このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。

通話録音機能

料金・ご利用条件

au携帯電話、固定電話 (KDDI 光ダイレクト) の発信・着信の通話を録音します。

料金

項目 料金
初期費用 3,000円/契約
月額基本料 (注1) auケータイ、スマートフォンでご利用の場合 500円/契約+500円/携帯電話番号
固定電話でご利用の場合 (注2) 900円/契約+900円/ch
通話料 「オフィスケータイパック」「auオフィスナンバー」「KDDI 光ダイレクト」「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」の通話料となります。
  • 注1) 通話録音機能のお申し込みは、番号単位やch単位はできません。VoIP契約単位となります。
  • 注2) 「モノラル録音」「ステレオ録音」は同料金です。

ご利用について

お申し込みに当たっては、事前に以下の『重要事項説明書』を必ずご参照ください。


ご利用条件

auケータイ、スマートフォンの通話録音

対象端末
  • ・「オフィスケータイパック」または、「auオフィスナンバー」をご利用の法人契約のauケータイ、スマートフォン。
    ※auケータイ、スマートフォンの機種に制約はございませんが、個人契約のauケータイ、スマートフォンや他社携帯の録音はできません。
契約単位
  • ・「オフィスケータイパック」または、「auオフィスナンバー」の付加機能として提供します。
    ※auケータイ、スマートフォン単位の契約はできません。「オフィスケータイパック」または、「auオフィスナンバー」の事業所単位の契約となります。
通話録音対象
(発信時)
  • ・「プレフィックス (0077-26) + 相手先電話番号」をダイヤルして発信した通話
    (「オフィスケータイパック」または、「auオフィスナンバー」として、通話相手に固定電話番号を通知する通話)
    ※プレフィックスを付与せずに行う通常のau発信通話 (通話相手に、080/090番号が通知される通話) は録音対象外
    ※「KDDI ビジネスコールダイレクト」による内線発信通話は録音対象外
    ※海外での国際ローミングサービスを利用して発信した通話は録音対象外
ダイヤル方法
(発信時)
  • ・「オフィスケータイパック」または、「auオフィスナンバー」のダイヤル方法と同じです。 (auケータイはプレフィックスダイヤル、スマートフォンはアプリでのダイヤルを推奨します)
通話録音対象
(着信時)
  • ・「オフィスケータイパック」または、「auオフィスナンバー」の固定電話番号 (0ABJ番号 (03や06などの市外局番から始まる電話番号)/050番号) あてに着信した通話
    ※通常のauケータイ、スマートフォン番号 (080/090番号) あてに着信した通話は録音対象外
  • ・「オフィスケータイパック」または、「auオフィスナンバー」の転送サービスを利用した通話も通話録音の対象とします。
ダイヤル方法
(着信時)
  • ・プレフィックスを付与する必要はありません。通常のダイヤル手順で着信した通話が録音されます。
  • ・番号非通知で着信した通話も録音されます。
災害時優先電話
  • ・天災・事変などで通話録音用の設備が輻輳 (ふくそう) 状態にあるとき、災害時優先電話から行われた通話では、通話録音用の設備を迂回し、録音を行わずにおつなぎする場合があります。

固定電話の通話録音

対象回線
  • ・「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」、「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」
契約単位
  • ・「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」、「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」の付加機能として提供します。
    ※電話番号単位の契約はできません。「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」、「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」の契約コード単位の契約となります。
通話録音対象
(発信時)
  • ・「プレフィックス (0077-27) + 相手先電話番号」をダイヤルして発信した通話
    ※プレフィックスを付与せずに発信した通話は録音対象外
    ※「KDDI ビジネスコールダイレクト」による内線発信通話は録音対象外
    ※主装置/PBXなどで行う事業所内の内線通話は録音対象外
ダイヤル方法
(発信時)
  • ・発信時はPBX、アダプタなどでプレフィックスを自動付与することを推奨します。
通話録音対象
(着信時)
  • ・「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」、「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」の基本番号、代表番号、ダイヤルイン番号あてに着信した通話
  • ・「フリーコール」の着信先回線となっている場合や、「KDDI ビジネスコールダイレクト」による内線着信通話も録音対象とします。
  • ・「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」、「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」の着信転送サービス、一括転送サービス、バックアップ転送サービスを利用した通話も通話録音の対象とします。
ダイヤル方法
(着信時)
  • ・プレフィックスを付与する必要はありません。通常のダイヤル手順で着信した通話が録音されます。
  • ・番号非通知で着信した通話も録音されます。
災害時優先電話
  • ・天災・事変などで通話録音用の設備が輻輳 (ふくそう) 状態にあるとき、災害時優先電話から行われた通話では、通話録音用の設備を迂回し、録音を行わずにおつなぎする場合があります。
その他
  • ・プレフィックスをつけて発信した通話については、通話相手からの切断理由は受信できません。

