このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
閉じる
解説 : 最新ケーブルテレビ向けソリューション

KDDIがWi-Fi 6対応Mesh Wi-Fiをレンタル
ケーブルテレビのサポート、機器在庫負担を解消

 

現在ケーブルテレビ事業者必須となりつつあるのが、Mesh Wi-Fiの提供だ。
KDDIは2020年11月、「ケーブルテレビ事業者向家庭用Mesh Wi-Fiのレンタルサービス」の提供開始した。
最新規格Wi-Fi 6のMesh Wi-Fiで宅内における「Wi-Fiのつながりにくい場所問題解消するとともに、ケーブルテレビ事業者にとって課題だったWi-Fiのユーザーサポートの難しさを宅内通信環境の「見える化」によって大きく改善
さらに、レンタルモデルによる機器提供で、入れ替わりの激しいWi-Fi機器不良資産化を防ぐソリューションだ。

取材・文:高瀬徹朗・ITジャーナリスト渡辺 元・月刊ニューメディア編集長


Wi-Fi 6・Mesh Wi-Fiは必須に

現在全国ケーブルテレビ事業者でMesh Wi-FiとWi-Fi 6の採用が進んでいる。

Mesh Wi-Fiには利点が多い (図1)。従来のWi-FiはWi-Fiルーター中継器を使った構成で、アクセスポイントが変わると手動で切り替える必要があるなど、使い勝手課題があった。それに対してMesh Wi-Fiは、メインルーターサテライトルーターに割り振られるSSIDが同一なので、宅内端末移動してアクセスポイントが切り替わっても自動ハンドオーバーできる。通信環境悪化した場合は、最適通信経路自動判別し、切り替える。


  • アクセス親機集中負荷がかかる
  • 別のSSISが設定されるケースが多い
  • アクセスポイント手動選択する必要がある
  • 親機子機アクセス負荷分散
  • 同じSSIDを共有
  • シームレスアクセスポイント自動選択

図1 Mesh Wi-Fiの仕組みと特長


Mesh Wi-Fiは親機子機常時効率的通信経路確保し、従来のWi-Fiによる中継器を使ったエリアカバーと比べて「つながりにくい部屋」などの問題発生しづらい。人の手を煩わせることなく、常に安定した通信提供されるため、加入者宅通信品質向上させると同時に、サポート効率化したいケーブルテレビ事業者採用が増えているのだ。

一方、Wi-Fi 6の導入意向ケーブルテレビ事業者だけでなく、一般企業も含めた市場全体動向となっている。

MM総研企業勤務する国内ユーザー1,000人を対象に2019年11月に実施した「IoTの利用投資動向調査」では、Wi-Fi 6を導入していない回答者のうち、Wi-Fi 6を「すぐに導入したい」という回答は1割強、「導入検討している」は2割強、「導入コスト次第検討したい」は4割弱で、これらのWi-Fi 6を導入済みまたは検討している人の合計全体の7割を超えるという結果となった (2)。

ケーブルテレビ事業者にとってMesh Wi-FiとWi-Fi 6 の採用は、新規契約者獲得解約防止観点必須になっていると言えるだろう。

図2 : Wi-Fi 6の導入意向
図2 : Wi-Fi 6の導入意向

Mesh Wi-Fiの3要件

このようなケーブルテレビ業界のMesh Wi-FiとWi-Fi 6へのニーズの高まりに応えるのが、KDDIがNECプラットフォームズ株式会社様アライアンスを組んで2020年11月にリリースした「ケーブルテレビ事業者向家庭用Mesh Wi-Fiのレンタルサービス」(3) だ。

図3 :「ケーブルテレビ事業者向け家庭用Mesh Wi-Fiのレンタルサービス」の仕組み
図3 :「ケーブルテレビ事業者向け家庭用Mesh Wi-Fiのレンタルサービス」の仕組み
KDDI株式会社
パーソナル企画統括本部
CATV営業企画部
ソリューション企画グループ 課長補佐
上殿 義雄

