このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

  • be CONNECTED.
    be CONNECTED.

    変化し続けるビジネスシーンを見据え、さまざまな特集を通して、ヒントをお届けします。

  • Smart Work
    Smart Work

    ニューノーマル時代における働く人が中心の働き方の実現へ

  • 資料一覧
    資料一覧

    KDDIサービスの各種パンフレットをダウンロードできます。

  • 導入事例から探す
    導入事例

    お客さまの課題をKDDIのソリューションを用いて解決した事例のご紹介です。

閉じる
  • 障害・メンテナンス情報

    KDDIは、お客さまにご不便をおかけするような通信・回線状況が発生した場合、本ページでお知らせします。

  • ご請求に関するお手続き

    お支払い方法の変更や請求書の再発行方法、その他ご請求に関する便利なサービスなどをご案内します。インボイス制度対応についてはこちらからご確認ください。

  • よくあるご質問

    よくあるご質問についてお答えいたしております。お問い合わせの際には、まずこちらをご覧ください。

  • サービス利用中のお客さま用
    お問い合わせフォーム

    サービスご利用中のお客さまへ、フォームでのお問い合わせをご案内します。電話でのお問い合わせ先は、各サービス別サポート情報からご確認ください。

閉じる
  • ニュースリリース・トピックス

    KDDI BUSINESSは、お客さまのDX推進と社会課題解決への貢献を目指しています。

  • ニュースリリース・トピックス

    KDDIの法人領域に関するリリース情報をお届け。 サービスや技術など、さまざまな情報を日々発信しています。

  • 通信+αでお客さまのDXを 加速させるKDDIグループ

    KDDIは通信を軸に、
    グループ会社との連携でお客さまを強力にサポート。

  • KDDIのグローバルICTソリューション

    世界60都市以上、100拠点以上でサービスを展開。
    信頼性の高いグローバルネットワーク環境は世界190カ国以上でご提供しています。

  • お客さま満足度向上の取り組み

    私たちKDDIは「お客さまの経営課題を解決する」という方針のもと、営業・SEだけでなく、企画・開発・事務・管理、さらには経営層が一丸となってお客さまの声を伺い真摯に向き合っています。

閉じる
閉じる
閉じる
エコモット株式会社

エコモット株式会社

概要:

モノとモノを通信でつなぎ、離れた場所を監視し、装置を制御する技術をコアに、環境負荷の低減や安全で安心な社会の創造に貢献しています。
社名
エコモット株式会社
所在地
北海道札幌市中央区北1条東2丁目5番2号 札幌泉第1ビル 1階
業 種
情報通信
従業員規模
1名~100名
掲載日
2015年04月

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード用のURLをお送りします。

お客さまインタビュー

導入前の課題

自動運転によるロードヒーティングシステムでは
「予熱」「過剰」「誤認」の「三大ムダ運転」が発生していました。

営業部 営業企画課 課長 國塚篤郎氏
営業部 営業企画課 課長 國塚篤郎氏

札幌市近郊では2000年を境に駐車場設備などにおけるロードヒーティングシステムの導入が進み、現在では多くの分譲マンションや賃貸マンションにまで普及している。導入当時、これらシステムは、降雪センサーが検知した信号を直接熱源となるボイラーにつなぎ、自動運転をさせるタイプが多かった。しかし、降雪センサーは期待する精度では作動せず、融雪を必要としない降雪や雨でも作動する場合が多かった。またボイラーには常に予熱が必要であることから、その燃料コストも問題になっていた。さらに自動運転システムの多くが遅延タイマーを設けており、少量の降雪でも融け残りがないよう融雪後も稼働する仕組みとなっている。創業時、社長の入澤氏は「予熱運転」「過剰運転」「誤認運転」を「三大ムダ」と提唱し、これを解決する方法として、モバイル通信技術を用いた遠隔監視システムの実現を模索していた。

導入後の効果

アラートを受けて、人が監視カメラをチェック、
気象条件などから適切に遠隔操作することで、
平均40% (注1) の燃料費削減を達成。

課題解決のヒントは携帯電話だったと言う。國塚氏が語る。「入澤はもともと携帯電話やスマホに詳しく、ボイラーの接点をリモートコントロールする方法を模索していました。当時はIoT (注2) とかM2M (注3) という概念が成熟していなかったので、試行錯誤の連続でした。そうした先駆的な取り組みに応えてくれたのが KDDI です。」両社の関係について國塚氏がさらに続ける。「遠隔監視・操作で重要なことはネットワークの安定性やカバレッジに加えてセキュリティです。

第一営業部 主任 渡部由貴氏
第一営業部 主任 渡部由貴氏
開発部 システム課 石塚歩氏
開発部 システム課 石塚歩氏

この点で KDDI のCRG (注4) を高く評価しました。現在は、蓄積されたログがビッグデータ化していますので、これをどう展開するか、新しい局面を迎えています。ここでも KDDI のクラウドを活用しています。」同社の融雪システム遠隔監視システム「ゆりもっと」は2008年に特許を取得したほか、数々の賞を獲得している。「札幌近郊だけでもまだ未開拓のマンションが1000棟以上あります。高齢化に伴い、需要も高まります。最近では防犯用途での相談も受けるようになりました。」こう語るのは営業の渡部氏。

高まるニーズに対し、システムを担当する石塚氏はこう答える。「これまでは有人監視によるメリットを打ち出してきましたが、受託件数が増加した場合、オペレーション量も増えます。このため担当者の負担を軽減し、ヒューマンエラーを防止する仕組みや、自動化に向けた取り組みも必要です。」國塚氏によると既にその構想はあると言う。同社のチャレンジには今後も目が離せない。

現場でモニター状態を検査する 第一営業部 部長 毛利博樹氏
現場でモニター状態を検査する
第一営業部 部長 毛利博樹氏
  • 注1)2014年顧客実績平均
  • 注2)Internet of Things
  • 注3)Machine to Machine
  • 注4)クローズド リモート ゲートウェイ
  • ※ 記載された情報は、掲載日現在のものです。
担当からのメッセージ

担当からのメッセージ


KDDI 株式会社 モバイルビジネス営業部 営業2グループ

前田 義和


エコモット様には創業以来、弊社の通信モジュールをご利用いただいております。始めにスタートした「ゆりもっと」も今では北海道を始め、多くの雪国で活躍しております。エコモット様はIoT (注5)/M2M (注6) 専門業者として、プラットフォームの「FASTIO」を軸に「現場ロイド」「ドライブレコーダー」など新サービスをどんどん開始しておりますので、弊社も裏方として安心いただける通信を提供してまいります。

  • 注5)Internet of Things
  • 注6)Machine to Machine

本サービスへのお問い合わせ

KDDI 法人営業担当者が、導入へのご相談やお見積もりをいたします。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。



ピックアップ