このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

閉じる
  • be CONNECTED.
    be CONNECTED.

    変化し続けるビジネスシーンを見据え、さまざまな特集を通して、ヒントをお届けします。

  • Smart Work
    Smart Work

    ニューノーマル時代における働く人が中心の働き方の実現へ

  • 資料一覧
    資料一覧

    KDDIサービスの各種パンフレットをダウンロードできます。

  • 導入事例から探す
    導入事例

    お客さまの課題をKDDIのソリューションを用いて解決した事例のご紹介です。

閉じる
  • 障害・メンテナンス情報

    KDDIは、お客さまにご不便をおかけするような通信・回線状況が発生した場合、本ページでお知らせします。

  • ご請求に関するお手続き

    お支払い方法の変更や請求書の再発行方法、その他ご請求に関する便利なサービスなどをご案内します。インボイス制度対応についてはこちらからご確認ください。

  • よくあるご質問

    よくあるご質問についてお答えいたしております。お問い合わせの際には、まずこちらをご覧ください。

  • サービス利用中のお客さま用
    お問い合わせフォーム

    サービスご利用中のお客さまへ、フォームでのお問い合わせをご案内します。電話でのお問い合わせ先は、各サービス別サポート情報からご確認ください。

閉じる
閉じる
閉じる
Webex Meetings

ウェビナー

ウェビナーを安全に開催したい

Webex Events なら通信セキュリティ担保して、ウェビナー開催可能です。
Webexの画面右側表示されたパネルからの参加や、QRコードを読み込むなどの方法で、
アプリケーションインストールする必要なく安全投票質問をすることができます。
また、UIもシンプルで分かりやすいので操作不慣れな方でも直感的操作可能です。


社内研修や戦略ミーティングでも円滑なコミュニケーションをとりたい

Webex Events (3000) では一度最大3,000人まで、Webex Eventsでは一度最大1,000人までが参加可能ウェビナー開催できるので、
少人数でのイベントだけではなく新入社員向けや転属中途入社社員に向けた同一コンテンツ大人数配信することもできます。
主催者は、Q&A機能を使って事前質問募集アイデア出しをすることで、意思決定迅速に進み業務効率アップ
リアルタイムで伝えたいメッセージ共有できる「Slido」という機能を使えば、オンデマンド研修でありがちな一方的講義ではなく、
双方向性アップさせることで参加者集中力向上します。


Webex Events には、ウェビナーの際に使いやすい機能が多く含まれており、双方向ウェビナー手軽開催することができます。

  • ※ 画像はイメージです。

そのほかの機能

機能 用途
バーチャル背景 背景をぼかしたり、背景を任意の画像に置き換えることができます。
ノイズキャンセリング 雑音となるキーボードのタイプ音や生活環境音を排除できます。
同時通訳 発表者および通訳者 (日本語、英語など) 用の2つのカメラ・音声チャネルでの会議を開催できます。
参加者の音声を遮断 自動ミュート機能により、参加者の音声・映像が入ってしまうトラブルを未然に防止します。
参加者情報の秘匿 参加者は他の参加者情報を閲覧できないので参加者情報の流出を防止します。
最大参加者数 Webex Events (3000):3,000人
Webex Events:1,000人

関連コラム

関連サービス


ピックアップ