解約がなくなり新規加入が急増

古河ケーブルテレビ株式会社
営業技術課 主任
門倉智之 様

G.fastは性能面でも優れている。

古河ケーブルテレビ先行的導入した4棟約320世帯では、これまで十数世帯旧事業者から30Mbpsのケーブルインターネット加入していたが、それ以外インターネット利用世帯のほとんどは、約100Mbpsの大手通信事業者のVDSLを利用していた。その利用者からは、インターネット速度が出ないというクレームマンション管理組合に寄せられていた。ケーブルインターネットから大手通信事業者のVDSLに乗り換える加入者も多かった。

それに対して、G.fastは上下総和1Gbpsと高速だ。実際にはVDSLとの干渉があるためその帯域を避ける必要があるが、「それでも上り下りを合わせて800Mbpsが可能です。古河ケーブルテレビでは下り8:上り2の割合帯域を振り分けており、従来のVDSLよりはるかに高速で、充分戦っていけます」(小林社長) 

中規模集合住宅への導入では、マンション1階のMDFにG.fastの親機設置して、シャフト内の配線を10階以上まで上げ、そこから横に配線して各戸接続している。棟内回線距離が長くなる高層階では、親機から各戸までの回線の長さは約100mになるため多少速度低下はあるが、「実際にお客さま宅でスピード計測すると、下り300~500Mbpsはコンスタントに出ています」(門倉主任)。このくらいの速度が出ていれば、加入者に「上り下り合計800Mbpsのベストエフォートで、条件によって多少速度が遅くなる」という案内充分理解してもらえる。実際加入者から「通信速度が遅い」といった声はない。管理組合理事長にも「インターネットが速くなった」ととても喜ばれているという。

G.fastを導入した効果は大きい。旧事業者のころからケーブルインターネット解約が増えていたが、G.fast導入後ケーブルインターネット加入者解約は1件も出ていないという明らかな効果が現れている。さらに、導入した320世帯のうち、旧事業者時代からの加入者約20世帯に加えて、約80世帯他社のVDSLから乗り換えてケーブルインターネット新規加入した。合計で100世帯以上ケーブルインターネット加入者獲得できた。

「ほとんどのメーカーでは、VDSL装置生産終了になっています。そのため今後、VDSL加入者古河ケーブルテレビのG.fastによるインターネットサービスに乗り換えてくださることにも期待しています」 (小林社長) 。


今後もG.fastを主軸に導入

古河ケーブルテレビでは集合住宅規模棟内配線状況入居者年齢層賃貸物件分譲物件か、といったことを考慮してインターネット棟内設備方式選択している。規模に関しては、基本的に60世帯未満小規模集合住宅には、通信速度はあまり速くなく電話利用もできないが、設備投資を低コストに抑えることができるHCNAを導入する。

一方、60世帯以上中規模集合住宅には、「G.fastを主軸にして導入を進めていく」 (小林社長) という方針だ。2021年4月にG.fastを導入する2棟の集合住宅にも、インターネットサービスだけでなくKDDIのケーブルプラス電話などの電話サービスセット提供する。「G.fastでインターネットセットにすることによって、電話サービスのご加入が増えることにも期待しています」 (小林社長) 。

他の通信事業者のG.fastが先に導入された集合住宅には、干渉問題があるため後からケーブルテレビ事業者がG.fastで参入することはできない。古河ケーブルテレビは他の通信事業者に先んじて中規模集合住宅をG.fastで押さえ、他の通信事業者がVDSLからG.fastに切り替えるのを抑止する考えだ。「1棟目導入で良い結果が出なかったら2棟目以降導入はなかったかもしれませんが (笑) 、うまくいったため今後中規模集合住宅への導入を続けていこうと思います。

今後
該当する集合住宅には次々にG.fastの導入実施していきます」 (小林社長) 。FTTH化に力を入れている古河ケーブルテレビにとって非常重要中規模集合住宅インターネット高速化に向けて、小林社長がG.fastに寄せる期待は大きい。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

関連サービス

ケーブルテレビ局の経営基盤を支えるサービスや、クラウドネットワーク製品など、
お客さまのビジネスに適したソリューション分野の商材についてご提案します。


ピックアップ