このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

衛星通信・衛星電話

KDDIが地球規模のエリアで提供する通信サービス
災害対策の支援も可能です。

衛星通信とは

地球上のあらゆる場所でコミュニケーションが図れるよう、地上数百~3.6万kmの衛星通信を利用した通信サービスです。衛星通信は世界のほぼ全域をカバーしているため、地球上のどこからでも通信できることがメリットで、通信網が整備されていない海上や砂漠での通信のほか、通信手段が途絶えてしまった災害現場での非常用通信手段としても広く利用されています。KDDIは現在イリジウム、インマルサットの2社の衛星通信サービスを提供しています。

衛星通信で災害対策

災害時の通信手段を確保できる

KDDIがご提供するイリジウム、インマルサットのサービスは、国内の地上インフラ設備を利用しないので、
災害時でも地上の通信設備故障の影響を受けることなく、『安心・確実』な通信手段を確保できます。(注)

災害時の通信手段を確保できる
  • 注)KDDIがご提供するインマルサット、イリジウムの衛星通信サービスの場合

大規模災害時などの利用集中時

大規模災害時など、通信が集中し繋がりにくい状況でも複数の衛星ビームでカバーしているほか、
ビームの追加が可能なので輻輳を少なく抑えることが可能です。(注)

大規模災害時などの利用集中時
  • 注)KDDIがご提供するイリジウム、インマルサットの衛星通信サービスの場合

衛星通信サービスラインアップ

  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

その他ご不明な点があればお問い合わせください。

法人お客さまセンター
フリーコール0077-7007(無料)
/
フリーコール0120-921-919(無料)
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

ピックアップ