このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

  • be CONNECTED.
    be CONNECTED.

    変化し続けるビジネスシーンを見据え、さまざまな特集を通して、ヒントをお届けします。

  • Smart Work
    Smart Work

    ニューノーマル時代における働く人が中心の働き方の実現へ

  • 資料一覧
    資料一覧

    KDDIサービスの各種パンフレットをダウンロードできます。

  • 導入事例から探す
    導入事例

    お客さまの課題をKDDIのソリューションを用いて解決した事例のご紹介です。

閉じる
  • 障害・メンテナンス情報

    KDDIは、お客さまにご不便をおかけするような通信・回線状況が発生した場合、本ページでお知らせします。

  • ご請求に関するお手続き

    お支払い方法の変更や請求書の再発行方法、その他ご請求に関する便利なサービスなどをご案内します。インボイス制度対応についてはこちらからご確認ください。

  • よくあるご質問

    よくあるご質問についてお答えいたしております。お問い合わせの際には、まずこちらをご覧ください。

  • サービス利用中のお客さま用
    お問い合わせフォーム

    サービスご利用中のお客さまへ、フォームでのお問い合わせをご案内します。電話でのお問い合わせ先は、各サービス別サポート情報からご確認ください。

閉じる
  • ニュースリリース・トピックス

    KDDI BUSINESSは、お客さまのDX推進と社会課題解決への貢献を目指しています。

  • ニュースリリース・トピックス

    KDDIの法人領域に関するリリース情報をお届け。 サービスや技術など、さまざまな情報を日々発信しています。

  • 通信+αでお客さまのDXを 加速させるKDDIグループ

    KDDIは通信を軸に、
    グループ会社との連携でお客さまを強力にサポート。

  • KDDIのグローバルICTソリューション

    世界60都市以上、100拠点以上でサービスを展開。
    信頼性の高いグローバルネットワーク環境は世界190カ国以上でご提供しています。

  • お客さま満足度向上の取り組み

    私たちKDDIは「お客さまの経営課題を解決する」という方針のもと、営業・SEだけでなく、企画・開発・事務・管理、さらには経営層が一丸となってお客さまの声を伺い真摯に向き合っています。

閉じる
閉じる
閉じる
ニューノーマル時代に

コミュニケーションを
活性化するデジタル活用

世界席巻するコロナ禍にあわせた働き方改革実現のために

コロナ禍で急増した在宅勤務は、感染拡大を防ぐための手段としてだけではなく、新しい働き方としても注目されています。
一方で、出社を行わないことによる課題不安があるのも事実です。
皆さまのお悩みを解決するための具体的ソリューションをご紹介します。

新型コロナウイルスによる働き方の変化

各国ワクチン接種普及し、国境封鎖ロックダウン (都市封鎖) などの制限緩和に加え、
外国人観光客の受け入れ再開など、社会経済活動において日常が取り戻されつつあります。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた在宅勤務推奨など、世界的に働き方が変化してきており、
現在ではリモートワークオフィスワークハイブリッド環境で働いている人が増えています。


在宅勤務を取り巻く実態

 アンケート

テレワークは、パソコンスマートフォン通信環境があれば導入できますが、働く場所オフィスではないことによるさまざまな課題があり、従来組織運営とは異なる視点必要となります。

左記日本調査の例ですが、特にコミュニケーション業務把握対応苦慮している状況程度の差はあれ、どの国においても同様なのではないでしょうか。

在宅勤務の導入後に発生する3つの課題と解決策



課題 01. 進捗が見えにくい


電話
メールでの会話だけで業務を進めていると、現地スタッフとの価値観の違いや感覚差異などで
意識の差が生じてしまい、作業進捗期待と異なってしまう。

例えば…
在宅勤務中電話月末までの棚卸業務依頼したつもりでいたが、
ローカルスタッフ明確業務指示と受け取らず未着手のままとなり、責任問題になってしまった。


おすすめサービス

電話直接会話を行ったが、記録に残らない場合は忘れてしまうこともあります。
メールでの指示も確認していなかった、迷惑メールに振り分けられていたなどの理由実行されないケースもあるため、
細かな進捗管理オンラン会議での資料共有など、オフィスでの業務時のように進捗状況視覚化可能環境整備しましょう。
 




課題 02. セキュリティが不安


在宅勤務でのBYOD (Bring Your Own Device) における個人所有デバイス利用により、
社外重要情報を取り扱うケースが増えセキュリティ上のリスクが高まる。
ローカルスタッフは、セキュリティ意識希薄であったり統率されていないことも多い。

例えば…
ローカルスタッフ自身所有するパソコンで閲覧したプライベートウェブサイトからウィルス感染
重要情報流出し、企業信用に傷が付いてしまった。


おすすめサービス

セキュリティリスクは、すべてのスタッフ共通する課題です。
情報漏えいなどの万が一の事故を避けるため、資料の持ち出しや利用についてセキュリティガイドライン制定周知を行うほか、
利用する端末一括管理やVPNの利用など、組織ポリシー明確化して全員適用していくことが肝要です。
 




課題 03. 業務がストップする


公的
出勤停止などの措置により出勤不可能となることで、購買発注などオフィス内に限定された業務が滞ってしまう。

例えば…
在庫管理発注システムが、社内ネットワークからのみ利用可能だったため、
ロックダウン中に定期的発注ができず取引先迷惑をかけてしまった。


おすすめサービス・導入事例

定期的業務は、内容によって自動化可能なものがあります。
それらをロボット利用することで自動処理業務を進めることが可能です。
また、外部からのリモート接続環境整備すれば、自宅からオフィスパソコン接続して操作ができるようになり、
出社せずに通常業務を行えます。


他の課題を見る


ピックアップ