通話録音が可能な発信先番号

通話録音サービスのプレフィックスを付与して接続できる発信先は、以下のとおりです。

  • 0ABJ (03や06などの市外局番から始まる電話番号)
  • 010 (国際通話)
  • 050 (IP電話)
  • 070 (PHS)
  • 080/090 (携帯電話)
  • 0120/0800 (フリーコール、フリーダイヤル) (注3)
  • 0570 (ナビダイヤル) (注3)
  • 注3) 050番号を利用している契約回線からは、「0120」、「0800」、「0570」から始まる着信課金などの番号にはつながりませんので、ご注意ください。

通話録音ができない発信先番号

通話録音のプレフィックスを付与した発信では、上記以外の番号へ接続することはできません。
下記へ接続する場合はプレフィックスを付与せず、録音を行わない通常通話として発信してください。

  • 上記以外の0A0番号、0AB0番号
  • 緊急通報 (110、119、118)
  • 1XY番号 (104、115、116、117など)
  • 00XY番号
  • #ダイヤル
  • 市外局番を省略した閉番号
  • 内線番号
  • その他、「0」以外から始まる番号

ご利用にあたってご用意いただくもの

  • お客さまとKDDIのネットワークを接続するための『接続回線』(「通話録音機能」用にご契約いただく「KDDI Wide Area Virtual Switch」回線)
  • 音声ファイルを受信するためのお客さま設備 (サーバなど)

対応機器

「通話録音機能」は、音声ファイルを受信するためのお客さま設備が必要です。以下の機器は「通話録音機能」への対応を確認しており、安心してご利用いただけます。

更新日: 2020年4月1日
※ 社名五十音順

メーカー名 対応機種・システム名
株式会社 タカコム

VR-MP100K

株式会社 日立ソリューションズ

音声認識管理システム
※ 2021年3月末で販売・保守終了予定

  • 音声ファイルを再生するためのソフトウエアなど

音声ファイルの送信について

  • 『接続回線』は、通話録音専用の回線 (「KDDI Wide Area Virtual Switch」回線) とし、IPアドレスなどのネットワーク設定はKDDIから指定させていただきます。
    ご用意いただいた接続回線を通じて、音声ファイルの送信を行います。音声ファイルをCD・DVDなどの電子媒体などに記録してお渡しすることはできません。
  • 音声ファイルの送信先は、日本国内に設置されたお客さま設備に限らせていただきます。

ガイダンスについて

  • 発信、着信にかかわらず、着信者の応答後に発信者、着信者の双方に通話の録音をお知らせするガイダンスが流れます。
  • ガイダンスが流れ始めた時点から通話料金が発生します (ガイダンスは録音対象外です)。
  • ガイダンスは、以下の5種類より選択いただけます (ガイダンスの選択は、契約単位になります)。

ガイダンス一覧

  1. この通話はKDDIの通話録音サービスを利用して録音させていただきます。
  2. この通話はお取引内容確認のため、KDDIのサービスを利用して録音させていただきます。
  3. この通話は内容を正確に承るため、KDDIのサービスを利用して録音させていただきます。
  4. この通話はトラブル防止のため、KDDIのサービスを利用して録音させていただきます。
  5. この通話はサービスの向上を目的とし、KDDIのサービスを利用して録音させていただきます。

注意事項

  • KDDIは、「通話録音機能」を利用して録音された内容または録音した結果によるお客さまの業務への影響について、何らの保証などを行うものではなく、一切の責任を負いません。
  • KDDIは、「通話録音機能」を提供できなかった場合 (音声ファイルを受信していただくお客さま設備の故障・接続回線の故障またはKDDIのネットワーク設備などの故障) におけるお客さまの業務への影響について、何らの保証などを行うものではなく、契約約款に明示的に定める場合を除き、一切の責任を負いません。
  • お客さま設備の故障などにより送信できなかった音声ファイルは、お客さま設備復旧後、可能な範囲で再送します。
    ただし、KDDIは、お客さま設備故障中の音声ファイルについて、すべての音声ファイルの再送を保証するものではなく、再送した結果または再送が行えなかった結果によるお客さまの業務への影響について、一切の責任を負いません。
  • ※ 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


ピックアップ