KDDIがケーブルテレビ事業者へのアンケートなどを進めた上で、
最新規格であるWi-Fi 6への対応
ユーザーサポート簡単にする

レンタルによる親機子機提供

の3つの要件を満たすソリューションとして開始した。

Wi-FiルーターなどのWi-Fi 6に対応したMesh Wi-Fi機器サポート技術は、NECプラットフォームズ様提供している。

「世に20種類以上のMesh Wi-Fi対応機器存在する中で、KDDIの掲げた3要件を満たしていたのはNECプラットフォームズ様のみ。
国内メーカーならではの強みとしてアフターフォローの強さやレスポンスの速さもあり、今回展開において最適パートナーと考えています」(上殿)

第1の要件 「最新規格Wi-Fi 6への対応」

KDDIが掲げた3要件を軸に、「ケーブルテレビ事業者向家庭用Mesh Wi-Fiのレンタルサービス」の特長紹介していく。
まずは第1の要件最新規格であるWi-Fi 6への対応」について。

Wi-Fi 6は速度面での優位性に加え、同時接続性に強みを発揮する。スマートフォンタブレット端末での動画配信サービス人気を集めている現状を踏まえると、ご家族が異なる端末動画などを視聴するといった利用環境対応する意味でも、Wi-Fi 6の採用最適と考えた。

使用するWi-Fi 6対応Mesh Wi-Fi機器は、ケーブルテレビ業界以外でも実績のあるNECプラットフォームズ様製品だ。

「新たな提供形態構築するというKDDIの考え方も含め、お客さま安心感を持ってご利用いただける機器提供賛同しました。価格面バランス考慮し、ストリーム数は現状最上位である4本 (4×4) ではなく、2本 (2×2) としています」(木下様)

NECプラットフォームズ株式会社
アクセスソリューション事業部
SOHO事業グループ シニアマネージャー
木下 博之 様

第2の要件「ユーザーサポートを簡単に」

第2の要件ユーザーサポート簡単にする」を実現するのは、宅内Wi-Fi環境の「見える化」だ。

ネットにつながらない、つながっているけれど安定しない、といった加入者からの相談に対して、ケーブルテレビ事業者基本的電話対応しています。しかし、見えない加入者側状況を会話だけで解決するのは難しく、工事班派遣するなどの運用負担発生していました。これを解決するのが、宅内環境の『見える化』です」(上殿)

宅内Wi-Fi環境可視化できなかった従来サポートでは、ケーブルテレビ事業者はWi-Fi機器に詳しくない加入者からの問い合わせに対して、原因が分からないまま工事班派遣せざるを得なかった。工事班加入者宅に行ってWi-Fiがつながらない原因を調べたところ、Wi-Fiルーター電源が入っていなかった、といったことも実際にある。

それに対して本サービスは、加入者からの相談に応じてケーブルテレビ事業者コールセンター側から宅内のWi-Fi環境を目で見て把握することができる。親機子機接続状態電波強度状況、それぞれにぶら下がるデバイスとの接続状況電波状況などを文字通り「一目で」把握でき、問題点容易特定解決することが可能になる。結果的コールセンター現場担当者双方負担軽減できるわけだ。

加入者サポートを劇的に改善

NECプラットフォームズ株式会社
アクセスソリューション事業部
サービスPF開発グループ シニアマネージャー
中村 哲也 様

この宅内Wi-Fi環境の「見える化」を可能にしているのが、NECプラットフォームズ様ケーブルテレビ事業者向保守管理ソリューション「NetMeister Home」だ。

「『NetMeister Home』はクラウド統合型管理となっているため再起動バージョンアップなどもクラウド側で対応でき、ケーブルテレビ事業者最適ソリューション仕上がっていると考えています」(中村様)

「NetMeister Home」の宅内Wi-Fi環境に関するトップ画面は、上部親機子機構成やぶら下がりデバイスの数、電波強度などがわかるトポロジマップ下部管理する機器・デバイス一覧提示される構成 (画面写真1)。
電波強度によって強い順に緑色橙色赤色色付表示される (画面写真2・3) など、一画面の中でわかりやすく、サポート必要情報のみに絞って視覚化している。


画面写真1

PC画面に「見える化」された宅内Wi-Fi環境トップ画面
上部トポロジマップにはMesh Wi-Fiの親機子機接続構成電波強度下部デバイス一覧には各機器のMACアドレス電波強度などがわかりやすく表示されている。


画面写真2

デバイスの別の詳細情報表示できる。
写真子機の1台の情報画面
上位ネットワークとの接続電波強度が、あまり良好ではない橙色で表されている。
電波強度は強さによって3色に色分けされているので一目でわかる。


画面写真3

画面写真2の子機位置移動したところ、上位ネットワークとの接続電波強度は、良好であることを表す緑色に変わった。
電波強度表示リアルタイムに切り替わるため、宅内での現場サポート容易になる。
現場担当者契約者宅出動することなく、契約者コールセンター電話サポートを受けながら自分子機移動して問題解決することもできる。


特にMesh Wi-Fiの場合親機子機接続構成状況デバイスがどのアクセスポイント接続しているかなどの状況重要となるため、「見える化」することで電話サポート対応劇的改善する。

トップ画面下部管理装置一覧通常一部デバイスを除きMACアドレス表示されるが、加入者側任意名前変更することも可能
パパのPC」「長男スマホ」といった名付けがそのまま画面表示反映され、状況をより把握しやすくなる。

対応するオペレーターにとって必要十分情報提供することが狙い。掲載できる情報は多くありますが、中でも必要情報を絞りつつ、状況把握のしやすいデザイン目指しました」(前田様)

NECプラットフォームズ株式会社
アクセスソリューション事業部部
キャリア事業第二グループ マネージャー
前田 康貴 様

第3の要件 「レンタルで親機・子機を提供」

NECプラットフォームズ株式会社
アクセスソリューション事業部
ビジネス推進第一グループ エキスパート
永井 寿彦 様

そして第3の要件は「レンタルによる親機子機提供」だ。
通信機器進化は速く、そのスピードについていきながら加入契約者親機子機を入れ替えるのは、ケーブルテレビ事業者負担が大きい。

そこでKDDIは従来の売り切り方式ではなく、月額レンタルプラン導入した。
加入者最新機器気軽提供できるようになるメリットはもちろん、ケーブルテレビ事業者在庫ルーターを抱え込む必要がなくなり、加入者から戻ってきた機器管理整備作業不要機器に対する保守コストもかからず、ケーブルテレビ事業者プロビジョニング作業の多くを削減することができる。

「常に最新サービスをご提供したいというKDDIの考えに同調できたことに加え、メーカーとしても環境に優しいエコ観点から極めて有効であると判断しています。基盤部分再利用できますし、筐体リサイクル可能廃棄物をなるべく減らしていくというNECグループ理念にも合致します」(永井様)

サービスレンタルされるWi-Fi 6準拠のMesh Wi-Fiルーターとしては、「インテリアとしても映えるよう」洒落筐体デザインの据え置き型タイプ用意
筐体アップデート加入者より相談を受けた際に、ケーブルテレビ事業者オペレーターから案内できるほか、遠隔アップデート作業を行うことも可能機器だ。

「KDDIでは、2020年9月からのプレリリース期間から全国ケーブルテレビ事業者機器の貸し出しを行っており、管理画面の見やすさなどを含めご好評いただいており、管理ツールの使い方についてもわかりやすい、という声をいただいています」(上殿)

ケーブルテレビ事業者向家庭用Mesh Wi-Fiのレンタルサービス」は新時代のWi-Fiサービスと呼ぶに相応しいソリューションだ。
ケーブルテレビ事業者の新たな無線ソリューションとして、よりよい顧客サービス提供につながることが期待される。

Wi-Fi 6準拠のMesh Wi-Fiルーター (親機・子機兼用)
NEC Atermシリーズ 最新機種
Aterm GX621A1 (KM)

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

関連サービス

ケーブルテレビ局の経営基盤を支えるサービスや、クラウドネットワーク製品など、
お客さまのビジネスに適したソリューション分野の商材についてご提案します。


ピックアップ